2013年9月 7日 (土)

水彩スケッチ 旅館街(1) 【2013個展用】 05

05ryokan

 塩小路高倉の交差点周辺には今でも古い旅館がいくつか残っている。この旅館が玄関口のマジョリカタイル風のタイルが美しい。さて旅館街の存在は、ここが竹田街道の終点であったことを示す。それは高瀬川の荷揚げ場のひとつが七条あたりにあったことや八条口に京都駅が置かれたことなども同じことを示す。つまりこの場所は都市門ひとつだったわけだ。

 
06ryokan2
2013.08.16/ワトソン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都市下京区

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/58143386

この記事へのトラックバック一覧です: 水彩スケッチ 旅館街(1) 【2013個展用】 05: