2014年2月19日 (水)

摂南大学住環境デザイン学科卒業設計展

 きょうは摂南大学住環境学科の卒業設計展を見に行く。4年前に新学科ができたときから私は1年生の設計実習の担当している。初めて学生たちと顔合わせしたとき、彼らはひとときもじっとしておらず、これは大変だと思ったのをよく覚えている。でも実習が始まると結構熱心に取り組んでくれた。

 学年のカラーというものは案外鮮明にあるが、この学年のカラーは「純情」だったというのが1年担当教官の共通の思いだ。そのことは、その後の学年にも良い影響を与えたのではないか。新設学科なので就職も難しかろうと心配したが、拍子抜けするほどすんなりと決まった。それは彼らのひたむきさが受け入れられたのだろうと思っている。

 彼らの卒業と同時に、この学科を起こした先生も退任する。これからも学科は昔からこうだったとでも言うように続いていくだろうが、創設の苦しみと楽しさを学生と教師とで分かち合ったかけがえのない日々を共有できたことをうれしく思う。卒業おめでとう。


摂南大学住環境学科卒業設計展
2014.2.17(月)-20(木) 中之島デザインミュージアム(参照


Img_0741

 

|

講評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 摂南大学住環境デザイン学科卒業設計展: