2013年11月10日 (日)

建築探偵の写真帳 分かりにくい矢印

 ここを通るたびにいつもハッとする。まるで不思議の国のアリスのような不可解な世界がここにある。この矢印通りにうまく歩けば、なんらかのコードが解除されて異世界への扉が開くのではないか。そんな感じがする。でも一瞬そう思うだけでズカズカと矢印を踏みにじって階段を下りていく。こういう不可解な矢印をときどき見つけるが、わたしはそういうの機能を超えた表現を獲得している矢印が大好きだ。


Yajirusi
2013.11.01、京都府長岡京

 

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/58547510

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 分かりにくい矢印: