2013年7月12日 (金)

京都の朝空 アサガオの国

 セミがまだ遠慮がちだ。あの気が遠くなりそうなやかましさはみじんもない。あいかわらず熱気の立ちこめた朝だ。天頂は青空が見えるが地上は雲のなかのように煙っている。フェンスをからめとったアサガオが太陽のほうを向いていっせいに笑っている。こいつらはもう世界を征服した気でいるな。


Sora130712
2013.07.12/6:57、京都府向日市

 

|

京都の朝空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の朝空 アサガオの国: