2015年9月 6日 (日)

金沢めぐり(2)九谷焼陶板

 本当に九谷焼きかどうか分からないのだが、この緑色は久谷の色だ。こうした緑色系は焼成温度が低いために凍害を受けやすい。これは一度高温で焼いた素焼の陶板に釉薬をかけて二度焼きしているのだろう。今でも欠けていないばかりか色あせてもいない。なかなかよいものである。

Img_4925_2
2015.08.31、金沢市、村松商店(昭和3年、清水組の設計施工)

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/62227059

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢めぐり(2)九谷焼陶板: