2015年11月29日 (日)

神戸でタイルを拾った

 神戸元町でタイルを拾った。JRのガード下の解体現場だった。おなじみのぷっくりタイルだが、この色は珍しい。年代はよく分からないが状況から見て戦後のように思った。でもひょっとすると高架化された昭和初期のものかも知れない。ちなみにぷっくりタイルは厚みのある中央の裏が削られていて、全体が同じ厚みになっている。型押し成型のように見える。

Img_5374
2015.10.18

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/62769599

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸でタイルを拾った: