2012年11月 4日 (日)

建築探偵の写真帳 京大大学院農学研究科附属農場

0101
2012.11.03、大阪府高槻市

 オープンファームへ行ってきた。もちろん大倉三郎の作品を見るためだ。毎年やっているのかと思ったら今年が初めてだそうだ。農場は来年度には引っ越す予定で、この周辺は再開発が決まっている。大倉の作品も見納めというわけだ。


0102_3 0103

 驚いたのは馬車を走らせていたこと。NPO馬力学会というのがやっているらしい。馬力の時代を復活させたいというNPOでアナクロなところが素敵だ。脚の大きな道産子みたいなかわいらしい馬だった。おとなしいやつだったが、みんなが写真を撮るのでキョロキョロして、それもまたかわいかった。


0104 0105 0106

 この建物の見せ場はやはり玄関庇だ。木の組み方が農学部の旧演習林事務所と同じだが、スパニッシュ模様の彫り方が違う。作り手が異なるのだろう。ちなみに隣接する大阪医科大学には旧演習林事務所とうりふたつの教室が残っている(日記2010.03.26既報)。

 側面に模様を入れるのは旧演習林事務所には無い。斜材には四角い穴模様だが、水平材はユリの花模様になっていた。


0107 0108

 左は背面、右は東側面だ。複雑そうに見えて結構シンプルな屋根だ。なるほどなぁ、こんな風に変化をつければいいのかと勉強になった。(つづく)

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます。お馬さんかわいかったです。足のひざから下がおっきくてぽっこりぽっこり歩いてました。あれはイベント用のプロ馬だったのではないでしょうか。名前は何というのでしょうか。

投稿: つきたぬ | 2012年11月11日 (日) 06時25分

 こんばんは。久しぶりです。農場のオープンファームは所要(白浜へ行っていた。)で、行けませんでした。
 開発はどうなるのかな。高槻インターの工事もすごいことになってます。。
 馬車ですが、私が小学生の頃、医大の方が街中を乗馬して歩いてました。今思うとビックリですが。
 残っているヴォーリズの旧校舎の斜め前辺りで飼ってたんです。のどかだったですね。えらい昔のことですが。。

投稿: sakitaka | 2012年11月10日 (土) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/56040599

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 京大大学院農学研究科附属農場: