2013年6月22日 (土)

京都の朝空 空のスライス

 空は3層に分かれている。一番下を黒い大きな綿雲が比較的早い速度で流れていく。高層のうろこ雲は2層あって、下はゆっくり東へ動いている。一番上は動いていないように見える。なぜ空が何層にも分かれるのだろう。本当はもっとたくさんの層に分かれているのだろうか。


Sora130622
2013.06.22/6:18、京都府向日市

 

|

京都の朝空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の朝空 空のスライス: