2013年4月 9日 (火)

緑色岩の露頭

Saikaiwa01
2013.03.31、和歌山市雑賀崎

 海釣り公園のまわり全体がこんな感じの岩山だ。これがどの程度の範囲にあるのか知らないが、和歌浦全体がこんな感じだとすれば、これが龍脈なのだろう。いかにもそんな表情をしている。地質学的にこれが何なのか知らないが易経的にはこれは四緑木星の風なのだろう。入り組んだ和歌浦の地形は「風」のなにものにもなじむ性質をよく表している。

 方角的にも奈良から見て南西なので先天図通りだ。聖武天皇がここを訪れたのだから、当時最大級の龍穴のひとつであると考えられていたことに間違いない。東照宮もあるので聖地の書き換えがひんぱんに行われたのだろう。そもそも和歌浦の「わか」は生命誕生の「若」を示す。ここが木気の龍穴であることに相応しいと言える。和歌浦はまだ歩いたことがないので、これから少しずつ巡ってみたい。


Saikaiwa02

|

陰陽五行説」カテゴリの記事

たぬきのまちさがし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑色岩の露頭: