2014年9月12日 (金)

彩雲(さいうん)

 彩雲を初めて見た。雲の端が虹のように変色している。見ているうちに消えていった。とても不思議で天女が現れるのではないかと思った。虹の出る原理と同じで雲まわりの水滴が彩雲を作るらしい。奈良時代の称徳天皇のとき大規模な彩雲が現れたというが、これが大規模だとさぞかし凄みがあるだろう。こわいような風景だが吉兆だそうだ。


140820
2014.08.20、京都府向日市

 

|

空の研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩雲(さいうん):