2015年2月28日 (土)

神戸散歩(7)建泰ビル

 阪神大震災に耐えたグレートサバオバーであることは確かだ。さて、いつごろの建物か分かりにくい覆面ビルの事例だ。こういうとき私は裏へまわる。正面は覆面されても、裏側は元のままであることが多いからだ。ここの場合はスティールサッシュが残っていた。その見た感じから1960年代の竣工ではないかと想像している。元の姿は西海岸に似合いそうなカジュアルなアールデコビルだろう。わたしが担当すればこうはしないだろう。なかなか良いビルだと思う。

Img_3589

 なぜ1960年代だと分かるのか説明しよう。窓回りの枠取りが大阪天保山の商船三井築港ビル〈1933年)と似ている。だからこれが戦前の建物だと言われても納得するだろう。でも各種の近代建築リストに載っていないので、戦後である可能性が高い。そうすると建築ラッシュの始まる1960年代初頭かと想像したわけだ。今回このあたりを歩いてみて結構古いものが残っていることが分かったので、ひょっとすると1950年代までさかのぼるかも知れない。

Img_3590_2
不動産情報なし

 

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/61205906

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸散歩(7)建泰ビル: