2015年11月13日 (金)

同女デントン館 その2

Img_5548

 螺旋階段の支柱の足元はアルコーブになっていた。花を飾る場所なのだろう。よくこんな風に考えられるものだ。おもしろい。

 「同志社百年史」(1979年刊)にデントン館は1955年竣工とあった。設計者や施工者の記述はそのページにはなかったが学校報を調べればそれも分かるかも知れない。

Img_5547
2015.11.11

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/62667816

この記事へのトラックバック一覧です: 同女デントン館 その2: