2013年6月12日 (水)

フェイスブックの「いいね!」の取り扱い

 フェイスブックには「いいね!」機能がある。ブログの「拍手」と同じものだ。変な言い方だと思っていたがすぐに慣れた。書き手を応援するつもりで押していたが、これが最近やり玉にあがっている。悪い内容、たとえば訃報や災害のエントリーに対して「いいね!」を押すのは良くないという。「いいね!」を押してはならないエントリーを見極めるのがフェイスブックを使う上での最低限のマナーだというのだ。

 たしかにその通りだが、正直言ってわたしはどうだっていいと思う。ネットは道ばたの落書き同然だと私は思っている。社会的な倫理観と無縁な落書きだからこそ書き込めることがあるのがネットのおもしろいところだ。だからネットは匿名性こそ命だろう。したがってフェイスブック登録者の多くが虚名で顔も出さないのはネットらしくて好ましいと私は思っている。

 ただし、私は写真つきの実名なのでそれほど自由になれない。マナー論は正論なので反論するつもりもない。ということで今後一切「いいね!」は押さないことにした。フェイスブックはツイッターよりもやりづらくなってきた。

 

|

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/57578545

この記事へのトラックバック一覧です: フェイスブックの「いいね!」の取り扱い: