2015年12月28日 (月)

建築探偵の写真帳 戦後ビル編 「鼓月」四条烏丸店

 3階以上の壁面に取り付けられた横ルーバーが和風を感じさせる。校倉造りのように建物の角でルーバーが交差するところがデザイン上よく利いていて和風に見えるのだ。ルーバーを上下に区切るコンクリート床端部の中央に溝が入っているのもおもしろい。このおかげで建物が段重ねの重箱に見える。ここは和菓子屋さんだから、菓子を入れる重箱をイメージしたのだろう。

 2階窓のテントは後付けだろう。これは無いほうがよい。陽を避けるなら店内側にすだれをかけるのがよい。1969年開店なのでそのときの竣工だろう。小さいながら戦後ビルの佳品である。

Img_5441
2015.10.25、京都市

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/62953785

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 戦後ビル編 「鼓月」四条烏丸店: