2013年8月 4日 (日)

京都の朝空 夏が終わるのが惜しい

Sora130804inehana

 空気は湿っているが風があって涼しい。薄曇りで東南の信楽高原あたりに雲が垂れ込めているのは雨が降っているのだろう。大量のクマゼミがやかましくて大変よろしい。稲の花が咲いていた。写真のような地味な花だ。暦の上ではもうすぐ夏が終わる。


Sora130804
2013.08.04/8:01、京都府向日市

 

|

京都の朝空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の朝空 夏が終わるのが惜しい: