2012年12月28日 (金)

建築探偵の写真帳 山内ビルの擬石ブロック

01

 建築家の木村正宏さんが山内ビルを紹介していたのに便乗してアップする(参照)。このビルのアーチはご覧のように石ではなく成形モルタル(擬石ブロック)なのだ。わたしはずっと石だと思い込んでいた。タイルがおもしろいので近寄ってみたのだが、そのとき初めて気がついてたいへん驚いた。このころの大阪の左官技術はすばらしい。


02

 ちなみにタイルはこんな感じ。レンガのように針金で切断したものだ。いい色に焼かれていて、レンガ状のテクスチャーが少し陰を加えるので建物の表情に深みを与えている。


03 04
2011.06.29、大阪市西区土佐堀


|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/56409307

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 山内ビルの擬石ブロック: