2013年12月27日 (金)

たぬきのダイエット日記 忘年会のはじまり

 なぜ忘年会というのだろう。年末会や年納め会ではいけないのだろうか。ただの宴会になっているが、本来は「年忘れ」が目的だったのだろう。ウイッキでは室町時代から年忘れの会があったことになっているが信じられない。年忘れという言葉はあったろうが忘年会そのものが生まれたのは高度成長時代ではないか。忘年会は会社や業界で行うイメージが強い。忘れるべきものとはこの1年の業績であって、来年は大いに稼いでもらうために宴会費は会社が出す、というのが忘年会の始まりだったのではないか。ビールに鍋という忘年会の定番もそのころ形成された福利厚生的食文化のひとつであったように見える。


Img_0573 Img_0580
自宅「油麩とジャガイモの煮付け」ぜぜかん「エビと前菜」


<2013.12.26(木)>
朝体重76.40kg、3日平均76.3kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 ごはん235、生玉子80、茹でブロッコリー60、みそしる60
昼 油麩とジャガイモの煮付け2皿320、炊き込みごはん2膳470、みそしる2杯120、漬物10
夜 エビと前菜80、にらまんじゅう80、北京ダック2枚160、エビにんにく揚げチリソースとナスビ素揚げ160、豚ロースとセロリの香菜炒め80、ふかひれあんかけごはん260、杏仁豆腐60、ビール210、紹興酒334 [2,779kcal]
酒 ビール(600ml×5%)+紹興酒(360ml×16%)=87.5ml
歩 4,020

 

|

ダイエット日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たぬきのダイエット日記 忘年会のはじまり: