2013年8月 7日 (水)

建築たぬき 修理現場130801-05

130805
2013.08.05、くぎを抜く作業

 修理現場はおかげさまで快調だ。解体は切開手術のようなもので、そこで初めて明らかになることは多い。その知見をもとに修復計画を修正せねばならない。だから解体初日から数日がもっとも大切で楽しい時間だ。昨日は構造担当と棟梁と今後の作業方針を立てることができた。ここまでくるとわたしの役目は一段落する。これからは日参しなくても良いだろう。


1308011
2013.08.01 碍子(がいし)

 廃材の中から救出した碍子だ。黒い布巻き鉄線で電線を巻き付けている。独特の巻き方がしてある。今度見つけたら巻いたままの状態で保存してみよう。


1308012
2013.08.01 碍子(がいし)

 

|

建築たぬき」カテゴリの記事

コメント

足の切開にもお気をつけて…

投稿: | 2013年8月 7日 (水) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/57943044

この記事へのトラックバック一覧です: 建築たぬき 修理現場130801-05: