2013年9月16日 (月)

水彩スケッチ 看板建築 【2013個展用】 29

 木造2階建ての3軒長屋の前面に壁を立てた看板建築だ。前からだと屋根が見えないので鉄筋コンクリート造りのようなモダンな建物に見える。そういう効果をねらった作り方だ。板張りでペンキ塗りというのも洋館に似せたかったのだろう。ペンキが落ちて板の地色になっているのもおもむきがある。
 看板建築は、ここのほかにもう1ヶ所残っていた。たくさんあったはずだが残り少ない。西部劇に出て来る地方の町並みも看板建築だが、この建築スタイルには交通の要衝に特有の屋台的な明るくにぎやかな雰囲気がある。ここもまたそうしたにぎわいのあったことを看板建築は教えてくれる。


29kanbankentiku
2013.08.17/ワトソン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都市下京区

 

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/58205006

この記事へのトラックバック一覧です: 水彩スケッチ 看板建築 【2013個展用】 29: