2015年10月11日 (日)

松雲荘を見学してきた

 先輩の建築家・吉村篤一さんからご案内をいただいたので松雲荘(参照)を見学してきた。京都左京区松ヶ崎にある住宅で篤一さんのおじいさまが昭和4年にお建てになったそうだ。施工は数寄屋建築で有名な熊倉工務店だ。

 建物を残していくために不定期にアートイベントや音楽会などを開いている。この日も植松美早さんのインスタレーションの展示があった。透明な釣り糸で編んだ網を蚊帳のように吊っているのだが、中へ入ると網が光って美しかった。

Img_5251

 公開されている3間続きの座敷は、出窓や短い縁側を組み合わせた変化に富むものでおもしろかった。どこからでも緑濃いお庭が眺められて、ゆったりとした気持ちになる。お庭も見せてもらったが、よく手入れされていて歩くのが気持ちがよかった。

溶けゆく記憶、植松美早展 10/3(土)-11(日) http://kizugawaartistnews.sblo.jp/article/164362200.html

Img_5252
2015.10.07、京都市左京区松ヶ崎、松雲荘

|

建築たぬき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/62439195

この記事へのトラックバック一覧です: 松雲荘を見学してきた: