2014年3月30日 (日)

建築探偵の写真帳 戦後ビル編 ウエダビル

 前から気になっているビルのひとつだ。とても落ち着いたデザインでよほどの手練れの作品だろう。スチール製のカーテンウォールのタテの黒い線が表情を引き締めている。ウエダのホームページには1968年の竣工とあった。最近、ビルの表面をパネルで覆い隠す改修がまかり通っているが、ぜひこのままの姿でいてほしいものだ。


Photo_2
2014.03.29、京都市五条通り高倉角

 

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/59381580

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 戦後ビル編 ウエダビル: