2013年9月15日 (日)

水彩スケッチ 願教寺 【2013個展用】 22

 この地域ではもっとも大きな木造寺院ではなかろうか。本堂の破風(はふ、屋根の三角形の壁面)や鐘楼などに木彫が多く残り見応えがある。昭和初期の建築に見える。本堂の向拝(こうはい、正面階段上の庇)が門の上に覆い被さるように建っている。敷地一杯に建てるやり方は西光寺と共通している。それだけたくさんの人を本堂に集める必要があったということだろう。柳原銀行記念資料館でいただいた崇仁歴史マップには全国水平社創立者のひとり西光万吉が演説した場所として知られるとある。


22gankyoji
2013.08.17/ワトソン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都市下京区

 

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/58197826

この記事へのトラックバック一覧です: 水彩スケッチ 願教寺 【2013個展用】 22: