« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

たぬきのダイエット日記 ナイタープールに行った

 きのう初めてプールのナイターへ行った。夜に行くほうが帰ってすぐ寝られるので良いかも知れない。クロールの練習をしたが鼻に水が入って苦しい。リズムもまだつかめない。むつかしい。


Gohan1306291 Gohan1306292 Gohan1306293
自宅「トマトとカッテージチーズ」「ゴーヤ炒め」「そうめん」


<2013.06.29(土)>
朝体重78.35g、3日平均78.1kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、スープ20、南蛮漬け3尾150
昼 トマトとカッテージチーズ120、ゴーヤ炒め160、そうめん400
晩 刺身コンニャク10、メバル2尾300、焼酎319、清酒189 [1,968kcal]
酒 麦焼酎「かのか」(220ml×25%)+清酒「月」(180ml×15%)=82.0ml
歩 8.667

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京都の朝空 虫が鳴き始めた

 薄く膜がかかったような薄っぺらい空だ。青く堅くなってきた稲の葉に露が降りていた。朝のうちに気温が下がったのだろうか。涼しい朝だ。虫がたくさん鳴いている。何種類かいるようだが、キリギリスの他は分からない。セミよりもバッタ系のほうが早いのだね。


Sora130630
2013.06.30/7:11、京都府向日市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

釣りたぬき 須磨海釣り公園

 3ケタの爆釣だった。豆アジとイワシが回遊しており、サビキ釣りの独断場だった。寝坊したので入ったのは9時半だったが、その時点で帰る釣り人もあったから朝の内にもよく釣れたのだろう。


01
2013.06.23

 入場とともにイワシと豆サバが釣れだして11時ごろ釣れなくなり、昼食後1時ごろまでイワシと豆アジが交互に釣れた。それ以後は振るわず、豆ガシラとアイナメを追加するにとどまった。7時の閉園間際までいたが好転せず納竿した。
 

02 11

 親子連れが多く、楽しい釣り場になっている。写真右の大きい方がイワシで小さい方が豆サバだ。サバは模様があるから上から見るとよくわかる。


03 04_2 05
カキフライ弁当、キリンラガー、スキットル

 食堂のメニューは釣り場へ持ち出し可なので、今回は初めて弁当を買ってみた。ビールとカキフライ弁当のセットは最強だね。スキットルにはサントリー角180mlを充填したが午前中で無くなった。釣りに来ているのか飲みに来ているのか分からない。


07 08 09
豆ガシラ、コモンフグ、アイナメ

 アイナメを釣ったのは15年ぶりではないか。ガシラは底に蔓延しているらしく2度ほど仕掛けを持っていかれた。フク助も3回ほど釣り上げた。釣り台下に1万匹はいるだろう。


10

 豆アジ(8-10㎝)35尾、イワシ(10-13㎝)70尾、豆サバ(8.5-10㎝)14尾、豆ガシラ(11㎝)1尾、アイナメ(14㎝)1尾、計121尾。前回ボウズだったが、今回は良い釣りをした。次回も楽しみだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水彩スケッチ 地蔵堂

 3月のスケッチ教室で描いたのは万年寺山のふもとの地蔵堂だった(参照)。


130321jizou

 当日はみんなの前で1枚描いて見せて参考にしてもらう。そのあと各自のスケッチを楽しむ。そのときわたしが描いたのが下の2枚だ。地蔵堂の脇にはムクだと思うが大木がある。むしろムクの木の横に地蔵が祀られていると見るべきだろう。


130323jizou2_3
2013.03.23/ワトソン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/大阪府枚方市

 ここは万年寺山への参道の登り口で、それが2枚目だ。ムクの木が参道を守るために植えられたことがよく分かる。参道を守るとはそこを通う人間を守ることだ。それと同じ意味でお地蔵さまもここに祀られている。こうやって人の願いや想いがこめられながら風景は作られていく。


130323jizou3
2013.03.23/ワトソン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/大阪府枚方市
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

水彩スケッチ 神戸文学館

 横尾忠則美術館4階の休憩コーナーから真下に見えたので描いてみた。この建物の周囲には余地が少なくスケッチするのに困っていたのでちょうど良い。見下ろす角度なので屋根の形がよく分かっておもしろい。


130625ohji
2013.06.25/ケナフコットン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/神戸市灘区王子公園

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 パソコンの熱を飛ばす

 現在3台の扇風機が部屋で動いているが、その向きを変えながら一番涼しい状況を探っている。どうやら熱源であるパソコンに当てるのが効果があるらしい。もしパソコンが水冷だったらもっと涼しくなるのだろうか。きょうは廊下との温度差を測ってみる。


Gohan1306281 Gohan1306282 Gohan1306283
自宅「チンゲンサイのクリーム煮」「水ギョウザ」「もやしスープ」

 
<2013.06.28(金)>
朝体重78.40g、3日平均78.2kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、スープ20、南蛮漬け3尾150
昼 五穀米350、生玉子80、南蛮漬け5尾250、シチュー80
晩 チンゲンサイのクリーム煮200、水餃子10個400、もやしスープ60、焼酎261、清酒189 [2,340kcal]
酒 麦焼酎「いいちこ」(180ml×25%)+清酒「月」(180ml×15%)=72.0ml
歩 測定せず

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 ビーチチェアで空見がしたい

 今朝はいつものヒバリがいないので静かな朝だ。北寄りの風が吹いていて外環状の音がよく聞こえる。涼しくて気持ちが良い。雲は2層に分かれているようだが、どちらが上か分からない。青空が濃く南国気分満点だ。ずっと空を眺めていられるビーチチェアがほしい。


Sora130629
2013.06.29/6:25、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

水彩スケッチ ズグリゲト駅を模写してみた

 神戸のMさんがフェイスブックに上げていたブダペストの路面電車の駅舎の写真に心打たれたので模写してみた。エリエル・サーリネン設計のヘルシンキ駅のような中世主義建築だと思う。今も残っているらしい。修理したくてたまらない。


130628zugliget
2013.06.28/コットンケナフ紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水彩スケッチ 多田ユウコさんの写真を模写してみた

 梅田あたりのゴチャゴチャした町が魅力的だなぁと思っていたら、写真家の多田ユウコさんがそんな風景を撮ってくれたので模写してみた。この角度から見るのは初めてだ。今度は現場で描きたい。


130628oosaka
2013.06.28/ケナフコットン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/大阪市北区梅田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水彩スケッチ 天の川温泉

 2月のスケッチ教室で描いてみた。なかなかかわいらしい現役銭湯である。枚方宿には現役銭湯がもうひとつあるが、そっちはビルになっていた。ほかに廃業したものがひとつ残っている。探せばもっとあるだろう。銭湯があるとほっとするのは、その前面道路の親密度が上がるからだと思う。普通の道が風呂上がりには自分の家の延長のようになる。わたしはこれを町の親密度現象と呼んでいる。

スケッチ教室のプリントはこちら(参照

130222huroya01_2
2013.02.22/ワトソン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/大阪府枚方市


130223huroya
2013.02.23/ワトソン紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/大阪府枚方市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 室温28度は適切か

 適切な室温は28度らしい。今この部屋は27度で日中は28度を超す。湿度は現在55%で、これは日によって50-60%を前後する。部屋の大きさは1坪程度。27度でも十分暑いと思うのは太っているせいだろうか。29度になると極端に作業効率が悪くなるので28度設定そのものはあながち間違いではないかも知れない。今後気温が上がることに鑑み何か対策したいところだが、何かって何だろう。


Gohan1306271 Gohan1306272 Gohan1306273
自宅「キャベツとイカの炒め物」「そうめん」「鶏もも肉と野菜のシチュー」


<2013.06.27(木)>
朝体重77.60g、3日平均78.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、スープ20、南蛮漬け3尾150
昼 キャベツとイカの炒め物280、そうめん350
晩 おにぎり2個360、鶏もも肉と野菜のシチュー320 [1,780kcal]
酒 なし
歩 7,354

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 ゆっくり歩く

 中層に雨雲が群れている。西山連山の山頂付近も霧にかすんでいる。ただし地上は霧が晴れているので、これから晴れていくのではないか。北風が吹いていて寒いくらいだ。今朝は一歩づつゆっくり歩いてみた。体重が片足にかかるときグラグラしないようにするのが難しい。でも歩く速度に合わせて時間もゆっくり流れるようで楽しい。


Sora130628
2013.06.28/6:09、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

たぬきのダイエット日記 クロールは何拍子?

 クロールを少し練習してみた。左右交互に手を動かすのが難しい。クロールって何拍子なんだろう。3拍子だろうか、それとも4拍子だろうか。今度どっちが良いか試してみよう。クロールができれば、もっと楽に距離が泳げるようになるように思う。プール続行である。


Gohan1306251 Gohan1306252 Gohan130626
自宅「南蛮漬け」びんご屋(梅田)「おでん」自宅「ささみとピーマンの炒め物、金沢麩の玉子とじ」


<2013.06.26(水)>
朝体重78.65g、3日平均78.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、スープ20、南蛮漬け3尾150
昼 おろしポン酢焼きそば550
晩 金沢麩の玉子とじ180、五穀米2膳470、紅ショウガ5、キュウリ漬け5、ささみとピーマンの炒め物120、焼酎290、清酒210 [2,300kcal]
酒 麦焼酎「いいちこ」(200ml×25%)+清酒「月」(200ml×15%)=80.0ml
歩 12,037

<2013.06.25(火)>
朝体重78.95g、3日平均78.2kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、スープ20、南蛮漬け3尾150
昼 南蛮漬け5尾250、トマト60、半田麺450、ゆで玉子半分40
晩 ミンチカツ200、ポテトサラダ80、しめさば80、おでん(豆腐60、厚揚げ60、糸コンニャク20)、ビール222 [1,992kcal]
酒 ビール(633ml×5%)=31.65ml
歩 11,470

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 南の島でバカンスを

 陽ざしはジリジリと暑い。でも風が通ると涼しい。空は3層で、低空を綿雲のかたまりが南へ流れ、中層高層は薄くまだらな絹雲が広がる。こうした青空をどこか南の島で仕事から解放されて眺めたいと思ったりするが、よく考えれば仕事が終わることは無いし、もしそうなっても面倒がりの私がわざわざ南の島へ行くわけがなかろう。ようするに青空が呼び起こした妄想に過ぎない。だったら今この青空を南国気分で楽しめばよいのではないか。


Sora130627
2013.06.27/8:06、京都府向日市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

アーツレヴュ「 開館記念展 横尾忠則展 」2013.3.2-6.30

 イラストレーターの友人にチケットをもらったので行ってきた。とても楽しかったので感想をメモしておく。

 わたしが一番おもしろかったのはY字路を描いた作品群だ。わたしも町を歩いていて、こういう風景があると思わず立ち止まってしまう。そういう角は道巾の狭いほうがたいがい古い。古い町割りのなかを戦後の新道がつっきるから、こういう三角形の場所ができるのだ。そういう場所は排水や電線も複雑に入り組んでいておもしろい。作品に現れたY字路はどれも魅力的で思わず見入ってしまった。絵をよく見るとY字路の角にはたいがい木が描き込まれている。Y字路は魔ものの出る辻でもある。木は魔よけに違いない。

 城崎温泉の水路を描いた作品もそうだが、町歩きヲタクの心をくすぐるアングルが多い。それは映画のロケハンにも似ている。実際の風景でない作品でもその構成が映画のカメラワークを思わせて楽しい。そして絵には映画のスクリーンを観るような立体感がある。そこに文字が立ち現れる。それは3次元ゲームの仮想世界を歩くとき周囲に文字や記号が明滅したり流れたりすることに似ている。

 この展覧会は絵と文字との関係がテーマだった。解説は作家のポスター作品との関連を説くが、わたしはそうは思わない。文字は絵の中が仮想世界であることを強調しているように見える。もちろんそれはウソや作り物の世界ではなく、現実の裏返しとしての仮想世界だ。仮想世界だからこそ見えてくる真実がある。だからこそ見ていて気持ちが良い。わたしは60年代のポップアートに似ていると思った。既存美術への反骨や映画的手法など似ていると思う。

 解説は全部を読んだわけではないが、腑に落ちないものが多かった。たとえばY字路の上に天橋立の股のぞきの絵がくっついている作品がある。解説は股のぞきは異界を見る行為だから異界的なY字路と関係があると説く。間違っているわけではないが少し違う。「Y」という字が女の股に似ているからY字路が天橋立の股のぞきを連想させるのだと思う。

 ピンクガールの絵は今回の展覧会でもっとも印象的な一枚だった。モノクロの娼婦の絵に色の名前が散りばめられているものだ。解説は、作家のポスターデザイナー時代の色校正作業との関連を指摘するにとどまる。観る者は文字に合わせて絵に色を付けることを強いられると説く。それも少し違う。だれもこの絵にそんな強制は受けない。観たまま感じればよいだけだ。

 多少説明するとこの作品はモノクロだからこそ迫力がある。モノクロ画面で娼婦をモニターしている感じがする。色を示す文字類がモニターの感じを強調する。いったい何をモニターしているのか。モニターの中は現実の裏返しである仮想世界だ。娼婦を飾る色を落としていくとどうなるのか。飾るとは隠すことでもある。そうやって色を落として、ようやく娼婦の姿の裏に隠されていたひとりの女が見えてくる。それは泣いたり笑ったりする本当の人間だ。人間の真実はそうやって初めて私たちに見えてくる。優しい絵だとわたしは思う。


Yokoobi
2013.06.25、横尾忠則現代美術館(神戸市灘区)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

建築探偵の写真帳 おみくじの鉄鎖

 みくじ台が社殿の右側に多いのはなぜだろう。みくじの筒は今は社務所に置かれており、ここには鉄の鎖だけが残された。手作りの美しいもので鉄輪に槌目が見えて美しい。今でも十分な強度を保っているようで俺はやるぞという気概に満ちている。久しぶりにおみくじが引きたくなった。


Kusari
2013.06.24、京都府向日市向日神社

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャドー 130625

 うつむき加減に横断歩道を渡りきったところにあった。最初何の影だか分からなかった。とても幾何学的で美しい。いつも通る道だけど気付かなかった。もっとはっきり撮れたらまた報告しよう。


Shadow130624
2013.06.24、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 脂肪肝か?

 春の健康診断の結果は要再検査だった。そろそろ再検査に行くべしだ。肥満なのであれこれ悪いのだが、今回は急に脂肪肝のおそれありと出た。ようするに食べ過ぎ飲み過ぎで肝臓がダメになってきているらしい。まだそうと決まったわけではないが、もしそうならダイエットも医療レベルにアップする。たぬきダイエットも年貢の納め時か。


Gohan1306241 Gohan1306242 Gohan1306243
自宅「肉団子弁当」「南蛮漬け」「なすびパスタ」


<2013.06.24(月)>
朝体重77.60g、3日平均78.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、スープ20
昼 ごはん235、きゅうり漬物5、茹でニンジン10、肉団子4個300、三度豆とかぼちゃの煮物80、揚げナスビ80、茹でたカゴ80、シシトウ10、オクラ10、赤だし60、バナナケーキ200
晩 南蛮漬け120、トマト80、ナスビパスタ450、発泡酒270 [2,310kcal]
酒 発泡酒「サッポロ極ゼロ」(700ml×5.5%)=38.5ml
歩 10,278

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 茶碗バスにつぼみがついた

 雲は高い位置に薄い皮膜のように広がっている。少し寒い。かみさんの育てている茶碗バスに小さなつぼみがついた。絵筆のように先をほんのり赤く色づかせている。何を描こうとしているか。もっとぐんぐん伸びないと花は咲かない。もっとセミが鳴くくらい暑くなれ。


Sora130625
2013.06.25/5:20、京都府向日市


Sora130625hasu


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

たぬきのダイエット日記 留年人生

 なんとか77キロ代をキープしている。忙しいとプールに行かなくなるが、それは「忙しい」という言い訳ができるからだろう。そもそも運動は苦手だ。言い訳ばかりもしてられないのできょうはプールに行こう。気がつくと2週間も行っていない。こんな感じで学生のころは留年を繰り返したわけだ。人生に留年の無いのを喜ぶべきか、それとも留年の代わりに入院があるのか。


Gohan130622 Gohan130623
はな(阪急高槻)「まぐろ山かけ丼」須磨海釣り公園「カキフライ弁当」


<2013.06.23(日)>
朝体重77.60g、3日平均78.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 ハンバーガー500
昼 カキフライ弁当700、ウイスキー418、ビール123
晩 鶏丼600 [2,341kcal]
酒 ウイスキー「サントリー角」(180ml×40%)+ビール「キリンラガー」(350ml×5%)=89.5ml
歩 9,601

<2013.06.22(土)>
朝体重78.15g、3日平均78.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、投入130、スープ20
昼 まぐろ山かけ500、みそしる60
晩 サンドイッチ200、ヒラメ刺身60、ローストビール60、カッパ巻き120、にぎり2巻120、フランクフルト小120、ビール210、ハイボール175、発泡酒135 [2,120kcal]
酒 ビール(600ml×5%)+ハイボール(350ml×7%)+発泡酒「キリン淡麗ダブル」(350ml×5.5%)=73.75ml
歩 10,515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 南国の密使

 雨があがって雲が切れてきているがまだ青空は見えない。先週京都府南部でムラサキサギが観察された。八重山列島にいるサギで渡り鳥ではない。風に飛ばされてやってきた迷い鳥と見られている。わたしは何か密命を帯びて都まで上って来た使者ではないかと思ったりする。私も探しているがまだ見つからない。


Sora130624
2013.06.24/7:15、京都府向日市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

幻術電線

 会議が終わったあと、いつものように丸太町通りを歩いていて見つけた。よい具合に幻術化している。いつも歩いている道なのに気付かなかった。こうやって気付いてもらうのをじっと待っているものたちがもっとたくさんあるのだろうな。探してやらなくちゃ。


Densen130618
2013.06.18、京都市中京区

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 モクサン町家

 相当立派な木造3階建てだ。スクラッチタイル貼りで玄関灯や持ち送りの金物などモダニズムである。学生のころも見たように思うがよく覚えていなかった。当時は木造3階建てにあまり興味を持っていなかったのだろう。昔よりおもしろいと思うものの範疇が広がって良かったと思う。


01
2013.06.18、京都市下京区


02 03

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年6月22日 (土)

たぬきのダイエット日記 釣りの計画

 さて明日は須磨へ釣りにいく予定だが豆アジやイワシのほかにママカリが釣れているらしい。ママカリってなに? 検索したところサッパの小さいのを言うらしい。サッパはニシンの種類らしいが豆あじと見分けがつかない。まあそういう小さいのがたくさん釣れるということだ。久しぶりに南蛮漬けができるな。とらぬたぬきの皮算用とはこのことか。


Gohan130621
自宅「かぼちゃ煮物、三度豆の牛肉巻き」


<2013.06.21(金)>
朝体重78.90g、3日平均78.7kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 そうめん180、五穀米180
昼 ソーセージ3本180、玉子焼き94、かぼちゃ煮物120、ニンジンと三度豆の煮物80、三度豆の牛肉巻き160、ごはん235
晩 刺身160、おにぎり200、ビール210、発泡酒270 [2,089kcal]
酒 発泡酒「キリン淡麗ダブル」(700ml×5.5%)+ビール(600ml×5%)=68.5ml
歩 8,508

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 空のスライス

 空は3層に分かれている。一番下を黒い大きな綿雲が比較的早い速度で流れていく。高層のうろこ雲は2層あって、下はゆっくり東へ動いている。一番上は動いていないように見える。なぜ空が何層にも分かれるのだろう。本当はもっとたくさんの層に分かれているのだろうか。


Sora130622
2013.06.22/6:18、京都府向日市

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

グルメットタヌキ 「地球の幸せを夢見るバク」の担々麺

 四条堀川の交差点から近い(参照)。肉料理店だがランチタイムは担々麺を出している。麺が腰があってうまい。それにミンチのコクの深い甘辛いスープがよくからむ。スープは塩味ベースで唐辛子はそれほどきつくない。少し浮かせたラー油がスープの旨みを際立たせている。塩辛いのでごはんが欲しくなった。薬味のネギも香りが高かった。町家を改造した店だが、気取っておらずアットホームな感じも好ましい。今度は夜に来てみたい。カンガルーステーキやワニのタンなど興味深い。


Gohan130618tantanmen
2013.06.18

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 ベルトが締められない

 おなかが出ているのでベルトがちゃんと締められない。ウエストがくびれていないのでベルトを締めてもズボンが下がる。それでも無理して締めるのでベルトは固定されてもズボンだけがずり下がる。普通はズボンの前ボタンはベルトのバックルに隠れて見えないものだが、ずりさがっているのでバックルの下にボタンがくる。そうした止め金具類を腹が前に押し出している。だらしないこと極まりない。


Gohan130617 Gohan130619 Gohan130620
自宅「ざるそば、天ぷら」「サバ寿司」「賀茂ナスの素揚げ」


<2013.06.20(日)>
朝体重79.10g、3日平均78.8kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、玉子80、キャベツ煮60
昼 ソーメン400、キャロットスープ80、ゴーヤ白和え60、紫蘇巻き寿司180、きゅうり漬物5
晩 賀茂ナス素揚げ80、肉団子5個300、オクラ10、ゴーヤ白和え60、発泡酒135、焼酎261 [2,011kcal]
酒 発泡酒(350ml×5.5%)+芋焼酎(180ml×25%)=64.25ml
歩 測定せず

<2013.06.19(水)>
朝体重78.90g、3日平均78.7kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、みそしる60、肉団子1個60
昼 半田麺400、焼き厚揚げ160、揚げナス小皿80、とろろ昆布おにぎり小180
間 自家製パン120、バター60
晩 サバ寿司600、赤だし2杯120、発泡酒270、焼酎261 [2,671kcal]
酒 発泡酒「キリン淡麗ダブル」(700ml×5.5%)+芋焼酎(180ml×25%)=83.5ml
歩 測定せず

<2013.06.18(火)>
朝体重78.45g、3日平均78.7kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カップスープ20
昼 担々麺600
晩 ソーセージ入りキャベツ煮160、トウモロコシ120、五穀米おにぎり180、キャロットスープ80、焼酎261 [1,591kcal]
酒 芋焼酎(180ml×25%)=45.0ml
歩 8,276

<2013.06.17(月)>
朝体重78.80g、3日平均78.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、レトルト中華丼の具240
昼 ざるそば450、三度豆とキノコの天ぷら300
晩 トマトとチーズのサラダ120、きゅうり漬物10、高野豆腐とシイタケのお煮染め80、揚げナス80、肉団子1個60、ゴーヤ40、清酒189、ウイスキー418 [2,157kcal]
酒 清酒(180ml×15%)+ウイスキー「サントリー角」(180ml×40%)=99.0ml
歩 9,195

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 雨の美しさ

 台風が近づいている。お昼ごろ九州へ上陸し、京都へは深夜に最も近づくらしい。今は雨も小降りで風も吹いていない。西山連山は頂上から雨雲があふれだし、京都盆地は雨と霧でかすんでいる。雨だれの音を聴きながら眺める雨の風景には幽玄な美しさがある。


Sora130621
2013.06.21/5:49、京都府向日市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

第3回 町家目利きツアー

 町家目利きツアーを町家塾的なものにしようと今回から連続講義に入っている。なかなかおもしろかったので感想をメモしておく。

 わたしの担当した町歩きは、道幅に注目しながら都市計画と現状との不一致を見た。そのようすは録音したので、いずれネットラジオに上げておく。

 大工の森さんのカンナワークショップは楽しかった。あれほど精密な調整が必要だったとは知らなかった。調整がうまくいくとおもしろいように削れる。薄い削りかすはとてもきれいだ。木の香りがたちこめた。

 しゃかんの加藤さんの土の話もおもしろかった。土が生きているとは知らなかった。言われてみれば確かにそうで、土壌のバクテリアはそのまま土の粒子といっしょに家屋となる。人間の腸は地場の野菜を食べていると、その地域の土壌の成分に一致してくると聞いたことがある。人と土との関係は思っている以上に根源的なものなのかも知れない。

 古民家オーナーで古民家鑑定士である岸野さんの家の写真を初めてたくさん見せてもらった。思っていた以上に大きな古民家で驚いた。母屋と倉、納屋、鶏小屋などのほかに長屋(門?)があるらしい。ぜひ見学させてほしい。次回は修理の実際をスライドで見せてくださる予定だ。楽しみである。

 参加者は古民家再生協会会員も含めて12名だった。次回9月分はまだ枠があるので興味があれば参加してほしい。詳細は京都府古民家再生協会HPへ(参照)。


 01 02
2013.06.16(日) 四条京町家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 冷え症

 年をとると低体温になって夏でも寒いそうだ。わたしもそうだ。このごろ室温が常に28度を超えるにもかかわらず足が寒いのでホットカーペットを点けている。足が寒いというのは血行が悪いのだろう。朝の散歩も血行をよくするためだがその程度では効かないらしい。やはりプールにいかねばならんのか。


Gohan130616
そじ坊「小エビ天丼セット」


<2013.06.16(日)>
朝体重78.80g、3日平均78.8kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、みそしる60、肉団子1個60
昼 鶏カツカレー600、サラダ60、スープ60
晩 小エビ天丼600、かけそば400、漬物5、天かす120、ビール210、ウイスキー464 [2,939kcal]
酒 ビール(600ml×5%)+ウイスキー「サントリー角」(200ml×40%)=110.0ml
歩 6,649

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 アマサギの気持ち

 曇っていて湿度も高い。西山連山の上のほうは雲に隠れている。たんぼにアマサギたちが来ていた。大発生している大型タニシを食べているのだろう。こっちを見ている。もし私がアマサギで田に舞い降りて散歩する人間を見たらどんな気持ちがするのだろう。


Sora130617
2013.06.17/6:58、京都府向日市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

町歩きマップ(町家目利きツアー)

 今回は道路巾を見て歩こうと思う。町家を条件づけているもののひとつに、都市計画的な制限がある。それは江戸時代からあったし、現代はまた違う制度でが町家を規定している。現代のそれの主な制限は、用途地区制と容積率だ。路地をめぐりながら、制度と現実との乖離を確かめておきたい。


Mekikimap130616_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 急がなきゃ急がなきゃ(ウサギ)

 きょうは町家目利きツアーなのでマップを準備しなくちゃ。だいたいその日の朝に準備するクセがついてしまった。泥縄である。


Gohan1306151 Gohan1306152 Gohan1306153
自宅「きゅうりとトマトのサラダ」「肉団子」「五穀米とみそしる」


<2013.06.15(土)>
朝体重78.95g、3日平均78.8kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、みそしる60
昼 きゅうりもみ60、キュウリとトマトのサラダ80、漬物5、肉団子4個240、五穀米235、みそしる3杯180、シャケフレーク10、チリメン山椒20
晩 焼き鳥9本480、唐揚げ1個80、サラダ60、ビール315、発泡酒270 [2,395kcal]
酒 ビール(900ml×5%)+発泡酒(700ml×5.5%)=83.5ml
歩 7,372

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 雨あがり

 明け方まで降っていたらしい。あたりが水浸しだ。雨雲は今は上空に遠のき、切れ間から青空がのぞく。北の風が涼しい。一瞬セミの声が聞こえた気がした。


Sora130616
2013.06.16/5:50、京都府向日市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

ココログランキング 5,143位

 一日あたり来訪者50人でページビューが70くらい。フェイスブックと連動させているが、フェイスブックの読者はタイムランを眺めるだけでココログを開かないから役に立たない。とりあえず拡散させやすいように、最近はひとつづつのエントリーにタイトルを付けるようにしてみた。いわゆる「釣り」である。


Lanking130610
2013,06.10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 足を摺るクセ

 くつをズルズル摺って歩くクセを直せとかみさんに言われている。そこだけクツ底が摺る減って出費が増えるからだ。言われてみると確かに左足を摺って歩いている。これは筋肉が落ちたせいで足がちゃんと上がっていないのだろう。やっぱプールに行かなきゃなぁ。


Gohan1306141 Gohan1306142
自宅「オムライス」「五穀米、ナス素揚げ入り赤だし」


<2013.06.14(金)>
朝体重76.75g、3日平均78.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、みそしる60
昼 オムレツ600、鶏肉とジャガイモのミルク煮120
晩 枝豆80、串カツ300、五穀米235、ナス素揚げ入り赤だし160、鶏肉とジャガイモのミルク煮120キュウリもみ120、焼きナス120、ビール105 [2,320kcal]
酒 ビール(300ml×5%)=15.0ml
歩 7,796

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 梅雨はどこへ行った

 稲が伸びてもうたんぼの水面に鏡像は映らない。ほんの2週間ばかりの楽しみだった。風があって過ごしやすい朝だ。あいかわらず梅雨前線は消えたままだ。関東では雨が降ったりしているようだが、関西はさっぱりだ。今年の夏は渇水決定かも知れない。


Sora130615
2013.06.15/6:27、京都府向日市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

五行説メモ 風水夜話 <第5夜> 月鉾の世界

 今回は月鉾を陰陽五行説で読んでみた。参考までにレジュメを掲げておく。月鉾は月読みの尊を祀るのでこの名がある。月読みとは夜を統べる神様だが、この場合は暦のことを指すのだろう。月鉾の飾りの意味は次のような幻想的なものだと思う。

 三日月が夜空に浮かぶ。密かな月光に照らされた静かな波間に月の神霊であるウサギが遊び、それを日の神霊であるカラスが見守る。たくさんの貝の眠る水中から日と月のことわりを示すふたつの数表が現れることで人は暦を知り世界が始まる。


Usagil_3Usagir_3
波乗りウサギ


Kame_3Uma_2
数表「洛書」を背負ったカメ、数表「河図」を背負った龍の馬


Husuiyawa05
月鉾の構成図

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 ごはんを食べるとなぜ眠くなるのか

 食事中に体温が上がるのは風邪と似ている。眠くなるのは風邪と同じように免疫が関係しているのではないか。免疫は侵入した異物を排除し体内のバランスを保とうとする働きだ。食事によって血糖値が上がったときに自動的に免疫が働いてバランスを取ろうとするのだろう。もしそうでなければ食事のたびに糖尿病になってしまう。インシュリンの働きだけではなく、肝臓や腎臓も含めた血管系の臓器が総動員されて血液の浄化を行うのだろう。血行がよくなって体温が上がり、結果的に眠気をもよおす。あるいは体温を上げることで免疫を効きやすくするのかも知れない。


Gohan1306131 Gohan1306132 Gohan1306133
自宅「チーズオムレツ」「シャケごはん」有喜屋「親子丼セット」


<2013.06.13(木)>
朝体重76.80g、3日平均79.1kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ワカメスープ60
昼 チーズオムレツ120、野菜オイル蒸し120、五穀米235、シャケフレーク40、キュウリ浅漬け20、みそしる2杯120
晩 親子丼550、わんこそば120、漬物5、ファミチキ200、発泡酒270、ウイスキー232 [2,387kcal]
酒 発泡酒「キリン淡麗ダブル」(700ml×5.5%)+ウイスキー「サントリー角」(100ml×40%)=78.5ml
歩 10,567

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 消えた梅雨前線

 空が高くてまるで南の海にいるように気持ちが良い。高層の絹雲の下を中層の白い綿雲が横切っていく。ジリジリと肌を刺すような陽ざしだが日陰に入れば風がある。梅雨前線は消えた。もう梅雨は戻らないかもしれない。


Sora130614
2013.06.14/8:37、京都府向日市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

たぬきのダイエット日記 会社に行くとおなかが痛くなる

 先週月曜日に事務所協会の会議室で延々コピーをとっていたらおなかが痛くなった。きっと冷房のせいだったのだろうと考えた私は、今週はエアコンを停止し窓を全開にしてコピーをとっていたら、またおなかが痛くなった。なぜだろう。単に仕事が嫌なだけか。


Gohan1306121 Gohan1306122 Gohan1306123
ガレリア亀岡「おこわごはん、コロッケ」自宅「ゴーヤ炒め」「野菜のオリーブオイル蒸し」


<2013.06.12(水)>
朝体重79.30g、3日平均79.2kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ワカメスープ60
昼 おこわごはん300、コロッケ200
晩 ゴーヤ炒め220、野菜のオリーブオイル蒸し200、発泡酒404、ウイスキー278 [1,962kcal]
酒 発泡酒(1.050ml×5.5%)+ウイスキー「サントリー角」(120ml×40%)
歩 3,520

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 台風一過

 台風は梅雨前線を吹き散らせたあと自分も消えた。快晴の空は梅雨明けを思わせる。空は青くてきれいだけれど白い雲がないとワクワクしない。早くセミに鳴き始めてほしい。


Sora130613
2013.06.13/7:10、京都府向日市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

中村岳さんの作品かと思った 2

 中村岳さんの作品かと思った。そうではないことはすぐに分かったが、でもとてもよく似ている。新しく取り替えられたデッキ材と古いものとサビ具合が違う。継ぎ目の溶接部分に朱いサビ止め塗料が塗らたために、新旧まだらになっていることが強調されておもしろい。わたしは古いものにペンキが塗ってあると中村岳だと思うようだ。


Sumateppan
2013.06.01、兵庫県須磨海釣り公園


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェイスブックの「いいね!」の取り扱い

 フェイスブックには「いいね!」機能がある。ブログの「拍手」と同じものだ。変な言い方だと思っていたがすぐに慣れた。書き手を応援するつもりで押していたが、これが最近やり玉にあがっている。悪い内容、たとえば訃報や災害のエントリーに対して「いいね!」を押すのは良くないという。「いいね!」を押してはならないエントリーを見極めるのがフェイスブックを使う上での最低限のマナーだというのだ。

 たしかにその通りだが、正直言ってわたしはどうだっていいと思う。ネットは道ばたの落書き同然だと私は思っている。社会的な倫理観と無縁な落書きだからこそ書き込めることがあるのがネットのおもしろいところだ。だからネットは匿名性こそ命だろう。したがってフェイスブック登録者の多くが虚名で顔も出さないのはネットらしくて好ましいと私は思っている。

 ただし、私は写真つきの実名なのでそれほど自由になれない。マナー論は正論なので反論するつもりもない。ということで今後一切「いいね!」は押さないことにした。フェイスブックはツイッターよりもやりづらくなってきた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE 有頂天ホテル (2006)

 三谷幸喜はこれが初めてだ。ネタばれのない程度に感想をメモしておく。

 役者の無駄遣いだなぁというのが最初の感想だ。見ていくうちにコメディに合う役者とそうじゃない役者の2種類が混じっている気がしてきた。役所広司や松たか子は合わないほうではないか。このふたりがコントをしているとき、どこで笑えばいいのか戸惑ってしまう。それはわたしがツッコミ好きの関西人だからかも知れないが、結局この映画で1度も笑えなかった。ちなみに関西人のかみさんは1ヶ所大笑いしたそうだ。

 元になった「グランドホテル」は昔見たことがある。廃業する老舗ホテルの最後の1日を描いたオムニバス映画でコメディではない。事故が起きるシーンだけ覚えている。似たシーンはこの映画でも登場するが全然違う話になっている。

 セットが安っぽいのはどうしようもない。わざわざ旧館と断っておきながら三流結婚式場のようなエントランスホールしか出てこない。階段の手すり、シャンデリア、回転ドア、絨毯、壁紙など、せめて押さえてほしかった。これはヲタク的要望だ。

 さすが三谷幸喜だけあってプロットに破綻はない。幸せを呼ぶ人形やアヒルが話の節々に現れて筋をつないでいくところはおもしろい。この人の脚本は理詰めの感じがする。役所広司の副支配人が舞台監督の夢に破れた過去をもっていて、その彼がホテルを舞台としてまわりの人間たちの夢を取り戻す人生の演出家を演じている、というコンセプトもよくできている。ただ、コメディなのに1回も笑えなかったのが残念だ。

 アヒルのダブダブって声優の山寺宏一だと今知った。やっぱり役者の無駄遣いだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 腹泳ぎ

 腹筋や背筋が弱まると姿勢が悪くなるのだろう。ここ最近背中を丸めて歩いているのは社会の風圧に耐えているからではなく、単に運動不足なだけだ。さて、わたしはカエル泳ぎしかできない。クロールも覚えるためにまずビート板でバタ足の練習をしているがなぜか前に進まない。どうやら腹が水圧を受けているらしい。どうすればよいのか。


Gohan1306111 Gohan1306112
自宅「自家製鶏飯」こうちゃん「トロロ豆腐鍋」


<2013.06.11(火)>
朝体重79.40g、3日平均79.3kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ワカメスープ60
昼 自家製鶏飯(ごはん、鶏肉、ワカメ、チリメン山椒、鶏スープ)500、きゅうり浅漬け20、トマトとゆで玉子160
晩 おにぎり200、コロッケ200、枝豆80、トロロ豆腐汁120、ビール210、清酒189、ウイスキー278 [2,317kcal]
酒 ビール(600ml×5%)+清酒(180ml×15%)+ウイスキー「サントリー角」(120ml×40%)
歩 11,675

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 台風の空

 台風接近のせいか風があって涼しい。雲は東から西へ流れている。やはり雲のすきまから抜けるような青い空が見える。とてもきれいだ。


Sora130612
2013.06.12/7:57、京都府向日市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

逮捕しちゃうぞ the MOVIE (1999)

 「交渉人真下正義(2005)」で描かれた東京の地下鉄は線路巾の狭い狭軌と広い広軌が入り交じっている。新型車両はコンピューター制御によって車輪巾を自動的に調整し、その両方を自由に行き来できるという設定だった。映画ではそのようすを示す3D映像も挿入されてヲタクっぽさをアピールしている。このヲタクっぽいことが十河の脚本の一番の特徴だ。

 そこで分からないのは、巾の違う線路をどうやってつないでいるかだ。線路巾がだんだん狭くなったりするのだろうか。そんなわけはないだろう。もっとも肝心な設定であるのもかかわらず何の説明もない。設定がおかしいと言わざるを得ない。


かみさん ヲタクらしい感想だね。映画がヲタクを装いながら成りきれていない証拠かな。


 十河の脚本はアニメ「逮捕しちゃうぞthe MOVIE(1999年)」で可動橋のかちどき橋を開くといういかにもヲタク好みなシーンを描いて喝采をあびたが、実はあのシーンにも違和感をもった。何十年も動かしていない可動橋がスイッチを押しただけで開くとは思えないが、あっさり開いて拍子抜けした。楽しみにしていたシーンだけに正直がっかりした。

 断っておくが現実性の有無を問うているのではない。ウソで良いから、つじつまの合う説明がほしいだけだ。それが魔法によって行われたという説明であっても、映画の世界観の上で有効ならオッケーだ。むしろ、その設定の飛躍こそ映画のおもしろさだと思う。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 梅田換気塔を上から見ると

Umedakanki
2013.06.10、大阪市北区

 村野藤吾のデザインした換気塔を上から見るとこうなる。構造は蜘蛛の巣状に組まれたスペーストラスだったんだ。口を開いたイソギンチャクのように見えて、なんだかとてもおもしろい。スラリと伸びてきた筒の上部が最後にペラッと開いているのが効いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記 酒はやめるんです(フルメタ)

 体重が増えると皮膚のトラブルが起こる。今のわたしは日焼け跡が湿疹状態でかゆい。血中の脂分が多いと皮膚の自己修復作用をじゃまするのだろう。見た目も良くないのでなんとかしたい。そう思って昨夜はアルコールを控えたところ今朝はだいぶ良くなっている。アルコールは尿酸に変化するから、それも血中のバランスをくずすのかも知れない。


Gohan1306101 Gohan1306102
風景「焼き魚定食」なか卯「牛丼並」

<2013.06.10(月)>
朝体重78.90g、3日平均79.2kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ワカメスープ60
昼 ごはん235、みそしる60、冷や奴80、ポテトサラダ80、里芋とレンコンの炊き合わせ60、漬物5、玉子焼き80、さば塩焼き280
晩 牛丼並550、みそしる60 [1,910kcal]
酒 なし
歩 8,962

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 青い空を見るとうれしくなる

Sora1306111
2013.06.11/5:07、京都府向日市

 台風が来ているとは知らなかった。梅雨前線が北上しながら消滅しつつある。台風そのものは大きくないが天気図の変化は大きい。綿雲が低層を東から西へ駆け抜けていく。その切れ間から上層の雲が見える。朝日に輝く白いその雲のさらに切れ目から真っ青な空が見える。濃い青色の空を見るとうれしくなるのは私だけだろうか。気温は低めでさわやかなな朝である。


Sora1306112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

たぬきのダイエット日記

Gohan1306091 Gohan1306092
自宅「トマトとモッツァレラチーズ」「肉団子と野菜の煮物」」

 熱源はおまえだ
 室温が28度を超えるようになった。汗が図面にポタポタ落ちて濡れてしまう。トレーシングペーパーは濡れるとゴワゴワになるのでかなわない。室温を下げるために排熱量の大きい機器を探してみた。もっとも大きいと思っていた23型液晶モニターはすでに省エネ型で53キロワットしかない。パソコンは中古のバイオだが、これが平均59キロワット、最大で260キロワットと思っていたより少ない。ひょっとしてわたし自身が熱源になのではないかと思い、おののきながら計算してみた。1時間当たりの熱量を100キロカロリー、1キロワット=860キロワットとすると消費電力換算で0.12キロワット。けっこう省エネだった。


<2013.06.09(日)>
朝体重79.50g、3日平均79.0kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ワカメスープ60、豚汁80、半田麺小皿80
昼 トマトとモッツァレラチーズ160、陶板焼き小皿60、ざるそば400
晩 オクラ60、肉団子と野菜の煮物160、ごはん235、豚汁80、のり5、発泡酒539 [2,219kcal]
酒 発泡酒「キリン淡麗ダブル」(1,400ml×5.5%)=77.0ml
歩 測定せず

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora130610
2013.06.10/7:30、京都府向日市

 寝坊をしてしまった。それでも外はまだ少し寒い。風が冷たくて心地よい。空は曇っているが、高層に層雲があるだけで雨の気配はない。梅雨前線はまだ南洋海上に停滞している。沖縄のほうはずっと雨が降っているのではないか。もう少し前線が近ければここからも雨雲が見えるだろうが、今年はそれさえ見えない。空梅雨決定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

交渉人 真下正義 (2005)

 映画を観るという習慣が無くて気になりながら見逃してきた映画は多い。このたびツタヤディスカスのメンバーになったので、そんな昔の映画を観てみようと思う。で、最初に借りたのがこれ。申し上げにくいが期待していたのと少し違った。ネタバレにならない程度で感想をメモしておく。

 かみさんからあらすじを聞いたとき思い描いたのはふたつある。ひとつは司令所のディスプレイ、もうひとつは筋屋だ。この話は地下線内を謎の列車が走りまわるというもので、わたしは昔同じような話をラジオドラマで聴いたことがある。同様のモチーフはアニメ「機動警察パトレイバー the Movie」(1989)でも使われていたし、映画で象徴的に扱われるカラスもパトレイバーに出て来る。カラス好きの私としては不吉なものとしてカラスを扱う時点でアウトだ。

 それは良いとして、司令所に乗り込んだ交渉人が次第に信頼をかちえて外部秘の路線図を見せてもらうシーンがある。わたしは司令所の大型ディスプレイが切り替わるのかと思っていた。壁面いっぱいの大型ディスプレイが7色に明滅しながら切り替わるさまを想像して、それはさぞかし圧巻だろうと楽しみにしていた。しかし実際は小さな図面をテーブルに広げるだけだった。だいたいそんな小さな図面であるはずないだろうし、そもそもプロは図面を丸めないよね。

 筋屋とはダイヤグラムを引く専門職のことで、昔の国鉄マンには路線状況をすべて把握していて瞬時にダイヤグラムを書き換えことができたと聞いたことがある。コンピュータ制御の導入で過去のものとなっているらしい。わたしは司令所の目立たない警備のおじさんが実は定年退職した筋屋だったとかいう登場の仕方かと思っていたが残念ながらそうではなかった。筋屋が現在進行形のダイヤをどうやって引き替えるのか知りたかったが、そのシーンは無かった。犯人も相当の筋屋であるはずだから、そのシーンがないのはおかしいと思う。それと刑事のカンと犯人の緻密な計画性とを対置させているが、筋屋こそ緻密な計画性そのものでもあろう。そこのところにも違和感を覚えた。

 ほかにも説明のつかない設定や意味不明のシーンなどあったが、そんなことは映画につきものなのでそんなに気にしない。とりあえず上のふたつを楽しみにしていたのでそこのところさえ直してもらえればうれしい。


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おとくにの植物 セイタカアワダチソウ

Seitaka
2013.06.09、京都府向日市

 休耕田を占領したセイタカアワダチソウの新緑がきれいだ。ところどころ赤い雑草が混じるようすは屏風絵のように美しい。セイタカアワダチソウは北米原産で明治期に入ったらしい。園芸種だったとも言われるがよく分からない。爆発的に繁殖したのは高度成長期でその理由も不明だ。戦災復興期のアメリカからの救援物資に種がついていたとも言われ、そのことは線路沿いから繁殖の始まったこととも符号する。ただし大繁殖の時期はもう少し後であり、わたしは除草剤との関係をうたがったほうが良いのではないかとも思う。爆発的な繁殖は減反政策の始まったころでもあり農業政策が直接の引き金になったようにも見えて興味深い。

 強力な繁殖力から生態系を破壊する害草の代表のように言われるが、その実態は不明なところが多い。外来生物法でも特定外来種には指定されず、とりあえず要注意外来生物になっている。何が害になっているのかも分からないままイメージだけが先行するという変な状況に陥っておりセイタカアワダチソウも迷惑だろう。環境権運動のなかでちょうど大繁殖を始めたセイタカアワダチソウが生態系破壊の事例として取り上げやすかったのかも知れない。

 他草を寄せ付けない物質を分泌し王国を作ることは事実だが、それが長続きしないことも知られている。なぜ長続きしないのかは分かっていないが、ゆるやかに他の植物に土地をゆずりわたすらしい。生態系上のなんらかの役目があって、それが終わると去っていくようにも見える。生態学上も興味深い植物だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan130608
「すきやき」

 水泳と腹筋
 腹に力を入れろとかみさんに言われている。夏服で薄着になったとたん丸い腹が目立つようになったからだ。肥満だけではなく腹筋不足でそのような状態になるという。しかし常に腹に力を入れてもいられないので、適当な腹筋トレーニングはないかと検索したところ、やはり水泳が良いそうだ。水泳って万能だな。きょうも行っておかねば。


<2013.06.08(土)>
朝体重79.10g、3日平均78.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 鶏カツ弁当500
昼 ナスカレー600
晩 すき焼き600、ごはん235、ゴーヤサラダ60、発泡酒404 [2,399kcal]
酒 発泡酒「キリン淡麗ダブル」(1,050ml×5.5%)=57.75ml
歩 3,442

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora130609
2013.06.09/6:00、京都府向日市

 薄曇りだ。半袖だと少し寒い。日中30度を超える真夏日でありながら朝はさわやかだ。田の底へ太陽が沈み行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

ワークワークファンタジア(35)

(注)あらかじめストーリーを考えているように見えるかも知れないが、ほとんどアドリブである。あまり綿密なプロットは書けない。そこが弱点でもあり長所でもある。


 遠くで雷鳴のような音が響いたのを多くのものは聞き逃したろう。続いて地鳴りのようなゴーという音が近づいてきた。音は次第に大きくなり、口上を述べていた族長は言葉を飲んで左右を見回した。群衆も騒ぎをやめて不安気に空を見上げた。見上げた空はさきほどからと変わらぬよく晴れた初夏の青空だ。しかし強い風が宙をうならせるような音が確かに聞こえる。一瞬の静寂の後に一陣の風が吹いた。それがどこから吹いたのか誰も分からなかったが、巫女から同心円状に居合わせたものたちは吹き倒された。

 ようやく起き上がったものたちは異変を目にした。巫女と大巫だけが座ったままだったが、目の前でふたりの姿が変化していく。大巫は時間が逆に回るように若くなっていった。長い白髪はみるみる内に黒くなった。巫女も髪が伸び顔かたちも変わっていった。こちらは年齢が先へ進み大巫より多少年上になって止まった。衣装も新羅の大巫のものだ。巫女は新羅の女王になっていた。ふたりは姉妹のようによく似ていた。

 まわりのようすも変わっていた。祭殿は消え見渡すばかりの麦畑に黄金色の穂揺れていた。そこは丘の上の陣地で、祭殿にいた族長たちはみな軍装で巫女と大巫を取り囲み軍議のさなかだった。群衆たちはみな兵士の姿に変わりそれを見守っていた。

 軍議は千々に乱れていた。戦意は薄く責任のなすりつけが始まっていた。うつむいたまま聴いていた巫女が急に立ち上がりサッと手を上げたかと思うと天空から小さな雷が目の前に落ちた。こういうせっかちなところは巫女とそっくりだ。女王はにやっと笑って族長だちを見回した。

「いまこそ決戦の時じゃ。それが分からぬほどおぬしらはもうろくしたか」

 口の悪さも巫女と同じだった。

「お待ちください。それでは何もかも失ってしまいます」

 そういさめたのは大巫だった。りんと通る声だった。

「ご覧ください。この戦場で決戦をいどむなど考えられません。今はいったん退くしか方法はあり得ないでしょう。もうろくしたのは姉さんのほうじゃありませんか」

「ちっ」

 巫女は舌打ちすると大巫をにらみつけた。

「これほどの軍勢がそれほどすばやく退けると思うか、たわけものめ!」

 大巫も無言のまま巫女をにらみつけた。巫女のかたわらにいた将軍は眼下の情勢をざっと見た。丘のふもとに河原があり、対岸に敵陣がある。騎兵2000、歩兵1万2千、7つの兵団から成るようで、それぞれの司令部が幡をなびかせているのが見える。軍旗からそれは今は滅びた大伽耶の軍勢と分かる。敵はそれだけではなかった。対岸右の丘には高句麗の陣地があり、さらに左方の丘には百済軍が陣を敷いていた。ひるがえって自軍は辺境諸部族の混成軍らしい。軍備も兵装も敵軍より数段見劣りする。軍装がカラフルで派手なのと、やる気満々なのが取り柄だ。ワークワークと似ている。兵力はせいぜい5000、騎馬は500と言ったところか。

「絶対的に不利ですな」
「楽しそうだな」

 巫女は再びにやりと笑った。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月16日町家目利きツアー 定員20名

01_2
会場の四条京町家

 今回から連続講座を始める。目利きツアーをイベント型から町家塾へ成長させたいと考えたからだ。もちろん堅苦しい講義を考えているわけではない。楽しみながら受講生も講師もなにか感じたり考えたりすることができるものを目指している。連続講座として計画しているので、できるだけ通しで参加してもらえるとうれしい。

 若手大工の森さんは、前回せっかく用意しながら時間不足でできなかったカンナがけワークショップをしてくださる。木を削ることで木が身近になるような気がする。ワークショップが「知る」から「分かる」への橋渡しをしてくれるのではないか。

 左官の加藤さんは最近ひとり用おくどさんを考案した。これで炊いたごはんが滅法うまいらしい。おくどさんとはかまどのことだが、土と暮らしのこれほど分かりやすい関係はなかろう。岸野さんは、ひとりでこつこつと自邸の古民家を修理なさっている。セルフビルドでどこまでできるのかという体験をスライドで紹介してくださる予定だ。わたしは例によって会場周辺をぐるりと案内する。40分程度のコースを思案中である。

 詳細はこちら 京都府古民家再生協会


02_4


第1回町家目利きツアーの町歩き用レジュメ

第2回町家目利きツアーのようす

第2回町家目利きツアーの町歩きネットラジオ
(別窓でプレイヤーが開くまで少し時間がかかります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 かんぬき

Kannuki
2013.05.04、京都府八幡市男山八幡

 閂(かんぬき)さえも美しい。木と鉄の組み合わせ、朱赤と黒サビのコンビネーション、どれをとってもよくできてい。、3ヶ所の止め金具の端部をV字にカットしたのが全体を華麗な印象を作り出している。そのカット部分もよく見ると雲形にカーブしているのだ。この場合はエイジングもさりながら、行き届いたデザインが見ていて気持ち良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 鉄燈籠

01
2013.05.04、京都府八幡市男山八幡

 これがピカピカだったころも素敵だったろうが、輪郭も分からないほど錆びた今も美しい。年代は江戸時代のものだった。鉄燈籠は今まであまり気付かなかったが、この春に金戒光明寺でも見た。それもなかなかかわいい形をしていた(下写真)。鉄燈籠おもしろい。


02_3 03_2
(左)男山八幡宮 (右)金戒光明寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 汽車の標識

Kisya
2013.05.04、京都市伏見区

 まだ残っていたとは珍しい。なかなかかわいいデザインだ。汽車はあちこちから蒸気を噴くので生きているように見える。こんなのが通るなら踏切で待つのも悪くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 手押しポンプ

Tepsoponp
2013.06.06、京都市下京区

 よい具合に錆びて美しい。まちセンの向かい側の歩道にあった。河原町通の街路樹の際にある。いつからあるのか分からないが戦前からあるんだろうな。こうした街頭の井戸跡をときどき見るが、どういう使われ方をしていたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan130607
自宅「鶏肉の照り焼き」

 腹ヅツミ
 腹ヅツミを打つためには大きく息を吸い込んでおなかをふくらませると良い。立っているより横になったほうが良い。丸い小山のような腹をツヅミを打つ要領で手首のスナップを利かせて打つとポ~ンと鳴る。これは何が鳴っているのか分からないが澄んだ音がする。90キロ近くあったころは良く鳴ったが今はそうでもない。


<2013.06.07(金)>
朝体重78.40g、3日平均78.7kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ワカメスープ60
昼 おにぎり200、サンドイッチ400
夕 枝豆80、鶏カツ2本160、ビール105、清酒189
晩 水ナスの浅漬け30、鶏肉の照り焼き220、ゆでもやし10、ゴーヤ白和え120、豚汁80 [1,954kcal]
酒 ビール(300ml×5%)+清酒「黄桜」(180ml×15%)=42.0ml
歩 10,770

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora130608
2013.06.08/5:52、京都府向日市

 ペカッと晴れている。これもある意味「影のない世界」だな。梅雨前線は南洋海上にいるらしいが、ここからはそれらしきものは見えない。ムクドリのこどもたちも自分でエサを探すことができるようになったようで、以前ほどうるさくない。一陣の風が水田を吹きわたる。静かな朝である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

たぬきのダイエット日記

Gohan1306061 Gohan1306062 Gohan1306063
自宅「野菜のゼリー寄せ」「スープパスタ」「温野菜と鶏肉のニンニク炒め」

 眠りの効用
 体重は夜のあいだに1キロ下がる。これは水分が抜けている以外に考えようがない。人間は水分を調節することで体内成分の濃度を一定に保とうとしているように見える。睡眠時に肉体に何が起こっているのかよく分からないが、わたしは免疫機能が活性化しているのではないかと思う。血中や粘膜系の水分を調節することで、夜のあいだにウイルス類を排除しているわけだ。これと同じことが精神にも起こっているような気がする。精神も自立神経的な部分があって、夜ごとに自動修復しているのではないか。だから睡眠は心身ともに重要なわけだ。

<2013.06.06(木)>
朝体重78.20g、3日平均79.1kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ワカメスープ60
昼 野菜のゼリー寄せ80、半田麺の生醤油がけ360、チャーハン小皿200
晩 スープパスタ320、温野菜と鶏肉のニンニク炒め280、発泡酒270 [1,870kcal]
酒 発泡酒「キリン淡麗ダブル」(700ml×5.5%)=38.5ml
歩 6,401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora130607
2013.06.07/5:58、京都府向日市

 よく晴れている。風もなく穏やかな朝だ。今朝はアマサギの群れが田んぼに入っているのと出会った。アマサギは頭が飴色だ。アメイロのサギだからアマサギというのだろうか。稲は少し伸びて水鏡を覆いつつある。鏡の国の楽しみもあとわずかだ。夏至が近づく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

建築たぬき 新作

Zumen130605
2013.06.05

 モクサンマチヤ第2号を考案中だ。わたしはいつも構造家とインテリアコーディネーターのふたりとチームたぬきを組んで仕事をする。だからわたしの考える部分は全体のとりまとめだけという気楽さだ。こうやって試案を重ねているときが一番楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 夜汽車の鏡像

01
2013.06.04

 田植えのために水の張られた田んぼに夜汽車の車窓が映ってとても美しい。2筋の光の列が滑るように流れるようすは、まるで汽車が宇宙を飛んでいるかのように見える。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」はきっとこの景色から発想したに違いない。稲が育って水面を覆い尽くしてしまうまでの少しの間だけの楽しみだ。


02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1306051 Gohan1306052 Gohan1306053
自宅「挽肉とゴーヤの炒め物」「野菜のゼラチン寄せ」「メバルのアクアパッツァ」

 タヌキの腹ヅツミ
 タヌキと言えば大きなおなかで腹ヅツミを打つイメージが行き渡っているが、本当のタヌキはおなかが大きいわけでもないし、もちろん腹ヅツミも打たない。どこでこのイメージができたのだろう。ひょっとすると童謡「証城寺のたぬきばやし」が発端だろうか。大正時代の作品でモデルとなった証誠寺は千葉県木更津市にあるそうだ。わたしがタヌキを名乗っているのには理由があって、このイメージを借りようとしたわけではない。しかし今となってはイメージ通りとなってしまい、腹ヅツミも打とうと思えば打てる。


<2013.06.05(水)>
朝体重79.60g、3日平均79.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ワカメスープ60、黒酢スープ60
昼 挽肉とゴーヤの炒め物のレタス包み240、鶏ごはんの黒酢スープかけ320
晩 野菜のゼラチン寄せ120、メバル2尾のアクアパッツァ450、発泡酒404 [1,954kcal]
酒 発泡酒「キリン淡麗ダブル」(1,050ml×5.5%)=57.75ml
歩 測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora130606
2013.06.06/8:20、京都府向日市

 うすぼんやりとした天気だ。京都盆地一帯に薄い霧が出ていて、まわりの山並みが青くかすんでいる。霧の薄い真上方向が心なし青いが、それもはっきりとは分からない。地面に影が出ず、ものの立体感が失われて平板な景色になっている。うすぼんやりとして平板な日常を送るのも悪くないなと思う朝だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワークワークファンタジア(34)

 新羅楽は止んでいた。河原に面して祭殿があり巫女たち一行はその前にいた。小さな龍は消えていた。群衆は伝説の大巫を見ようと祭殿のまわりに集まりざわめいていた。新羅の儀仗兵の案内で巫女たちは祭殿のなかへ入った。

 祭殿は相当大きな高床式の建物で四方が開け放ちになっており、祭殿というより舞殿と呼んだほうが良いかも知れない。群衆からは巫女が中央正面に座ったのがよく見えた。出迎えた族長たちの中央に月城の大巫が輿で運ばれて据えられた。かなりの高齢者で耳が遠いらしく王子の口上に対応するのは両脇の女官たちだった、

 新羅は部族連合だったが、戦時には大巫が女王となり若い軍指揮官とペアで危機を管理する。当時の地域紛争が多分に呪術合戦のようなものだったことを反映したシステムだった。これは易に言う「地山謙(ちざんけん)」の関係で、地は大地の女神、山は少年を意味する。つまり軍神である女神に愛された少年が戦を勝利に導くという信仰である。

 魏志倭人伝の倭国が女王国で政務はその弟が摂ったという記事も同じことだとわたしは考えている。後の推古天皇と聖徳太子の関係や、武家のシンボルである牛若丸が少年であることも同じ意味だろう。今、戦時体制にある新羅の王子を守護しているのはこの高齢の大巫というわけだ。

 巫女はしばらく新羅楽の余韻にひたっていたが、次第に覚めてきて長い口上にうんざりしてきた。祭殿を囲む群衆は巫女に好奇の目を向けがやがやとうるさい。巫女の前で平伏する族長のあいさつを巫女は聞いていなかった。ただ目の前にいる老婆が気になってチラチラ見ていた。新羅の大巫は朱い衣を着せられてひときわ目立っていながら、ほとんど身動きもせず彫像のように押し黙っていた。

 しかしよく見るとさきほどから何かをつぶやいているようだ。そのことに誰も気付いておらず、歓迎のセレモニーは機械的に進んでいた。取り囲む群衆の騒ぎはさらに大きくなり、祭殿での口上のやりとりさえ聞き取りにくくなっていた。そのとき巫女にだけ大巫の言葉がはっきりと聞こえた。

 ホントウハ、ドウスレバ、ヨカッタノデスカ


 このままでは巫女が嫌がり始めるだろうと思った将軍と女官が左右から彼女を見た。そして彼女のただならぬ様子に驚いた。目は見開かれて何ものも見ず、身体が小刻みに震えている。このとき巫女に新羅の女王の神霊が降りた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

グルメットたぬき 三条パクチー

 04_2
チャーハン

 細長いタイ米のチャーハンだ。さっぱりした塩味でうまい。食卓のナンプラーやチリソースなどで味を変えて楽しむこともできる。ナンプラーは魚醤(ぎょしょう)のことで、魚から作った醤油のことだ。香りが強いので苦手な人も多いが独特のコクがあってわたしは好きだ。

 パクチーとはコリンアンダーのことでヨモギを強力にしたような香草だ。独特の清涼感がありタイ料理にはつきものだ。これも苦手な人が多いが私は大好きだ。ここは店の名の通りパクチーを存分に使っている。
 

01 02 03
生春巻き、青パパイヤのサラダ、ハーブ風味の鶏唐揚げ

 細切りパパイヤのサラダというのを初めて食べた。写真のモヤシのように見えるのがそれで、酢と唐辛子で味付けしている。パパイヤは切り干し大根のような食感だった。さっぱりしておいしい。


05 06
挽肉炒め、玉子焼き

 挽肉炒めはこのままでは辛い。えびせん(写真右の左端)を頼んで、それに載せていただいた。玉子焼きは大きくておなかいっぱいになった。

 この店は屋台のような店作りで、それが店員さんのアットホームな応対とよく似合っている。バンコクへ行ってもこんな感じなのだろう。おもしろい店なので何度も行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グルメットたぬき シャムのイスラムカレー

Gohan1306045curry
2013.06.04、京都市円町交差点西へ

 ランチは4種のカレーからひとつを選ぶ。イスラムカレーはそのひとつだが私は初めて食べた。ココナッツの甘みがあってピリッと辛い。カボチャなどの野菜がホクホクと煮込まれていてうまい。ごはんには「ジャスミンライス」という少し小さくて長いタイの香り米が混ぜてありカレーとよくなじむ。添え物のキャベツの酢漬けもおいしかった。


 食べログ シャム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1306041 Gohan1306042 Gohan1306043
自宅「黒酢スープ」「ゴーヤ白和え」「玉子チャーハン」

 睡眠
 肥満と飲酒により無呼吸症候群におちいっている。無呼吸症候群の最大のデメリットは睡眠障害だろう。昼間も眠いと口癖のように言うのはそのせいだったわけだ。際限なく昼寝をするのも睡眠が足りていない証拠だ。なんとなく気分がネガティブなのも元からの性格もあるが半分くらいは睡眠不足が原因かもしれない。とりあえず減量と水泳とを続けなさい。


<2013.06.04(火)>
朝体重79.50g、3日平均79.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、レトルトカレー240、サンドイッチ200
昼 サラダ60、ごはん235、カレー200、ナスビ挽肉炒め240、キャベツのピクルス5
晩 黒酢スープ2杯120、ゴーヤ白和え180、玉子チャーハン450、清酒105、ウイスキー418  [2,623kcal]
酒 ウイスキー「サントリー角」(180ml×40%)+清酒「越後鶴亀(本醸造)」(100ml×15%)=87.0ml
歩 5,666

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora130605
2013.06.05/6:05、京都府向日市

 ブーンというディーゼルのような音が聞こえる。JRの操車場か三菱の工場だろう。いずれにしても西よりの風が吹いているわけだ。少し肌寒い。中層に広がる「雲はそれなりに厚い。田植えはまだ続いている。朝早くから農家の方が集まり始めている。田植機が無かったころはどんなようすだったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

ワークワークファンタジア(33)

 金城は塩の交易地だった。朝鮮半島の製塩地帯は主に黄海に面した西海岸に展開しており、そこで作られた塩が山間部や東海岸へ供給された。ここは半島の東西海岸をつなぐもっとも低い分水嶺だったので早くから交易場として開けたのだ。それは製塩地帯の伊勢への道をおさえた飛鳥とよく似ている。かつては晋の楽浪郡や大帯郡に同様の市があったが、高句麗が台頭し両郡が併合された後はここが唯一の平和な交易場としてにぎわっていた。

 バザールは月2回、月城ほとりの河原で開かれた。それはワークワークの市場と同じだ。天を祀る市の巫女が祭祀を行い、供え物としての塩・布・米が払い下げられて通貨となった。年間24度の市は24節季の祭りでもあった。バザールは6つの氏族の共同管理下にあり特定の支配者がいたわけではない。それもワークワークと同じだ。プリミティブな部族社会はゆるやかな連合体の形式をとることが多い。

 交易されるのは百済の塩、米、絹・麻布・そのほかの織布、伽耶の鉄、そのほかの鉱物や染料、北方の馬や皮革製品、干した魚介類・魚醤・発酵食品などの食料品のほか、呪的な装身具、工芸品などあらゆるものが揃った。塩は小さな三角錐に濃縮されていて、海藻を焼いて作るので黒い。これが当時の極東アジアの通貨だった。

 巫女が金城に入ったのは卯の花の咲き乱れる初夏だった。ちょうど市の立つ朝で、荷を載せた小さな帆船が次々と遡上してくる。外国人の姿も見える。河原はバザールの設営で騒然となっていたが、巫女たちのパレードがそのただ中へ入ると、潮が引くようにすっと道が開いた。そこへ居合わせた者たち全員が、小さな龍をまとわりつかせた馬上の巫女がほほえみながら進むのをうっとりと眺めた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan130602 Gohan130603
自宅「サバみりん干し」拉麺さわらぎ「ラーメン唐揚げセット」

 泳ぐタヌキ
 プールを1ヶ月ぶりに再開した。200メートル泳いでヘロヘロになったので水中歩きコースへ移って歩いてみた。宇宙遊泳みたいでおもしろいな。これからは歩いても良いことにしよう。現在トータルで1800メートル。めざせ1万メートル。


<2013.06.03(月)>
朝体重79.35g、3日平均79.3kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ワカメスープ60、サンドイッチ200
昼 醤油ラーメン450、唐揚げ3個240、キャベツ千切り20、ごはん小180
晩 枝豆80、空豆塩ゆで80、おでん(豆腐80、厚揚げ80、コンニャク20)、ナス田楽80、ビール210
、清酒378 [2,458kcal]
酒 ビール(600ml×5%)+清酒(360ml×15%)=84.0ml
歩 11,518

<2013.06.02(日)>
朝体重79.80g、3日平均79.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ワカメスープ60
昼 サバみりん干し220、にゅうめん280、イカとネギの炒め物80、ニンジンの酢和え30
晩 生春巻き1本半分160、マンゴーサラダ80、鶏ハーブ唐揚げ3個240、パクチーチャーハン200、挽肉のピリ辛炒め180、えびせん120、パクチー入り玉子焼き120、ビール210、清酒189 [2,469kcal]
酒 ビール(600ml×5%)+清酒「越後鶴亀(本醸造)」(180ml×15%)=57.0ml
歩 10,590

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora130604
2013.06.04/6:21、京都府向日市

 きょうはよく晴れているので水鏡がはっきりしている。稲が少し伸びたため鏡像が緑がかって見えるのもおもしろい。風は吹いていないが空気はひんやりとしている。ツバメたちがたんぼで遊んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

京都の朝空

Sora130603
2013.06.03/7:31、京都府向日市

 薄曇りだ。涼しい風が水田の上を吹き抜ける。夜はあれほど鳴いていたカエルの声がしない。昼間は寝ているのか。このところ田へ水を引くため小畑川が干上がっているので、サギやカモたちも田んぼのほうへ移動しているらしい。稲が延びて水鳥たちの背を隠すころアマサギの群れがやってくる。夏が深まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

建築探偵の写真帳 京都商工会議所玄関ホールの十二支

01_3
2013.05.31

 今喫茶コーナーになっている玄関ホールにモザイクタイルがあることは知っていたがデザインが奇抜なので後補であろうと見くびっていた。よく見るとモザイクと石張りの境目に手を加えた跡はなく床仕上げと同時にモザイクタイルが貼られたことが分かる。さらに絵柄は星座十二宮であろうと勝手に思い込んでいたがよく見ると十二支じゃないか。と2度びっくりした。

 実際のデザインもしかるべき方だろうが、商工会議所の玄関ホールに十二支を配することを提案したのは建築家の富家宏泰だったかも知れない。ここにこれがあることの意味があるはずだし、それは建築全体に関わるものであろうから、提案できるのは建築家しかいないではないか。


02_2 03_3 04_2

 まんなかの丸いのは太陽だろう(写真右)。8本の光条は八卦を示すのかもしれない。四神相応とうたわれた平安京を連想させる。十二支とは方位に従った正しい空間構成と豊かでおだやかな時間の巡行を意味する。このモザイクにもそうした願いがこめられているように見える。


06_2
2012.07.05

 そう思って改めて見渡してみると、風変わりな天井照明も宇宙の星々をイメージしているように見える。床が古代の宇宙観で天井が現代のそれであるわけだ。歴史と未来との出合いこそこのホールのテーマなのではないか。


05_2

 床はトラバーチンのような大理石だ。目地にも同じ石の破片を混ぜて研ぎ出しているように見える。丁寧な仕事ぶりだ。

 
関連記事
建築探偵の写真帳 京都商工会議所の階段
建築探偵の写真帳 武田五一の柱

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣りたぬき 須磨海釣り公園

01
2013.06.01

 ボウズだった。8時から6時まで入園していたが、まわりでは小型のガシラや小型のタイがポツポツ釣れる程度だった。良型のスズキがあがっていたのでまったくダメというわけでもない。入園者が常時100名程度と少なめなのは貧しい釣果を見越したためか、梅雨入りで親子連れが少なかったせいか。5時過ぎから雨が降り出したので納竿とした。


02

 まあフグが釣れたので良かった。3匹釣れたが20センチほどあって今まで見たフグよりデカイ。こいつはコモンフグで、大きな白い斑点が着物の小紋に似ているのでこの名前がある。これまでクサフグと思っていたやつのなかにもコモンフグが混じっている気がする。釣り台でさばいている人がいたがクサフグ同様猛毒である。


04

 ウイスキーを飲みながら潮風に吹かれていると竿を握ったまま眠ってしまった。楽しさは時間と肉体とが一致しないと感じることのできない感情だと思うが、眠りは時間と肉体の分離だ。時間に追いついたのだが、あまりに退屈で楽しさを感じる前に肉体が時間から離脱してしまったようだ。竿が震えるので目が覚めて引き上げるとまたフグだった。


03_2

 垂れ込めた雲が変な具合に光っている。何かが出てきそうに思って目をこらしてみたりした。影の出ないこんな日は白昼であっても何かが出るような気がする。なにも釣れないので、ウイスキーを飲みながらそんな妄想をして楽しんだ。釣れたほうがいいに決まっているが、こうしている自分だけの時間も楽しいではないか。
 

05 06 07

 水面を大きなエイが見えた。ひるがえった翼の白さだけが見える。大型のスズキの群れが行くのも見えた。砂浜の岸に近いところにはジャコがたくさんいた。夕方になると沖合に水鳥が鳴き交わしながら集まって魚を捕っていた。空中でホバリングした後ダイビングする。あの下にはイワシか豆アジの群れがいるのだろう。和歌山で釣りをした後なので、ここの水質の悪さがよく分かる。それでもこの海峡にはたくさんの生き物が棲んでいるわけだ。6月中にもう一度行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1306011 Gohan1306012
「自家製山椒おにぎり」須磨海釣り公園「カツ丼」

 80キロ目前
 体重が危険水域に入った。体重ノートをめくると5月14日(火)から増え始めている。5月は自分の設計のほかに頼まれ仕事や耐震診断が重なってバタバタした。運動不足で増加傾向だったところへ外食が続いて一気に増加に転じたようだ。食べて気を紛らわせるパターンというのはダメだな。とりあえずきょうはプールへ行きなさい。焼き石に水かも知れないが何かやっているということは大事だ。


<2013.06.01(土)>
朝体重78.85g、3日平均79.3kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 おにぎり小2個360、魚肉ソーセージ153
昼 カツ丼600、ビール175、ウイスキー418
夕 どんべい天ぷらソバ473
晩 カレー丼550 [2,729kcal]
酒 ビール(500ml×5%)+ウイスキー「サントリー角」(180ml×40%)=97.0ml
歩 6,921

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora130602
2013.06.02/6:24、京都府向日市

 曇っているが雲は薄い。中層まで上昇した雲の下を多少のはぐれ雲が流れていく。朝からムクドリ、ヒバリ、ケリがやかましく鳴いている。ムクドリはこどもがエサをねだる声、ヒバリは縄張り鳴き、ケリは編隊を組み鳴きながらエサ場へ向かう。それらが一緒くたになるものだから朝からにぎやかだ。田んぼの水鏡が美しい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

たぬきのダイエット日記

Gohan130531
きらら(四条烏丸)「トンカツ定食」

 おふくろの味「肉ジャガ」 最終話
 肉ジャガの話をずっと書いていたらトンカツが食べたくなった。ブタはわたしだ。


<2013.05.31(金)>
朝体重79.55g、3日平均78.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 パエリア320、ワカメスープ玉子入り140
昼 トンカツ420、ごはん235、みそしる60、漬物10、切り干し大根40、ピーマンの醤油煮60、サラダ60
晩 回鍋肉474、ギョウザ346、ビール368  [2,533kcal]
酒 ビール(1,050ml×5%)=52.5ml
歩 11,740

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »