2014年3月30日 (日)

建築探偵の写真帳 俵屋の板塀

Img_1337


 京都の有名旅館俵屋の板塀がおもしろい。板の断面を山形に削りだして、その表面に丸ノミを当てているようだ。長年使っている間に木目がタテに割れて、より複雑な模様になっている。その風化したテクスチャーが柔らかい表情を作り出している。あまり他では見たことのない仕上げで何と呼べばよいのか分からない。ここは吉村順三が1958年に増築しているそうだからこの塀も吉村が仕上げたのかも知れないが、それよりも古いもののように見える。


Img_1335
2014.03.27、京都市

 

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/59381475

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 俵屋の板塀: