2014年11月 4日 (火)

堅田スケッチ(1) 浮御堂

 油性ペンの具合が悪いのでエンピツで描いた。寒くて調子が出なかったけれど、なじんだ道具は自分を助けてくれる。浮御堂は1982年に下部が改修されてすっきりした。お堂そのものは室戸台風で大破し1937年に西崎辰之助設計で復元されたという。細部の優しいお堂である。手本としたい。


参照 建築探偵の写真帳 浮御堂 http://www.tukitanu.net/2012/05/post-39f4.html


1411032
2014.11.03、ワトソン紙〈ハガキサイズ)/4Bホルダー/透明水彩

 

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/60599311

この記事へのトラックバック一覧です: 堅田スケッチ(1) 浮御堂: