2015年7月25日 (土)

同志社のアメリカ積み

 最近、同志社の宣教師にして建築家であるD・C・グリーンのおもしろさが分かってきた。なかでもこの有終館はおもしろい。構造的にも計画的にも不思議なところがあるのだが、なにより黒レンガの模様張りが美しい。先日、ぐるっと建物をまわってみて初めて気が付いたのだが、この建物はアメリカ積みなのである。恥ずかしながら知らなかった。

Img_4760 有終館

Img_4759 アメリカ積み

 その後で、彰栄館の前を通ったところこれもアメリカ積みだった。このことも初めて気が付いた。今まで何を見ていたのだろう。まさかグリーンの設計した3棟はすべてアメリカ積みなのか。ハッと気づいて最後のひとつ礼拝堂へ戻ってみた。

Img_4761 彰栄館

Img_4762 アメリカ積み

 やはりアメリカ積みだった。同志社にレンガ造は多いが、今出川キャンパスでアメリカ積みなのはこの3棟だけだ。というより京都中のレンガ建物のなかでアメリカ積みなのはこの3棟くらいしか無いのかもしれない。それほど珍しい積み方なのだ。わたしはますますグリーンという宣教師に興味を持った。彼はなぜ、わざわざアメリカ積みで校舎を仕上げたのだろう? 大謎である。そもそも今出川キャンパスは謎深い配置計画をしているが、その謎を解く糸口になるかもしれない。

Img_4763 礼拝堂

Img_4764 アメリカ積み


|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/61952056

この記事へのトラックバック一覧です: 同志社のアメリカ積み: