2013年8月 8日 (木)

おとくにの植物 イネ

 イネが1粒から何倍になるのか知りたくてモミの数を数えてみた。1本の穂には80~90粒ほどのモミがついていた。1株から10~20の穂が出ている。1株が3~5本の苗の集まりだとすれば、1本の苗から3本ほどの穂が出ていることになる。以上をまとめると、1粒の米は250粒ほどに増えたことが分かる。超インフレ状態じゃないか。古代の米の収量は今の半分以下だとしても、およそ100倍に増えるような穀物は他にはなかったろう。稲こそ天のたまものだったことがよく分かる。


Sora130808ine_2
2013.08.08、京都府向日市

 

|

おとくにの植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おとくにの植物 イネ: