« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

空想建築 無人島の別荘

 嵐でとざされた孤島の別荘で起こる殺人事件の舞台だ。描いてみたものの、潮風の強い無人島で腐食に弱い鉄筋コンクリート造は無いと今は思っている。先に紹介したフェルマーホテルも鉄筋コンクリートで考えたが、あれも無人島なのでやはり木造でないとおかしい。案外むつかしい。

 無人島の別荘 「涼宮ハルヒの退屈 第4章 孤島症候群」

Kotouhen

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空想建築 フェルマー・ホテル

 ミステリーでは密室となった建物の詳細が書かれていることがある。何度か読み直すうちに、こうなっているのではないかと記述に若干の修正を加えながら建物のイメージが頭のなかに浮かんでくる。それを図化すればおもしろいのではないか、と気付いて描いてみたのがこれだ。まだ草案だが、こんな感じであろうと思われるので紹介しておく。

フェルマーホテル 「浜村渚の計算ノート(3と1/2冊目)ふえるま島の最終定理」

Fermerhotel

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 スケッチざんまい

 きょうはの後で出座何酒店で抜栓の予定。仕事はたまっているけれどスケッチ抜栓はもっと大事だ。午前中は枚方ではがきスケッチ教室、旧街道沿いの町家を描いてみたい。午後は野田でスケッチ大会。小さめのスケッチブックにごちゃっとした町を描いてみたい。たのしみだ。


Gohan1311291 Gohan1311292 Gohan1311293
摂南大にて「お弁当」かど寿司(寝屋川)「ハタハタ塩焼き」吉兆(高槻)「あんかけ生姜そば」


<2013.11.29(金)>
朝体重76.25kg、3日平均75.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、おにぎり200
昼 弁当(ごはん235、きんぴらごぼう60、ほうれん草とちりめんじゃこ60、がんもどきとカボチャの炊き合わせ120、小松菜とカブラの煮物60)
晩 刺身(鯛、ヒラアジ、マグロ)80、シャケ白子60、おでん(厚揚げ、コロ、大根)120、サザエ刺身80、にぎり(イカ、エビ)120、ハタハタ塩焼き180、チーズ60、ビール368、あんかけ生姜そば500 [2,603kcal]
酒 ビール(1,050ml×5%)+ラム酒「マイヤーズラム」(100ml×40%)=57.5ml
歩 8,840

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 冷たい朝

 東の雲が朱に染まっていく。ピリピリと細かく振動するような朝の冷気に顔面がコンマ何ミリか縮んだ気がした。思わず足早になるのをやめてゆっくり歩く。冷たい空気を肺いっぱいに吸い込んで息を整える。息を長く吐く。白い息が朝と混じっていく。


Sora131130
2013.11030/6:47、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

たぬきのダイエット日記 ラノベざんまい

 ラノベを毎日読んでいる。ほとんどミステリーだ。「戦力外捜査官」「謎解きはディナーのあとで」お嬢様キャラがかわいい。忘れていたが「戦力外」作者のデビュー作「わけあって冬に出る」も読んでいた。「腕抜き探偵、残業中」はヒロインが良かった。「大江戸魔方陣」は陰陽論というより小説としておもしろかった。「涼宮ハルヒ」シリーズは第3巻へ入った。長門有希をもっと出してほしい。


Gohan1311281 Gohan1311282 Gohan1311283
自宅「かぼちゃ」「豆腐の水炊き」うおまん「鯛めし」


<2013.11.28(木)>
朝体重76.25kg、3日平均75.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ポタージュスープ80
昼 豆腐の水炊き350
晩 生チーズのゼリー80、ふぐ皮湯引き10、温泉玉子入りサラダ80、刺身盛り合わせ120、唐揚げ3個180、蒸しアナゴ添えあんかけ豆腐120、鯛めし2膳470、ビール123、ラム酒232 [2,245kcal]
酒 ビール(350ml×5%)+ラム酒「マイヤーズラム」(100ml×40%)=57.5ml
歩 8,519

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

ガラスのジュエリーとフェルト帽子の展覧会

06

 ガラスのジュエリーを作っているかみさんが、染織作家の月橋さんと展覧会を開く。2年ごとに開いているもので、会期は3日間しかない。いつもたくさんの方が来られてお祭りのような楽し気な展覧会である。会場は京都南座近くのスペース鍵屋だ。このギャラリーは和菓子の鍵善さんが町家を改造して開いたものだが、今年は向かいにカフェも新設なさったそうだ。年末のせわしい時間を抜け出して、ぜひ立ち寄ってほしい。


07 04 05_2

 かみさんのジュエリーはガラスのバーナーワークと銀の鍛金の組み合わせであるところに特徴がある。最近は工芸用のガラス棒ではなく、ビンや普通ガラスのような身近な素材を使うのに凝っている。下のガラスはビンのガラスを再加工したものだ。


02_3 03_2

 今回は発泡スチロールを使った展示を用意している。試しに自宅で広げてみた。氷山のスノーホワイトの世界のようでおもしろい。


01_2

Dm2013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 スケジュール崩壊現象

 忙しさにかまけている。予定表が総崩れだ。そのせいなのか少しずつ太り始めている。きのうの夕方は仕事を放り出して早めに寝た。おかげでよく眠れたが、今朝は崩壊した仕事の残骸を前に呆然としている。そういえば高校生のころのテスト前ってこんな感じだったな。さて、この残骸をごまかす方法を考えなきゃ。その前にコーヒー1杯ください。


Gohan1311271 Gohan1311272 Gohan1311273
自宅「レタスサラダ」「シャケごはんとオムレツ」「つくね鍋」


<2013.11.27(水)>
朝体重76.35kg、3日平均75.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、みそしる2杯120、ポタージュスープ80
昼 レタスサラダ80、シャケごはん2膳470、みそしる2杯120、オムレツ120、おにしめ80
晩 つくね鍋350、きしめん180、発泡酒196、ラム酒232 [2,328kcal]
酒 発泡酒「極ゼロ」(700ml×4%)+ラム酒「マイヤーズラム」(100ml×40%)=68.0ml
歩 測定せず

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 朝から元気なカラスの兄弟

雲は高いが空一面を覆っていて日のありどころは分からない。大地は冷え切っていて凍るような冷気が立ち昇ってくる。これからは手袋がいりそうだ。カラスの兄弟たちが遊んでいる。あいつらは寒くないのだろうか? 羽毛の断熱性能はあなどれないな。
Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

たぬきのダイエット日記 エンデの童話「モモ」

 このところ時間が無いのでエンデの「モモ」を思い出した。この童話では時間銀行を名乗る時間泥棒がひとびとから時間を奪っていく。「あなたの「無駄な時間」を運用しませんか?」 そう時間泥棒は言葉たくみに誘う。何もしていない時間、ボゥーとした時間、そんな無駄と思われる時間を人は先を争って時間銀行に預けた。その結果、超めまぐるしく忙しい日常に放り込まれてしまう。時間を取り戻すために知的障碍者のモモは時間の泉へカメのカシオペイアとともに旅立つのだった。というお話。おもしろいよ。


Gohan131125 Gohan1311261 Gohan1311262_2
ココス「日替わりランチ」御所にて「お弁当」風天「スンドゥブチゲ」


<2013.11.26(火)>
朝体重75.15kg、3日平均75.7kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、みそしる30
昼 弁当(ごはん235、ほうれん草お浸し80、お煮染め60、麩の玉子とじ60、茹でニンジン40、豆腐ハンバーグ180)
夕 おにぎり2個400
晩 スンドゥーブチゲ200、ビール333 [1,918kcal]
酒 ビール(950ml×5%)+清酒(360ml×15%)=84.0ml
歩 14,142

<2013.11.25(月)>
朝体重76.05kg、3日平均76.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ポタージュスープ80、みそしる30、おにぎり200
昼 ごはん235、コロッケ180、ハンバーグ220、サラダ60、スープ30
晩 湯豆腐200、発泡酒123、焼酎261 [1,919kcal]
酒 発泡酒(350ml×5%)+焼酎「かのか」(180ml×25%)=62.5ml
歩 5,711

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

たぬきのダイエット日記 目利きツアー秘密の迷路めぐり

 日曜の町家目利きツアーの町歩き録音を聴いてひとりで笑っている。参加してくださった方たちは楽しかったと言ってくださるのがありがたい。その実一番楽しんでいたのはわたしだという自信がある。ひとり探偵団にお付き合いいただいたという感じだ。録音はそのうち気が向いたらホームページにアップする。ありがとうございました。


Gohan1311231_2 Gohan1311232_2 Gohan131124_2
明香源「マーボーナス、豚タンとハチノスの炒め物、エビチリ」宝屋「ラーメン」


<2013.11.24(日)>
朝体重75.95kg、3日平均76.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、野菜スープ80、サンラータン60、みそしる30
昼 宝屋ラーメン600、小ライス180
晩 ホルモン串焼き5本200、おにぎり200、ビール210、清酒378 [2,108kcal]
酒 ビール(600ml×5%)+清酒(360ml×15%)=84.0ml
歩 8,185

<2013.11.23(土)>
朝体重77.20kg、3日平均76.2kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、南蛮漬け80、ポタージュスープ80、みそしる30
昼 カレー中華600
晩 マーボーナス小皿80、豚タンとハチノスの炒め物240、エビチリ小皿80、豚角煮鍋小皿80、ビール210、ウイスキー386 [2,166kcal]
酒 ビール(600ml×5%)+ウイスキー「ブラッククリア」(180ml×37%)=96.6ml
歩 9,123

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

京都の朝空

 夜明け前だ。カー助はもう起きて電波塔で兄弟たちと遊んでいる。暗すぎて意気が白いのかどうかさえ分からない。風はなく空も晴れている。穏やかな日曜になるだろう。

Sora131124


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

グルメットたぬき 瓢亭

 以前フェイスブックでどなたかがアップしたカレーそばが忘れらず探しに行った。お初天神の西側だったと思ったが、どこから入るか分からず迷った。ひょっとして境内から入るのかぁ!と気付いて回ってみると、境内西側に飲み屋街の入り口があり無事発見した。店名に夕霧そばとサブタイトルがある。夕霧そばは柚子ソバらしい。わたしは迷わずカレーそばを注文。紙エプロンをかけてうまうまといただいた。器が丼ではなくお皿なのが変わっている。福新漬けの付いているのもおもしろい。おはしの他にスプーンもついていて、それでカレー部分を残さずいただいた。甘く優しいあじわいだった。

 今は柚子を大量に剥いているそうで、剥いた後の実を無料で配っていた。ありがたくいただいてきた。また行きたい。


 夕霧そば 瓢亭 HP


Hyoutei

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 昔風ラーメンが食べたい

 金曜ごとに太ると言ったが、今朝もやっぱり肥えていた。金ブタと呼んであげよう。昨夜はラーメンが食べたくなって、高槻駅前にあるという東来軒赤川という屋台を探した。以前も探したことがあるが見つからず、今回もやはりダメだった。もう無くなったのだろうか。枚方駅前の繁ちゃん(参照)も無くなったし、昔風ラーメンはどこへ行けば食べさせてもらえるのだろう。


Gohan131120 Gohan1311211 Gohan1311212
自宅「あんかけソバ」瓢亭(お初天神)「カレーそば」福田商店(一ビル)「ホルモンミックス」

Gohan1311213 Gohan1311221 Gohan1311222
備後屋(梅田立ち飲み)「板ワサ」摂南大にて「弁当」高山ラーメン「春セット」


<2013.11.22(金)>
朝体重75.90kg、3日平均75.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カレースープ160、野菜スープ80
昼 サンドイッチ200、弁当(ごはん235、鶏唐揚げ2個160、おでん80、大根菜5)、野菜スープ2杯160
晩 刺身(タイ、タコ、アジ、マグロ、マナガツオ)120、マグロ頬肉の甘露煮80、野菜と豚肉の煮付け80、カレー唐揚げ160、チーズ60、握り80、だし巻き玉子80、ビール420、高山ラーメン500、炊き込みごはん小180 [3,010kcal]
酒 ビール(1,200ml×5%)=60.0ml
歩 10,404

<2013.11.21(木)>
朝体重75.55kg、3日平均75.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、南蛮漬け80、みそしる30、ポタージュスープ80、おにぎり1個200
昼 カレーソバ600
晩 ホルモンミックス350、枝豆80、タンシチュー300、板ワサ60、ビール210、清酒189、発泡酒98 [2,577kcal]
酒 ビール(600ml×5%)+清酒(180ml×15%)+発泡酒(350ml×4%)=71.0ml
歩 10,472

<2013.11.20(水)>
朝体重75.35kg、3日平均75.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、南蛮漬け80、みそしる30、ポタージュスープ80
昼 あんかけソバ500
晩 おにぎり2個400、もみじまんじゅう1個80、チョコクッキー1枚60、ホルモン串焼き5本200、枝豆80、ビール210、清酒189 [2,209kcal]
酒 ビール(600ml×5%)+清酒(180ml×15%)=57.0ml
歩 6,824

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

美山で古民家鑑定実技講習をした

01

 京都府古民家再生協会のメンバーは建築関係者だけではない。不動産や行政書士など周辺業種のほか、純粋に古民家が好きなので勉強したいという方もある。そこで今回の古民家鑑定実技講習では鑑定実務のほかに「古民家の見方」というような入門的カリキュラムを入れた。そのための教材として模型を作ってみた。模型を持ちながら実物を見てまわり、その後で平面の作図をしてもらった。

 とくに「見方」が決まっているわけではないが、「どこを見たら分からない」という方の理解のきっかけになればと考えたカリキュラムだ。図面は床を描いているが、見るべきはその上の骨組みのほうだ。図面を見ながら骨組みを想像できるか、もしくは骨組みを見ながら図面を想像できるか。もしそれができるようになれば、古民家を見ることはもっと楽しくなるだろう。


02

 箱入りにしたところもおもしろがってもらえた。今度は自分で模型を作る勉強会をしてはどうかと考えている。


03_2
2013.11.16、京都府古民家再生協会主催「古民家鑑定実技講習会」、京都府美山にて

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 味噌煮込みうどん(ホワイティ梅田「あまの」)

 Gohan1311192_2

 以前教えてもらった玉造の居酒屋「なるとや」へ昨日初めて行ったところ無くなっていてワーとなった。周辺探索したが知らないところへ入る勇気も元気もなく梅田の「あまの」へ行った。やはりなじみの店は落ち着く。味噌煮込みうどん最強説。


Gohan1311191
志津屋「ハムエッグサンド」


<2013.11.19(火)>
朝体重75.40kg、3日平均75.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、南蛮漬け80、みそしる30、ポタージュスープ80
昼 ハムエッグサンド600
晩 味噌煮込みうどん550、ビール368、おにぎり200、ノンフライポテト100 [2,308kcal]
酒 ビール(1,050ml×5%)=52.5ml
歩 15,169

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 本日快晴

快晴だ。夜明け前の薄墨の空に十六夜の月が冴え渡る。名神高速の暗騒音が遠くから響いてくる。町はもう目覚めている。

Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

京都の朝空 十五夜だった

冷たい風が吹き抜ける。西山に消え残る月。

Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

たぬきのダイエット日記 とらぬたぬきの皮算用

 そろそろ次の釣り計画を練っている。12/8前後に再び雑賀崎親子釣り公園へ行ってみようと思う。リールが壊れたので買っておかなきゃ。それから練りエサを試してみたい。練りエサならカワハギがたくさん釣れるのではないか。それに前回うまくできなかったウキ釣りもやってみたい。今年も毎月1度は釣りに行ったが、もう12月かと驚いている。


Gohan131117 Gohan1311181 Gohan1311182
蛍庵(京都府美山)「手打やさいうどん」蕎味心真「キノコ玉子とじ丼とソバ」自宅「シャケ粕漬け」


<2013.11.18(月)>
朝体重75.30kg、3日平均76.0kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、南蛮漬け80、みそしる2杯60、ポタージュスープ80
昼 キノコ玉子とじ丼500、ソバ300、漬物5、きんぴらゴボウ40
晩 ごはん235、シャケ粕漬け180、キャベツ千切り60、吸い物2杯120、おにしめ60 [2,020kcal]
酒 なし
歩 7,224

<2013.11.17(日)>
朝体重75.40kg、3日平均76.3kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、レトルトカレー160、南蛮漬け80、ポタージュスープ80、みそしる60
昼 手打やさいうどん350、五穀米235
夕 たこせん120
晩 モルモン串焼き200、ビール315、清酒378 [2,148kcal]
酒 ビール(900ml×5%)+清酒(360ml×15%)=97.5ml
歩 4,504

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 冷たい風

微風あり 雲のすきまの青い空

Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

たぬきのダイエット日記 おにぎり4つ

Gohan1311161

 きのう「ひとり用おくどさん実習」があった。おくどさんと言うのはかまどのことだ。これで炊いたごはんが抜群にうまい。実習の後、講師役の加藤左官さんの新作おくどさんでごはんを炊いてくれた。やっぱり抜群にうまい。4つも食べてしまった。ごちそうさま。


Gohan1311162_2 Gohan1311163_2
こうちゃん「モルモン串焼き」「焼きギンナン」


<2013.11.16(土)>
朝体重77.15kg、3日平均76.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、南蛮漬け80、みそしる2杯120
昼 ごはん235、漬物5、カマス粕漬け220、みそしる2杯60
夕 おにぎり4個720
晩 モルモン串焼き200、焼きギンナン80、ビール315、清酒567、発泡酒98 [3,020kcal]
酒 ビール(900ml×5%)+清酒(540ml×15%)+発泡酒「極ゼロ」(350ml×4%)=140.0ml
歩 4,138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

京都の朝空 てぶくろ必携

霧が出ている。すぐそばの西山さえ見えない。地面はしっとり濡れている。湿った空気が肺の中へ入っていく。風はないが大地がひんやり冷えている。息が白い。手袋をもってくれば良かった。

Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 金曜は早寝してはいけない

 金曜日ごとに太る。授業後に先生方と立ち食い寿司屋へ寄るようになってからだ。その後ひとりになってからザルソバを喰うのも習慣になった。カロリー的には知れているが、帰ったらすぐ寝てしまうのがいけない。就寝前3時間内摂食は禁物だ。もっと夜更かししなければ。


Gohan1311151 Gohan1311152
飛騨(枚方)「アジ南蛮定食」吉兆(高槻)「ざるそば」


<2013.11.15(金)>
朝体重76.20kg、3日平均76.0kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、レトルトカレー160、南蛮漬け80、みそしる60
昼 ごはん235、漬物5、アジ南蛮漬け220、ワカメサラダ20、アサリのみそしる60
晩 握り(サバ、アナゴ)120、だし巻き120、ハモ湯引き梅肉40、サバ甘露煮80、刺身(カンパチ、鯛)80、ビール315、ざるそば350 [2,075kcal]
酒 ビール(900ml×5%)=45.0ml
歩 9,403

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

たぬきのダイエット日記 ゲンキハツラツ

 きょうはどうも乗らない。朝からの雨が追い打ちをかける。こういう日は風水研究に没頭するのが良いと思うがそうもいかない。朝からはつらつと出動せねばならないのがつらい。外から見たらはつらつと映るんだろうか。行ってくる。


Gohan1311141 Gohan1311142
自宅「トマトライス」こうちゃん「湯豆腐」


<2013.11.14(水)>
朝体重75.95kg、3日平均75.7kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ポタージュスープ80、南蛮漬け60、トマトライス1皿180
昼 トマトライス500、みそしる2杯120、キャベツ千切り40
晩 湯豆腐200、おにぎり200、ビール315、ウイスキー322 [2,317kcal]
酒 ビール(900ml×5%)+ウイスキー「ブラッククリア」(150ml×37%)=100.5ml
歩 5,381

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

法隆寺の謎を解く

 法隆寺の謎を解いている。まだ途中なのだが経過をメモしておく。

 謎というのは門(中門)の間口が4間であることだ。門の真ん中に柱が入っているので通りにくい。そもそも偶数間口の門なんてここ以外に聞いたことがない。なぜこんな不便なことをしたのか、というのが謎である。

Houryujimon_3

 これまでもいくつか説明はあった。よく言われるのは、法隆寺は東西一列に塔と金堂が並んでいるので、塔へ行くときは左側、金堂へ行くときは右側を通るというもの。でもそれだと塔へ行ってから金堂へ行くとき、一旦外へ出て入り直さなくちゃならない。それも不便だろう。ほかにも説得力の有る説明はまだない。戦前の修理時には、元々は奇数間口だったはずだから修理に乗じて改修してしまえという強硬意見もあった。それを抑えたのが修理所長の武田五一だった。彼もおかしいとは思ったろうが、勝手な改修はもっとおかしいと考えたのだろう。

 さて、この謎を一挙に解いたのが梅原猛だった。彼は「隠された十字架」で、真ん中にある柱は怨霊封じのためだと説いた。梅原説のおもしろいところは、聖徳太子時代の国際情勢を各国の国史を付き合わせていきいきと語ったところにある。わたしはその考え方から学んだことは多い。しかし梅原説は偶数間口であることの説明にはなっても、なぜ「4」なのかを説明していない。「6」でも良かったのか。

 ちなみに梅原は五行説や易経にあまり興味がないらしい。官位12階の帽子の色の配列の意味が分からないと書いている。それは単純に五行説の相克の関係の順になっているだけなのにそれに気がつかない。そんなだから「4」の意味も考えたことが無いのだろう。この謎は難しいという先入観があるが、五行説を当てはめれば案外簡単に解けるのではないか。そう思い始めている。

 ヒントはいくつかある。


1) 門は間口が4間で奥行きが3間である。

2) 金堂のご本尊は釈迦三尊像だが、その東側に薬師如来が安置されている。釈迦如来像には聖徳太子の冥福を祈るために623年にトリ仏師が作ったと記されている。薬師如来像には用明天皇が自らの病気平癒を願って仏寺建立を思い立ったが完成を見ずに没し、そのあと推古天皇と聖徳太子とが607年に完成させたと記されている。

3) ふつう塔は東側に建てることが多いのに、ここでは西側に建っている。屋根の上の九輪(銅製の輪っかが9つ連なった飾り)の上に鎌が2本取り付けられている。九輪に鎌がついているのは法隆寺だけで、鎌は風を切る、つまり暴風を抑えると伝えられている。

4) 法隆寺は龍田大社と神仏習合されており、龍田神の本地仏は釈迦如来とされている。崇神天皇の時代(3-4世紀)に不作と疫病が起こり、天皇の夢に龍田神が現れて我を祀れと言ったのが龍田大社の創建神話だ。龍田大社では天武朝の675年より風鎮(しず)めの大祭を行っている。


 ご本尊の釈迦如来は龍田神と同一視されている。龍田神は風神だが、この場合の風は疫病を指すと見てよい。用明天皇は疱瘡(ほうそう)で亡くなったとも言う。疱瘡とは天然痘のことだ。当時伝染病は戦死者の亡霊の仕業と考えられた。それを防ぐためには、疫神に供物をして鎮めるか、仏教儀礼である放生会を開くしかなかった。龍田大社も法隆寺もそのために作られている。法隆寺や龍田大社が奈良盆地の西の入り口を抑えているのは、伝染病がそこから入ってくると信じられたからだろう。

 「4」は九星図によれば四緑木星の風に当たる。だから門が4間になるのは、ここの主が風の神であることを示す。風は木星だから木気だ。ならば法隆寺は木気を示すものであふれているかと言えばそうではない。実は金気だらけなのである。

 まず九輪の鎌の意味だが、鎌は金気で木気を克(こく)すものだ。克すとは殺すという意味だ。だから伝説に言う鎌が風を切るという意味は、木気である風を金気である鎌が殺すという意味だ。9輪の「9」そのものも金気を示す。そもそも塔が西に建っていることも金気を強調する。西は金気の領域だからだ。

 対する東金堂は木気の領域だから、ご本尊が木気であることと矛盾しない。しかしその東側に薬師如来が安置されている。東側に置かれるのは薬師が東方浄瑠璃世界に住むからだが、薬師そのものは金気とみなされることが多い。ご本尊の隣りに木気を克する薬師をわざわざ置いている。この寺は「金克木(きんこくもく)」という相克(そうこく)の関係で作られている。

 金気の力で木気を減らす。その考え方は天武朝以降なら十分あり得ることだ。ただし元々は木気の神様を祀っていたことと矛盾する。そこがよく分からない。天武朝のころなんらかの聖地の書き換えが行われたのだろうが、それが話を複雑にしているようだ。

 でももしそうであるならば、門が4間であることの意味ははっきりする。「4」は河図によれば金気を示す。4と3を足した「7」も九星図によれば七赤金星の沢であり金気となる。しかも「4」は木気をも示す都合のよい数字だ。そう考えると最初の説の塔と金堂とで入り口を変えるという説もあながち外れてはいないことになる。この門は「金克木」という法隆寺のテーマを示しているように私には見える。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 腰痛たぬき

 釣りに行ってから腰が痛いので接骨院へ行ってきた。背筋の内側が炎症を起こしているらしい。火曜に学生指導のために立ったまま製図したが、それで悪化したようだ。いてて、いてて、とうめきながら仕事をしている。きょうも夕方寄ってくる。


Gohan1311131_2 Gohan1311132_2
チャンチ(ヨドバシ京都)「スンドゥーブチゲランチ」自宅「湯豆腐」


<2013.11.12(火)>
朝体重75.35kg、3日平均75.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、レトルトカレー160、みそしる60、南蛮漬け60、トマトライス小皿180
昼 スンドゥブチゲ200、五穀米235、ナムル5、韓国ノリ5、チャプチェ100
晩 湯豆腐240、発泡酒392、清酒158 [1,965kcal]
酒 発泡酒(1,400ml×4%)+清酒(150ml×15%)=78.5ml
歩 8,091

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 iPhoneで投稿してみた

日の出前だ。鳥たちはもう起きている。最近ハトの群れが大きくなった。青空の下を群れ飛ぶ姿がマスゲームのようでおもしろい。今朝初めてiPhoneで投稿してみた。簡単だがキーボードがゆっくりすぎやしないか。

Image
2013.11.14/6:50、京都府向日市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

たぬきのダイエット日記 iPhone実験中

 iPhoneをいろいろ試している。写真がきれいに撮れるのは予想以上だった。もうカメラを道歩かなくても良いかも知れない。ツイッターへの写真投稿は超簡単だった。ブログへのアップは写真が大きすぎたために失敗。写真を小さくしてまたやってみる。ネットはバンダイチャンネルのアニメもさくさく動く。いずれも操作は感覚的でわたし向きかも。


Gohan1311121 Gohan1311122
有喜屋(四条烏丸)「ミニ天丼セット」風天「スンドゥブチゲ」


<2013.11.12(火)>
朝体重75.35kg、3日平均75.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 サンドイッチ250
昼 ミニ天丼450、ざるそば小皿200、漬物5
晩 スンドゥブチゲ200、ビール315 [1,420kcal]
酒 ビール(900ml×5%)=45.0ml
歩 12,023

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 紅葉まじか

 湿った土の甘い匂いがする。空は晴れていて冷たい空気が心地よい。西山連山や比叡山が頂上から雲を吐いている。この湿気と低温が紅葉をうながすのかも知れない。西山の紅葉は始まったばかりで遠目にはまだよく分からない。今年は急に冷え込んだので期待している。楽しみである。


Sora131113
2013.11.13/6:37、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

たぬきのダイエット日記 サッポロ「極ゼロ」うまし

 75キロになったのもつかのま、また76キロ代に戻している。3段高下の法則通りなら、もう一度リバウンドはある。それはそうと飲み過ぎ是正のためにサッポロ「極ゼロ」を買ってきた。プリン体0%というビール風飲料にあるまじき成分でありながら、なかなかうまい。しかもアルコール度数4%と低めだ。まさに肥満中年の味方だな。サッポロ大好き。


Gohan1311111 Gohan1311112
自宅「冷凍カレーうどん」「湯豆腐」


<2013.11.11(月)>
朝体重75.90kg、3日平均76.2kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、南蛮漬け80、ポタージュスープ80、みそしる60
昼 冷凍カレーうどん550
晩 湯豆腐240、発泡酒392 [1,702kcal]
酒 発泡酒(1.400ml×4%)=56.0ml
歩 3,072

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

たぬきのダイエット日記 場当たり人生

 久しぶりに2日間なにもしなかった。ブログに五行のことなど書いているときが一番しあわせだ。休んでリフレッシュしたというよりだれた。月曜なのでさすがに仕事をしなくちゃならないが、もともと曜日の感覚が無いうえに、だれているので何も手につかない。とりあえず目医者へ行って、今週のスケジュールを組み立ててみよう。われながら場当たり的だ。


Gohan131110
自宅「湯豆腐」


<2013.11.10(日)>
朝体重76.60kg、3日平均75.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、南蛮漬け80、サンゲタン30、みそしる60
昼 湯豆腐240
晩 シリアル170、豆乳130、南蛮漬け80、ポタージュスープ80、みそしる60、発泡酒490 [1,720kcal]
酒 発泡酒(1,750ml×4%)=70.0ml
歩 2,910

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 晴れるのは空なのか心なのか

 冷たい空気が肺の中へ入ってくるのが気持ちが良い。地上は無風だが上空は北西の強い風が吹いている。西の丹波高原に大きな積雲があり、ちぎれ雲が京都へ流れてくる。雲間にのぞく空は抜けるように青い。青い空はどうしてこんなに気持ちが良いのだろう。心が晴れるとはこのことだろうか。


Sora131111
2013.11.11/7:21、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

吉村篤一建築展 鼎談メモ

 学校の大先輩である建築家吉村篤一さんの建築展がありギャラリートークが行われたので行ってきた。司会を佐野先生がするというのにも興味があった。鼎談(ていだん)とあるように、もうひとり建築の先生が加わっている。当日のノートを起こして、そのあと当日考えたことをメモしておきたい。以下のノートはわたしの意訳であって鼎談そのものではないことを断っておく。


Artstage567 会場風景


 2013.09.13、18:30より、アートステージ567にて
 吉村篤一(73、建築家)、前田忠直(69、建築家、京大名誉教授、建築論)、佐野春仁(59、建築家、京都建築専門学校教務主任)

(佐野)
 吉村さんは坂倉準三大阪事務所長の西澤文隆さんのもとで建築の実務を始められました。西澤さんはコートハウス論で知られるように壁で囲われた空間を住まうことのイメージとしてよく取り上げられます。まずは吉村さんの作風と西澤さんのものとの関連を考えるうえで「囲う」とはいかなることかというあたりからお話いただければと思います。

(吉村)
 坂倉時代に西澤さんに連れられてよく古建築の実測に携わりました。しかし20代後半の頃まではまだ古建築にはさほど興味はありませんでした。実際の設計とも関係なかった。そのころのわたしはコルビュジェやミースやカーンを見ていました。35才で独立してから10年未満ぐらい経ったころですが、西澤さんのやっていたことを無意識のうちになぞっている自分に気がつきました。
 ヨーロッパの町と同様に京都には古いものが多い。そうした環境に身を置いていると西澤さんの言う「透かす」や「癒着しない」という日本的なやり方が良いと40過ぎたころから思うようになりました。壁で囲んでしまうのは西洋的な建築だと思います。日本の場合は柱を立てて場を作る。壁で囲んで空間をつくりながら、それをいかに透かしていくのかがわたしのテーマとなりました。

(前田)
 実は吉村さんの作品をそれほど多くは見ていません。自邸にはよく行ったので強烈な印象があります。特にリビングがよい。白水荘も秀作ですが、やはりリビングが中心です。デザイン、フォルム、ルーム(空間)が近代建築の流れだと思いますが、今はルームの時代です。落ち着いた雰囲気の空間が吉村さんの特徴でしょう。

(佐野)
 西澤さんのコートハウス論は70年代の都市像をリードしました。基本は庭と部屋との組み合わせです。それは日本的な空間構成だと言えるでしょう。西澤さんは京都にお住まいでしたから、コートハウス論は京町家をモデルとしているようにも見えます。吉村さんの作風にも同じものを感じます。

(吉村)
 京町家のような日本のコートハウスの壁は西洋のものと比べて軽いのが特徴です。フスマのようなパネルだけで囲ってしまう。西澤さんのN邸がわたしの原点のひとつですが、室内と室外のつながり、開放的にして自然を取り込むこと、そうしたものは京町家と共通している。
 水平方向だけではなく、垂直方向にもいかに開放するのかということも考えてきました。吹き抜けは風を通すので住宅の中心に設けることが多いのですが、冬場は寒いので水平障子を設けて風が抜けるのを防ぎます。これで結構冬の寒さをしのぐことができる。京都は寒暖の厳しいところですから、京都で耐えられたならほかでも大丈夫です。
 わたしは西澤さんのコートハウス論の壁は中近東をイメージしているように思います。それは日本と違って過酷な自然から内側を守るシェルターです。その中にパラディッソ(パラダイス)を確保しようとしている。

(佐野)
 ルイス・バラガンのコートハウスは視覚的なものが優先している気がしますが、日本の場合は風とか気配とか触覚的・視覚的なものが優先している気がします。・・・・(このあとバラガンの話に流れるが話題が京町家に帰ってこないのでメモもとっていない)

(吉村)
 日本の建築は思っている以上に力強いと思います。力強くてしなやかだ。二川幸夫の「日本の民家」を見ていてそう感じました。数寄屋は細い。でも日本建築の源流はもっと太くて力強いものじゃないか。それは韓国の古民家にも共通します。柱や梁が力強く曲がっているのはなぜでしょう。(円満字註、それは陽気を表しているのだよとつっこみたかった)。伊勢神宮の遷宮があり、お白石持ちに参加しました。伊勢神宮もまた力強い建築でした。
 
(ここで前田氏が神殿と住居とは違うと水をさしたのは惜しかった)

(吉村)
 札幌の講演会に参加して探検家の関野さんというかたのお話をうかがいました。人間は二足歩行で手を使うことを覚えた。そして家族を持つことがほかの動物と違うところだとおっしゃったのが印象的でした。手作りであることはとても大切なことです。わたしが構造を見せるのは手作りであることを大切にしているからです。そしてリビングをすまいの中心に据えるのは家族こそすまいの原点だと思うからです。

(このあと会場とのやりとりがあり、山崎氏の「西澤さんは理詰めのところがあるが吉村さんは自然体だ」とおっしゃったのが印象的だった)
 

 < メモ >
 多少消化不良の感があったが、わたしはおもしろかった。設計手法に話が流れがちだったが、わたしは自然との関係こそが鼎談のテーマだったと思う。コートハウスは自然を求める心が形になったものだと思う。その求める心の形の差が東西コートハウスの形に表れているのだろう。京町家のような室内と室外との連続性は、日本人の自然観そのものだった。住まいがシェルター一点貼りとなり京町家も稀少になった現代、日本人の心の形も変わってしまったと見るべきか。それでも再び日本的なコートハウス論を探ることは、高度成長期に失ったものを取り戻そうとする上で意義があると思う。ありがとうございました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元興寺の謎を解く

01_3
元興寺曼荼羅堂、1244年

 奈良の古民家再生協会主催の町歩きに参加して、久しぶりに元興寺(がんごうじ)へ行った。とても良かった。このかっこよさは何かと見ているうちに気がついた。兵庫県の浄土寺浄土堂とそっくりなのだ。


05
浄土寺浄土堂、1192年

 浄土堂は東大寺を再建した重源の遺作だ。彼は大仏様(だいぶつよう)と呼ばれる中国わたりの最新技術で東大寺を再建した。普通、寺院の軒先は角へいくほど反り上がる。しかし大仏様はその反りがほとんど見られない。軒先がまっすぐ水平で、まるで大きな船の喫水線のようだ。そこがかっこいい。

 元興寺の曼荼羅堂は、元からあった極楽坊という僧坊を大改造して建てられた。それは東大寺の手によったから、同じ大仏様になったわけだ。他の様式で建てることもできたはずだが、どちらも阿弥陀様を祀る阿弥陀堂だから、様式は意図的に合わせたと考えるべきだろう。

 浄土堂の場合、軒先が低く、相対的にとんがり屋根が強調されてまるでピラミッドのような美しさを獲得している。これは、堂内の阿弥陀三尊像に合わせた設計であることは前に見た(参照)。一方、曼荼羅堂の軒が低いのは、元にした僧坊の軒が低かったためだろう。僧坊は修道院の住居部分のようなもので、さほど大きく作る必要はないのだ。しかし、そのおかげで浄土堂と同様の美しいプロポーションを手に入れた。改造時に軒を上げることはできたのだから、これも意図的とするべきだろう。曼荼羅堂は浄土堂の写しである。


02_3

 障子の美しさも半端ではない。出入り口の格子戸はとても細かく、障子紙の白さがロットになって星のように散らばる。その上の欄間は、ヒシ形の組子模様で、よく見ると2本をセットにして斜めに流している。下の格子戸と響き合って目の覚めるような美しさだ。わたしは浄土堂も今年初めて観たが、続けて曼荼羅堂と出会えてしあわせだ。


03_2

 このお堂は謎深い。そのことに誰も言及しないのが不思議だ。お堂が美しいので最初気がつかなかったが、見ているうちにぎょっとした。なんと正面が間口が6間(けん)なのだ。通常、お堂の正面間口は奇数にする。そうしなければ、外から拝観するときに柱がじゃまになってご本尊が拝めないからだ。正面が偶数なのは私の知るかぎり法隆寺ぐらいである。

 もうひとつの謎は、堂内の柱が1本足りないことだ。同行の方たちは鬼門だからではないかというが、なぜ鬼門だと柱を抜くのか説明がつかない。構造的に重要な場所の柱をわざわざ抜いたのはなぜだろう。

 とりあえず考えたことをメモしておく。

 洛書後天図では6は地に当たる。地は天の対概念で陰気の極みである。わたしは6という数字は墓と関係があると思う。空也の開いたとされる六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)のある六原は清水坂のふもと、葬送儀礼の土地だった。だから6を使うお堂は廟ではないか。廟とは故人を祀るお堂のことである。

 法隆寺が聖徳太子の廟であると言われるように、曼荼羅堂は日本における浄土教の始祖ともされる智光の住んでいた僧坊跡で、いわば浄土教の聖地だ。ご本尊は智光が夢で見た極楽浄土を描いた板絵である。僧坊を浄土教の聖地として整備するにあたり、聖なる遺物である板絵を祀り、僧坊そのものをお堂に取り込んで廟とした。元興寺は日本で最初の寺院飛鳥寺のまつえなのだから、仏法を日本へ入れた聖徳太子の廟を手本として偶数間口のお堂を建てたのではないか。

 柱が1本無い理由は分かりづらい。他に事例があれば比較検討できるが聞いたことがない。このお堂の場合、間口が6であることが重要であることは上に述べたとおりだ。でも堂内まで真ん中に柱を立ててしまうと、じゃまでしようがない。そのため内側では真ん中の柱を抜いている。だが、そうすると5間になってしまう。5は土気を表す数字で悪い数字ではないが、阿弥陀様は西方浄土の主だから金気でないとおかしい。だからもう1本抜いて4間にしたのではないか。4は金気を示す数字である。それにしてもなぜ北から3本目を抜いたのだろう。どこを抜いても良さそうなものなのに。それも易経で読めば分かる。


 04

 問題になっている柱筋は上図のように東から2列目だ。柱のある場所を陽気、無い場所を陰気とすると、上から陽・陽・陽、陰・陽・陽となる。最初の3つ陽・陽・陽は易経の「天」に当たる。次の3つ陰・陽・陽は「沢」となる。易経は8枚のカードのうちから2度引いたときの並び方で意味を求める。8枚の二乗なので64通りの結果がでる。この場合「天」と「沢」なので意味は「履(り)」だ。これは64卦のなかでもっとも縁起の良いかたちのひとつである。もしそうだとすれば、このお堂の設計者は「天沢履」の易でお堂を言祝ごうとしたわけだ。

 民俗学者の吉野裕子(ひろこ)は、聖徳太子の17条憲法が易の「天沢履(てんたくり)」を応用して作られていることを発見した。天は数字になおすと9、沢は8となる。9+8=17というわけだ。曼荼羅堂が不自然に北から3番目の柱を抜いたのは、ここが聖徳太子の偉業を継ぐ仏法の本拠地であると主張しているように私には見える。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 路面文字

01_2

 冬は路面文字が増えるので楽しい。埋設配管の経路を示したものだが、それ以上になんらかの世界のコードを視覚化しているように見える。ある種の環境芸術と見てよかろう。「電脳コイル」
というアニメでは、リアルな世界の上にヴァーチャルな情報がリアルタイムで上書きされて見える
電脳メガネが出てきた。もしそのメガネで世界を見れば、こんな風に見えるだろう。路面文字はおもしろい。


02_2
2013.10.31、京都市中京区

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 分かりにくい矢印

 ここを通るたびにいつもハッとする。まるで不思議の国のアリスのような不可解な世界がここにある。この矢印通りにうまく歩けば、なんらかのコードが解除されて異世界への扉が開くのではないか。そんな感じがする。でも一瞬そう思うだけでズカズカと矢印を踏みにじって階段を下りていく。こういう不可解な矢印をときどき見つけるが、わたしはそういうの機能を超えた表現を獲得している矢印が大好きだ。


Yajirusi
2013.11.01、京都府長岡京

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グルメットたぬき レパンテ室町

01
鯛とジャガイモのオーブン焼き

 久しぶりと思ったがブログを見直すと9月に行っていた(参照)。いつもはふたりなので食べきれなかったが、今回は3人だったのでいろんなものを試すことができた。メニューが少し変わったように思う。料理が出て来る時間が短縮されているので、そのために変えたのかもしれない。親切な接客と味が少し濃くてうまい料理は変わらない。


03
海のパエリア(小)

 アヒージョ(砂ズリやエビのオリーブオイル煮)、パテ、生ハム、スペイン風オムレツ、パエリアあたりが好きなラインだ。今回は「鯛とジャガイモのオーブン焼き」「グラーシュ」を試してみた。

 グラーシュはハンガリー料理だそうだ。牛肉のトマト煮だが、唐辛子などのスパイスを利かせているが、他にハーブ風の清涼感がある。かみさんが八角だろうと言うが私もそう思う。他の料理でもそうだが、この店はハーブ類の使い分けが細やかだ。それが料理の奥行きを作っている。


02
グラーシュ(ハンガリー料理、牛肉のスパイス煮)、2013.11.09

 今回はiPhoneで撮影した。暗い店内でもちゃんと撮れるのがすごい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 くやしさの意味

 くやしさや嫉妬は、あるべき自分を他人が実現しているときに感じる感情だから、それをバネにがんばれば良いと言うが、それは少し違うと思う。たとえば、ある建築作品を上手いなぁと思うことは多々あるが、その次に「くやしい」と思うときと「いいなぁ」と思うときとがある。くやしさは、ねたみのたぐいで、「実現すべき自分」とは社会的評価であることが多い。つまり「上手」と言っても自分の技量とさほど離れているわけではないと実は思っているわけだ。では、バネにすべき建築作品はどちらだろう。それは言うまでもなく「いいなぁ」と感じるほうで、それをマネすれば良いだけだ。くやしいと思っているあいだはバネにはならない。創作の価値は社会的評価とは必ずしも一致しないからだ。


Gohan131109
自宅「目玉焼き」


<2013.11.09(土)>
朝体重76.00kg、3日平均75.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、南蛮漬け80、みそしる60、切り干し大根20、豆腐と枝豆の炒め物60
昼 ごはん235、目玉焼き94、レタス10、みそしる2杯120、漬物5、レンコンきんぴら60
晩 生ハム60、パテとピクルス80、オムレツと生ハムのピンチョス40、キノコと砂ズリのアヒージョ80、パン80、オリーブの実10、鯛とジャガイモのオーブン焼き120、グラーシュ(ハンガリー料理、牛肉のスパイス煮)200、ビール210、海のパエリア200 [2,124kcal]
酒 ビール(600ml×5%)=30.0ml
歩 3,591

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 ピリピリ降る雨(丹波弁)

 雨がピリピリ降っている。ピリピリとは兵庫県丹波地方の方言のようで、ほんの少し降る雨のことをいう。今朝の雨はそんな降りかただ。雲はあがってきているように見える。モズやカー助など鳥たちは朝から大騒ぎをしている。遠くでジョウビタキの声もする。冬になってエサが減ったろうに、なんだかどいつも楽しそうだ。


Sora131110
2013.11.10/6:45、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

釣りたぬき 雑賀崎親子釣り公園

01_2 02_2

 泳ぐ魚を見たくて、久しぶりに和歌山の海釣り公園へ行った。透明度が須磨とは比べものにならなくて、とても楽しい釣りになった。9時半入園し6時間のうちに8種30尾の釣果だった。


03_2 04_3 05_3
ネンブツダイ(9センチ)、カサゴの稚魚?(リリース)、ホシササノハベラ(10センチ)

 サビキ仕掛けを落とすとワッとスズメダイが集まってきて玉のようになるのがおもしろい。針ににエサをつけて底まで落とすと、手の平サイズのカワハギが身をくねらせてエサを取っているのが見える。本当に器用なやつらだ。イカが泳いでいるのも見えた。じっと静止して上を見ていた。


06 07

 ここは食堂もビール販売もないので、缶ビール3本とコンビニの焼肉弁当を持参した。15分ほどあるけばうまいラーメン屋があるが、この日は祝日で休んでいた。須磨は食堂のほかビールやカップラーメンの自販機が完備なのでつい食べ過ぎてしまう。その心配はここではない、


08

 途中でスコールのような猛烈な雨が降った。以前もここで雷雨にあったこともある。ここは緑色の岩盤の露出地であり、緑は風を示すから、なにかと風雨の強いところなのだろう。聖武天皇が和歌浦を聖地として祀っただけのことはある。などと思いながら逃げ遅れてびしょんぬれになった。


09
2013.11.04

 今回は投げ釣りも試してみたが、うまく投げられなかった。次回はウキでサビキを流してみようと思う。わたしはサビキ釣りしかしないが、少しずつほかの釣法にも慣れていきたい。


10

 釣果はアイゴ(17センチ)1尾、チャリコ(8-16センチ)5尾、スズメダイ(7-10センチ)10尾、カワハギ(10-12センチ)6尾、キュウセンベラ(9-13センチ)3尾、ネンブツダイ(9センチ)2尾、ホシササノハベラ(10-14センチ)2尾、イワシ(7センチ)1尾、合計30尾だった。次回もぜひ雑賀崎へ行きたい。よい釣り場だ。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 4.7キロ減量に成功

 体重の3日平均が75キロになった。2ヶ月で4.7キロ減った。


 09/5 79.7キロ(体重の3日間平均値)
 10/9 76.8キロ(同上、1ヶ月2.9キロ減量)
 11/8 75.0キロ(同上、1ヶ月1.8キロ減量)


 減量速度は最初の1ヶ月は週0.6キロ、後の1ヶ月は途中でリバウンドが起きたせいで週0.4キロとペースがにぶった。減量速度の限界は1ヶ月当たり体重の5%までだそうだ。5%だと月に3~4キロの減量になるので大きすぎる。自分の場合は月2キロくらいのペースがちょうど良いと思っている。


Gohan131105 Gohan1311061 Gohan1311062
丑寅(難波)「モツ煮」自宅「湯豆腐」「肉団子そば」


Gohan131107 Gohan1311081 Gohan1311082
自宅「フォー」門寿司立ちのみ(寝屋川)「フグ唐揚げ」「アサリ酒蒸し」


<2013.11.08(金)>
朝体重74.95kg、3日平均75.0kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、みそしる60、玉子入りスープ140
昼 カレーうどん550、かやくごはん245、漬物5
晩 枝豆80、フグ唐揚げ80、あんこう塩焼き160、サバ握り60、刺身(サンマ、イワシ、カンパチ)80、キビナゴ甘露煮80、アサリ酒蒸し80、ビール350
夜 サンドイッチ260、抹茶アイス230 [2,760kcal]
酒 ビール(1000ml×5%)=50.0ml
歩 9,040

<2013.11.07(木)>
朝体重75.10kg、3日平均75.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、みそしる60、南蛮漬け60
昼 鶏なんばそば500、ごはん235、漬物5
晩 フォー450、ビール123、焼酎522 [2,255kcal]
酒 ビール(350ml×5%)+焼酎「かのか」(360ml×25%)=107.5ml
歩 11,720

<2013.11.06(水)>
朝体重75.00kg、3日平均75.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、レトルトカレー270、みそしる60
昼 湯豆腐240、切り干し大根60、油麩玉子とじ60
晩 ネギそば450、ビール123、焼酎522 [1,955kcal]
酒 ビール(350ml×5%)+焼酎「かのか」(360ml×25%)=107.5ml
歩 7,746

<2013.11.05(火)>
朝体重76.60kg、3日平均76.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、シジミみそしる2杯120
昼 おにぎり2個400
晩 ドテ煮300、酒盗60、ビール333、清酒158 [1,6711kcal]
酒 ビール(950ml×5%)+清酒「上撰月桂冠」(150ml×15%)=70.0ml
歩 13,403

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

食材偽装とTPP

 食材偽装がなぜこの時期に問題となったか。事件を拡大させることで産地表示法成立へ世論をリードしているのではないか。現行法で食材偽装を取り締まれないことが明確になれば、普通なら食品表示法の改正に進むはずだ。しかしTPP交渉中のこのタイミングなら、EUなみの産地表示を義務づける法案が浮かび上がってくるのではないか。

 EUは域内の関税を撤廃した見返りとして厳格な産地表示を義務づけた。ポートワインはポート地方でしか作れないし、シャンパンはシャンパーニュ地方でしか作れなくなった。地域ブランドを保護することで産地の競争力を養う政策である。もちろんEUから諸外国への輸出戦略だ。この政策が功を奏しつつあり、スペインでは「ラスヴァレス」という失われたワインブランドが復活した(参照)。
 
 和牛や地鶏の生産量より消費量のほうが多い現状に対して産地はもっと声をあげるべきだ。農地管理の破綻は経済問題であると同時に環境問題でもある。その経済の範囲を国単位ではなく地域単位に分割すべきだ。EUの原産地表示規則はそれを実践し一定の成果をあげつつある。うまくいけば地域経済と地域環境の再生につながるわけだ。大規模な農地放棄はTPPいかんに関わらず今後も進むだろう。食材偽装がきっかけとなって産地表示法が議題にあがれば、地域再生に取り組むものだちの希望のひとつになるだろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五行説メモ 松竹梅の意味

 松竹梅の意味を考えた。これは四神相応と同じ大地の四方を指すものだろう。松は龍を意味する。松を龍になぞらえる事例は多い。くねくねとねじ曲がりながら伸びる姿は確かに龍に見える。つまり松は青龍、木気で方角は東だ。

 竹は虎だろう。虎の絵は竹林を背景にすることが多い。そこが虎の棲みかだからだ。つまり竹は白虎、金気で方角は西だ。

 梅は朱雀だ。「梅にうぐいす」という取り合わせは、そこが火気である鳥の集まる場所であることを示す。花そのものも一般的に火気を示すので、この場合はそれに従ってよい。つまり梅は朱雀、火気で方角は南だ。ただしこれがボタンだと金気になるし、青いカキツバタなら木気になるので気をつけよう。梅でも白梅だと金気になることが多いから、この場合は紅梅限定である。

 なぜ水気がないのか分からない。松竹梅とタテに書くと陽陰陽となって「火」を示す易のかたちになる。火気は土気である人体を強める働きがあるので、松竹梅と書いて健康を願う呪術なのだろうか。それとも水気の不在を強調する季節行事のアイテムなのだろうか。


Syoutikubai_2


 このことに気付いたのは、先日見学したお座敷で四君子のモチーフを教わったからだ。四君子は蘭竹菊梅のセットだ。これは四季を示すとウイッキにある。蘭竹菊梅に順番で春夏秋冬に当てるという。わたしは少し違うと思う。これを季節や方角に当てるならこうだろう。


Sikunnsi

 松竹梅と梅の位置が異なるが、梅は早春を示すアイテムなので、これでもよい。おもしろいのは松竹梅で不在だった水気が加わっていること。菊水という図案にも見るとおり、菊のイメージは水と結びついている。旧暦10月に咲く花なので水気である冬を代表させたとも言える。つまり菊は玄武、水気で方角は北だ。四君子では四神がそろっている。

 四神はそれを四方に配置することで、その場所の気を整える働きを持つと考えられた。四君子や松竹梅も同様に気を調整するためのアイテムなのかも知れない。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 どんな顔で木曜を過ごすか

 地面がしっとり濡れている。体がコンマ数ミリ沈んで足跡をつけるのが分かる。湿った土の甘い香りがする。さほど寒いわけではない。むしろ暖かい朝だ。寒さが緩むと表情もゆるむ。これまでわたしはどんな顔をして木曜を過ごしていたのだろうか。


Sora131107
2013.11.07/6:42、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

たぬきのダイエット日記 ダイエッターとしての正しい心

 8種30尾の爆釣だった。雑賀崎の親子釣り公園は食堂も無いしビールも売ってないのでちょうど良いかも知れない。須磨だとカレーや天丼がうまいので、どうしても食べ過ぎる。帰りも途中下車せずにまっすぐ帰れば、ダイエッターとしての心を失わずにすむだろう。きのうは梅田で乗り換えるとき新京でギョウザセットを食べた。新京のギョウザおいしいよね。


Gohan1311041 Gohan1311042 Gohan1311043
釣り公園にて「焼肉弁当」百番「和歌山ラーメン」新京「ギョウザセット」


<2013.11.04(月祝)>
朝体重76.05kg、3日平均76.3kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 なし
昼 焼肉弁当600
晩 和歌山ラーメン550、ギョウザ400、肉団子200、ビール473、清酒158 [2,381kcal]
酒 ビール(1400ml×5%)+清酒「上撰月桂冠」(150ml×15%)=92.5ml
歩 測定せず

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

こどもスケッチ大会を開催した

Kodomosketch02_2

 幼稚園年少さんから小学2年くらいまでのこどもが12名参加した。こども向けのスケッチ大会は初めてなので不安だったが、すんなりと描いてくれたのでうれしかった。真剣に絵を描くようすには心打たれるものがある。小一時間ほどていねいに色を塗り重ねた作品には「時間」が塗り込められている。再び絵を見たときに描いたときのことを思い出してくれるだろう。記憶を喚起するタイムカプセル的な働きがスケッチにはある。それがスケッチの一番のおもしろさだ。それを体験してもらえたならスケッチ大会はやったかいがあるというものだ。参加してくれたみんなありがとう。


Kodomosketch01_3
2013.11.03、モクサンマチヤにて

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 タイを釣る準備をした

 雨がやんだ。きょうは和歌山県の雑賀崎親子海釣り公園まで釣りに行く。タイを釣りたい。


Gohan131103
モクサンマチヤ「まかない」


<2013.11.03(日)>
朝体重76.60kg、3日平均76.0kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、チゲスープ80、玉子入りみそしる140
昼 カレー小皿400、唐揚げ80、とんがりコーン180、柿40、キムチ40、こんにゃく天ぷら60、ビール245
晩 焼酎435 [2,000kcal]
酒 ビール(1400ml×5%)+芋焼酎「かのか」(300ml×25%)=75.0ml
歩 6,763

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

たぬきのダイエット日記 パッチを知っているか

 接骨院で足を冷やすなと言われた。そういえば最近寒くて目が覚めることが多かった。そこで電気毛布をゆるくつけて寝るようにしてみた。駅で買うお茶も冷たいペットボトルのものは避けたほうが良いのかも知れない。あと着るものだが、そろそろパッチをはいたほうが良いのだろうか。パッチとはズボン下のことだが、これは関西弁なのだろうか。


Gohan131101 Gohan1311021 Gohan1311022
摂南大にて「弁当」コロラド「サービスランチ」自宅「湯豆腐」


<2013.11.02(土)>
朝体重76.10kg、3日平均76.0kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、みそしる60
昼 サービスランチ(ごはん235、おでん小鉢40、鶏なんばん揚げ320、筍の酢味噌和え10、鶏団子揚げ160、玉子焼き1切れ60、みそしる60)
晩 湯豆腐(木綿330g)240、焼酎261 [1,746kcal]
酒 芋焼酎「かのか」(180ml×25%)=45.0ml
歩 測定せず

<2013.11.01(金)>
朝体重75.20kg、3日平均75.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、レトルトカレー170、みそしる60
昼 弁当(ごはん小180、豆腐ハンバーグ80、枝豆60、ゆで玉子80、おでん80、イカとコンニャクの煮物60)
晩 握り2貫(エビ、サバ)160、焼き豚80、ホヤ40、アナゴ(白焼き、天ぷら)180、紅ショウガ天ぷら80、レーズンチーズ60、玉子焼き1切れ80、ビール315 [1,935kcal]
酒 ビール(900ml×5%)=45.0ml
歩 5,785

<2013.10.31(木)>
朝体重76.70kg、3日平均76.3kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ポタージュスープ80
昼 フォー400、おにぎり200
晩 湯豆腐(木綿330g)240、発泡酒123、焼酎261 [1,604kcal]
酒 発泡酒(350ml×5%)+芋焼酎「かのか」(180ml×25%)=75.0ml
歩 6,636

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢日記 131103

 夜明け前に見た夢だ。短いがはっきり覚えていたのでメモしておく。

 ショッピングセンターのようなところにいる。帰るために下階へ降りようとしたところエスカレーターがほぼ垂直になっていてうまく降りられない。誰かがいたずらをしているらしい。仕方がないのでもう一度上階へ戻ると、いつのまにか自分は小さな箱に閉じ込められて上へ運ばれている。箱からは外がよく見える。はショッピングセンターの中をゴーカートのように走り回りながら上の階へと上っていくようだ。わたしは恐くなるが身動きができない。ようやく屋上遊園まで上がったところで降りることができた。さてどうやって下へ降りればよいか考えていると、目の前にひとり乗りの小さなエレベーターがありサラリーマンが乗っている。彼はニッと笑うと箱から降りてなにかを分解し始めた。そこで目が覚めた。

 (夢読み)
 分かりやすい夢だ。昇るというのはコントロールが利かないとか収拾がつかないという意味だろう。箱に詰められて身動きができないということやそれを恐いと感じることも状況が制御不能であることをよく表している。下へ降りるというのは意識が無意識に近づこうとしていることだ。無意識の世界へ帰って休もうとしているわけだ。壊れたエスカレーターやエレベーターを分解するイメージは無意識の世界との連絡が絶たれており当面修復不可能な状況を示す。わたしはこの夢は体調の不良を示すのではないかと思う。最近急に寒くなって腰痛がひどくなっている。身動きできないというのは身体的な状況と合致する。それが夢に出て来るというのは、身体的な不調が精神に影響を与えているということかも知れない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 カワセミを見た

 京都盆地全体が深い霧に覆われている。ホコリっぽい雨の匂いがする。もう日が出ているはずだが薄暗い日曜の朝だ。きのう近くの小畑川で久しぶりにカワセミを見た。水面すれすれを猛スピードで飛んでいった。どうしてあいつはあんなスピードで飛ぶのだろう。河川改修でいなくなったと思っていたが戻ってきてくれたようだ。今度探しに行ってみよう。


Sora131103
2013.11.03:6:43、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

たぬきのダイエット日記 釣り計画

 今度の月曜祝日は釣りだ。今回は和歌山方面まで足を伸ばそうと思う。泳ぐ魚が見える海で釣りたいからだ。でも雑賀崎の親子海釣り公園はちょっと遠いな。というわけで行く先を案じている。迷っているあいだも楽しい。


Gohan1310311_2 Gohan1310312 Gohan1310313
自宅「フォー」「こんにゃく田楽」「きのこマヨネーズ焼き」


<2013.10.31(木)>
朝体重76.70kg、3日平均76.3kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、肉団子スープ80
間 みそしる2杯120
昼 フォー400、おにぎり200
晩 きのこマヨネーズ焼き320、コンニャク田楽80、ジャガイモとイカの煮物2皿160、清酒158、発泡酒123、焼酎363 [2,304kcal]
酒 清酒(150ml×15%)+発泡酒(350ml×5%)+芋焼酎「かのか」(250ml×25%)=102.5ml
歩 6,636

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 今朝のジョウビタキ

 地上を霧が流れている。冷たい湿った空気が肺に入るのを感じる。霧の朝は音がこもるような静けさがある。ジョウビタキがヒィヒィと鳴く声が遠くから聞こえる。あんなに小さい鳥なのに声は数百メートルも届くのはなぜだろう。飛来して数日たつがまだ姿を見ない。いずれ出会うのが楽しみだ。


Sora131101
2013.11.01/6:23、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »