2013年9月15日 (日)

水彩スケッチ たかばし 【2013個展用】 16

 銀色のアーチが京都駅への入り口のようにかかっている。すっきりとした美しい鉄橋だ。高倉跨線橋という名前だが、親しみをこめて「たかばし」と呼ぶ人が多い。橋の存在はここが竹田街道の起点であったことを示す。
 日本で最初に路面電車を走らせた京都電気鉄道が1901年に高倉陸橋を架け、東海道線で分断されていた南北の路線を連結させたのが始まりという。その後、大正天皇の即位の御大典に合わせて京都駅が改築されたのを契機に架け替えられ(1914年)、さらに戦後(1954年)に現在の姿となった。


16takabashi
2013.08.17/ワトソン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都市下京区

 

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/58196863

この記事へのトラックバック一覧です: 水彩スケッチ たかばし 【2013個展用】 16: