2014年4月 6日 (日)

京都の朝空 見かけない鳥を見つけた

 雨があがって冷たい風が吹いている。数日前まで暖かかったのがうそのようだ。鳥たちのなかに見かけないものを見つけた。スズメ属だろうが遠いので判然としない。次は久しぶりに望遠カメラを持ってこよう。ツグミはまだたくさんで畑で遊んでいる。線路際の藪近くを通ったときモズが出てこなかったのは近くでカー助が遊んでいたからだろう。

 うるさかったケリはいなくなっている。やはりキツネが出たせいだろう。キツネ1匹で鳥たちの配置は大きく変化してしまうものだ。そのキツネも山際の自動車道工事の影響で里へ下りてきたのだろうから、やはり鳥の配置は人の営みと密接に結びついていると見てよい。念のために言っておくが、それが悪いと言っているわけではない。


Img_1401
2014.04.06、京都府向日市

 

|

京都の朝空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の朝空 見かけない鳥を見つけた: