« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209281 Gohan1209282
「自家製弁当」あまの「エビ天入り味噌煮込みうどん」

 眠いとき
 眠りは免疫力を高めると思う。眠気を感じているとき体温が上がるのは白血球を活性化しているのではないか。飲酒で眠くなるのも同じで、血中の急激なアルコール分の上昇をウイルスの攻撃と同様の危機と識別するのかも知れない。


<2012.09.28(金)>
朝体重77.55kg、3日平均77.1kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ポタージュスープ80、ぼんち揚げ150
昼 ごはん235、かぼちゃ40、おくらアスパラ30、かにかま30、うめぼし20、鶏肉60、焼きシャケ80、みそしる120
晩 エビ天入り味噌煮込みうどん810、焼きチョコ200、ビール175 [2,330kcal]
酒 ビール(500ml×5%)=25.0ml
歩 7,420

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おとくにの野鳥 モズ

Mozu120929
2012.09.29、京都府向日市

 最近領有鳴きを始めたのがこいつだ。わたしが散歩していると様子を見にやってきた。やっぱりモズは好奇心の強い鳥だ。驚いたことにこいつは女の子だった。通常縄張りをするのはオスであって、まれにメスも縄張りをするとされている。以前にもこのへんでメスの縄張りがあったから、そう「まれ」でも無いのかも知れない。こいつは毎日少しづつ鳴き方がうまくなっている。そのうち美しい求愛のさえずりを聴かせてくれるだろうか。女の子だからそれは望めないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120929
2012.09.29/5:49、京都府向日市

 台風が沖縄地方を縦断している。関西はさほどでもない。曇ってはいるが台風が近づいているようには見えない。昔に人は急にやってくる嵐を何だと思ったのだろう。ギョロ(ムクドリのこと)の群れが数百羽に増えていた。こいつらは異常を感知しているのかも知れない。モズが領有鳴きをしていた。こいつは通常運転だな。おはよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209261 Gohan1209262 Gohan1209271
自宅「きのこのオリーブオイル炒め、鶏肉のにんにく醤油煮」ローソン「もつ鍋」

 串カツ2本売り制
 「百々(もも)」では値段表の脇に「2本からお願いします」と書かれている。たとえばタマネギとレンコンを求めればそれぞれ2本づつ出て来る。でも値段表は1本の単価が書かれているのだ。どうやら昔からそうやっているらしい。こういう2本売り制は昔は普通だったのだろうか。

 一方、初音の値段表は2本当たりで書かれている。2本づつ出て来ると思って注文したら違った。

たぬき 串カツお願い、タマネギとレンコンで
店 員 1本づつですか
たぬき うん、、、へ?

 それなら値段を1本づつ書けば良いではないか。昔はここも2本売り制だったのが、近年1本売りに変わって、値段表だけそのままだというのだろうか。謎深い。


Gohan1209272 Gohan1209273 Gohan1209274
自宅「野菜の前菜、水カレイの煮付け、豆ごはん」


<2012.09.27(木)>
朝体重76.40kg、3日平均77.1kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 ごはん235、生玉子80、ポタージュスープ80
昼 もつ鍋350、ごはん235
晩 キュウリとカニかまぼこ80、カボチャ煮付けとアスパラ30、ミニトマト40、シシトウとオクラ40、水カレイの煮付け2切れ240、豆ごはん235、とろろ昆布の吸い物60、発泡酒196 [1,901kcal]
酒 発泡酒「金のオフ」(700ml×4%)=28.0ml
歩 測定せず

<2012.09.26(水)>
朝体重77.40kg、3日平均77.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 パエリア400
昼 サンドイッチ240、ファミチキ240
晩 きのこのオリーブオイル炒め60、カボチャ煮付け60、高野豆腐とシイタケの煮付け60、ニンジンの砂糖煮40、鶏肉のニンニク醤油煮220、ミニトマトとカイワレのサラダ80、ウイスキー696 [2,235kcal]
酒 ウイスキー「角」(360ml×40%)=144.0ml
歩 8,288

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120928
2012.09.28/5:53、京都府向日市

 どちらを向いても雲がほとんどない。よく晴れ上がって青い宇宙が直接見えている。数日前からモズが領有鳴きを始めた。庭先に来てギチギチとうるさい。鳴き方が下手なので今年生まれたばかりの子供だろう。今朝も電線で鳴いていたがカメラを向けると逃げていった。モズは好奇心の強い鳥で人間のようすを伺いに来たりするが、こいつはまだ人が苦手らしい。モズはどうやって季節を知るのだろう。日が昇る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209251 Gohan1209252
自宅「親子丼」たつみ「串カツ」

 あやしい接客語
 「こちらチンゲンサイのクリーム煮になります。」と言うのはどこか構文的におかしい。「クリーム煮です。」で良いのではないか。丁寧に言いたいのなら「クリーム煮でございます」が正しい。

 「ご注文は以上でよろしかったですか。」というのも問題がある。「よろしかった」と過去形にする必要がなく「よろしいですか。」で良い。ただし「よろしい」は目上の使う言葉だからここで使うのはそもそもおかしい。丁寧に言いたいのなら「以上でございますか。」、執事風なら「これでよろしゅうございますか。」が正しい。

 「お持ち帰りですか。」というのもおかしい。こう言われて思わず「お持ち帰りです。」と答えるとおかしさが倍増する。「お客さまですか。」と尋ねられて「お客さまです。」と答えるのと同じだ。そもそも「ですか」を付ける名詞に「お」は付けない。「これはあなたの帽子ですか。」 これで良い。「これはあなたのお帽子ですか。」となると間抜けに聞こえるだろ。「はい。わたしのお帽子です。」と続けてさらにややこしくなる。わたしは最終的に敬語は無くなればよいと思うよ。


Gohan1209241 Gohan1209242 Gohan1209243
自宅「ざるそば」「お煮染め」「チンゲンサイのクリーム煮」

<2012.09.25(火)>
朝体重77.45kg、3日平均77.8.kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、みそしる2杯120
昼 親子丼550、お吸い物2杯80
晩 枝豆80、串カツ300、ポテトサラダ80、ビール222 [1,732kcal]
酒 ビール(633ml×5%)=31.7ml
歩 9.940

<2012.09.24(月)>
朝体重77.650kg、3日平均78.1.kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130
間 チャーハン小皿220
昼 ざるそば450、高野豆腐80、かぼちゃ煮物60、にんじん砂糖煮40、ゴーヤチャンプルー小皿60
晩 こんにゃく田楽80、かぼちゃ煮物60、玉子豆腐80、チンゲンサイのクリーム煮120、納豆小80、発泡酒294 [1,924kcal]
酒 発泡酒「金のオフ」(1,050ml×4%)=42.0ml
歩 測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120926
2012.09.26/6:55、京都府向日市

 涼しい。この涼しさを夏のわたしに教えてあげたい。雲ひとつない快晴だ。稲穂に朝露が鈴なりになって銀河のように光っている。空は湿気を含んで多少白い。雲の生まれる直前なのだろう。上空で目に見えない大量の水があふれだそうとしている。その気配を感じているように黄金色の稲穂が揺れている。植物は天気をどうやって知るのだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

京都の朝空

Sora120925
2012.09.25/6:09、京都府向日市(23℃、58%)

 京都盆地の東、鈴鹿山脈あたりの上空に南南西から北北東へかけて雲の切れ目が一直線にある。そこから東は曇りで西は快晴だ。天気図を見ても該当する前線はない。もっと一時的な現象なのかも知れない。ほかには丹後半島・大江山方向に2本の積乱雲が立っていた。今朝は涼しいというより肌寒かった。鳥はいなかったがイタチを見かけた。忙しそうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209231 Gohan1209232 Gohan1209233
自宅「こんにゃく田楽、お煮染め、ゴーヤチャンプルー」

 「理解される」と「好かれる」は違う。「理解されていないが好かれている」と「好かれていないが理解されている」のどちらがいいだろうか。


<2012.09.23(日)>
朝体重78.15kg、3日平均78.1.kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 ごはん235、生玉子80、ナスビと鶏肉の煮物80
昼 カレーパン350
夕 ファミチキ240、マグロぶつ80、枝豆80、ビール10、チョコレート200
晩 こんにゃく田楽80、お煮染め120、ゴーヤチャンプルー240、清酒378 [2,268kcal]
酒 ビール(300ml×5%)+清酒「月」(360ml×15%)=69.0ml
歩 13,938

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120924
2012.09.24/5:59、京都府向日市

 よく晴れている。丹波高原上空の雲がものすごい早さで南へすっとんでいく。地上は微風だが上空は強い風が吹いているらしい。夜のあいだに雨が降ったようで地面が濡れている。空気がひんやりと冷えている。北に巨大な積雲の壁が立っている。京都府と福井県の県境あたりだろう。ほかの三方は晴れているのにそこだけ雲がわき上がっている。日本海側は雨だろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209221 Gohan1209222 Gohan1209223
オリーブキッチン(滋賀県守山市)「サラダ、パスタ」王将「ギョウザ」

 新しい万歩計を買ってきた。ズボンのポケットについ入れたまま洗濯されたところ歩数が伸びるという異常を来したの買い換えた。今年に入ってから2回目である。もう1回ぐらいしそう。


<2012.09.22(日)>
朝体重78.35kg、3日平均77.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ごはん小180
昼 サラダ120、パスタ400、ピザ320
晩 ギョウザ346、ビール222、清酒210 [2,098kcal]
酒 ビール(633ml×5%)+清酒「月」(200ml×15%)=40.0ml
歩 故障中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おとくにの動物 ツチガエル

Tutigaeru
2012.09.19、京都府向日市

 体長3センチくらい。完全な光学迷彩だ。わたしは軍曹と呼んでいる。良く見るとアマガエルと同様後ろ脚にゲートルのような縞模様がある。目の上にもちゃんと縞があってゴーグルみたいだ。いったいどんな作戦行動中なのだろうか。そういえば宮沢賢治の話で地図を作っているのはカエルだったか? それともアリだったか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おとくにの動物 アマガエル

Amagaeru
2012.09.22、京都府向日市

 自転車を出そうとしたら跳んで出てきて、そのままカゴの端でじっとしている。逃げるかどうするか考え中らしい。カメラをそっと近づけて撮ってやった。こいつらは庭で冬越しするので秋になるとたんぼからこっちへ帰ってくる。体長3センチでおなかがプックリふくれている。よく見ると足に縞模様があるんだね。ゲートルを巻いているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209211 Gohan1209212 Gohan1209213
たかばしラーメン「ラーメン」あまの「味噌煮込みうどん」百々「串カツ」

 串カツ屋「百々(もも)」のモダンデザインカウンター
 JR大阪駅のガード下の「梅田食道街」に串カツ専門店は松葉とここだけだ。松葉は有名だが、こちらも負けず劣らずうまい串カツ屋だ。1960年代から一度も改装していないような店構えで、もう何十年もここに立っているようなおばちゃんがホール係だ。そういうところは松葉よりおもしろいかも知れない。おもしろいのはひとりひとつづつソース壺があること。カウンターの一段叩くなったところにステンレス製のソース壺が埋め込んであるのだ。こんなカウンターは他では見たことがない。カウンター上部のタレ壁も斜めになっていて、値段表の後ろに照明が仕込んである。これって60年代のモダンデザインなのだよ。気づくのが遅すぎるか。


<2012.09.21(金)>
朝体重77.75kg、3日平均77.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、コンニャクとオクラの煮物60
昼 ラーメン550
晩 味噌煮込みうどん600、串カツ4本240、ビール280 [2,030kcal]
酒 ビール(800ml×5%)=40.0ml
歩 故障中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120922
2012.09.22/6:24、京都府向日市(25℃、58%)

 涼しい。きょうは秋分の日。暑さ寒さも彼岸までって本当だな。空は高く、うろこ雲が雄大に広がっている。気持ちのよい微風が吹いている。祝日なので車通りも少なくて静かな土曜日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

建築探偵速報、伏見(京都市)

 伏見を自転車でまわった。今まで伏見は部分的にか歩いたことがなかったので、ようやく全貌が開けた。思っていた以上におもしろい町である。新本企画の取材のためだったのだが業務とは関係ない近代建築に目が行ってしまう。そのあたりを速報しておこう。


01
新地湯

 こいつの顔を見るといつも頬がゆるむ。きょうも元気だね。


02
モリタ製作所(旧京都電灯火力発電所)
 
 足場がかかっていて焦ったが、ネットシートなので改修工事らしい。


03
南浜会館

 これを知っていたらガイドマップに載せたろうという出来映え。なかなかにすばらしい。


04
踏切の交通標識

 残ってるんだね、こんな標識が。


05
洋館

 いつも近鉄の車窓から見える洋館。いつか行ってみたいと思いながら20年ぐらい経っている。離れて見てよし寄って見てよし。


06
平戸樋門
 
 これも知っていたらガイドマップに載せた。レンガ造りの本格派水門だ。これも近鉄の車窓からちらりと見えるがこれほどまでとは思っていなかった。水門鉄扉の上部がアーチになっているところがかわいい。


07
月見館

 改修工事をなさったようでしゃきっとしていた。温泉旅館とある。宴会宿泊希望。 


08
桃山駅

 昭和5年くらいの駅舎。もっとちゃんと改装してやってほしい。きれいになおして登録文化財にすれば良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209201 Gohan1209202 Gohan1209203
大中(伏見)「ラーメン」自宅「ジャガイモのオリーブオイル焼き、ギョウザスープ」

 大中ラーメン(近鉄桃山御陵前)
 京都にもガード下のラーメン屋はある。有名店らしいが入るのは初めてだ。80年代の内装がいい具合に古びている。そのころの開店なのかも知れない。スープに元祖と新味の2種類ありわたしは元祖を選んだ。こってり系だがけっこう薄味で後味がよい。化学調味料のどぎつい甘さとは無縁の正直なスープだと思った。麺がソーメンのように細いのが特徴。細麺がこってりスープとよくからむ。サブメニューにギョウザとチャーハンあり。

Gohan120920daityuu


<2012.09.20(木)>
朝体重77.60kg、3日平均77.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ファミチキ200
昼 ラーメン550、おにぎり200
晩 もろきゅう30、コンニャクとオクラの煮物30、ジャガイモのオリーブオイル焼き240、ギョウザのスープ200、発泡酒294 [2,044kcal]
酒 発泡酒「金の麦」(1.050ml×4%)=42.0ml
歩 9,495

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120921
2012.09.21/5:47、京都府向日市

 さきほどまで雨が降っていたようだ。地面がしっとりと濡れている。雨雲はすでに切れ始めているが、西山連山が霧にかすんでいる。気温は25度くらいで涼しいはずだが、湿気が多くて息苦しい。霧を吸い込んでいるようなものだ。風はなくコオロギの大合唱が聞こえる。また1枚たんぼの借り入れがすんでいた。あすは秋分だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209191 Gohan1209192
和食さと「カレーうどん」王将「回鍋肉、ギョウザ」

パンの材料  
たぬき  こんな問題どうかな。
      次の3つのうちパンの材料はなにか? 
      (1) 強力粉
      (2) 薄力粉
      (3) パン粉
      みんなパンの材料ってパン粉だと思うよね。
かみさん 思わないよ。


<2012.09.19(水)>
朝体重77.05kg、3日平均78.0kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ゆでキャベツ40、おにぎり200
昼 カレーうどん550、おにぎり200
晩 回鍋肉474、ギョウザ346、ビール175、清酒420 [2,705kcal]
酒 ビール(500ml×5%)+清酒「月」(400ml×15%)=85.0ml
歩 23,339

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120920
2012.09.20/6:22、京都府向日市

 ずいぶん涼しくなったものだ。空は晴れているが湿気は多い。先週あたりから稲刈りが始まっている。色づいてくると稲穂のなかで実が大きくなってきたが、先へいくほど粒は小さいようだ。そういえばきのう神楽坂の魚谷さんから新米を頂戴した。玉子丼にして食べたいな。朝からごはんのことばかり考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209181 Gohan1209182 Gohan1209183
自宅「サラダ、オムレツ、きつねうどん」

謎のチクワブ
たぬき  チクワとチクワブって同じもの?
かみさん 全然違うよ。
たぬき  チクワブってハンペンのこと?
かみさん 違うよ。


Gohan1209184
自宅「野菜のオリーブオイル焼き、白菜と竹輪の煮物」


<2012.09.18(火)>
朝体重78.95kg、3日平均78.3kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、ごはん小180
昼 サラダ60、ワカメ5、ソーセージ入りオムレツ220、キツネうどん小400 
晩 野菜のオリーブオイル焼き180、白菜と竹輪の煮物120、厚揚げ192、ワカメ5、清酒378 [2,040kcal]
酒 清酒「月」(360ml×15%)=54.0ml
歩 測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120919
2012.
09.19/6:29、京都府向日市

 霧のような雲が出ているが、空の真上は晴れて青空が見える。たんぼの稲もびっしょり濡れて頭を垂れている。もう完全に黄色く乾いていてプクプクにふくらんでいる。乾くということは枯れるということだと思うが、稲は枯れてから実がふくらむんだね。土カエルがはねていた。完全な光学迷彩の忍者仕様である。軍曹と呼ばせてもらおう。


Sora120919kaeru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

さぬきメモ(10) サトウキビ締め小屋

1001 1002 1003
2012.07.23、香川県高松市「四国村」、円形2棟と四角いのが1棟ある

 まさか残っているとは思わなかった。この旅行で最初に立ち寄った三谷製糖のパネルで見たサトウキビの締め小屋が、四国民家博物館(参照)に保存されていた。しかも3つも。パネルで締め小屋の絵を見たとき小屋が丸いのは単に描きかたのせいだろうと思って、本当に丸いとは思わなかった。アフリカや中国にあるような丸い民家が日本にあるとは想像もしたことが無かった。目の前にあるそれは土壁と茅葺き屋根とがよく調和した美しい建築だった。


1004 1005 1006

 そもそも海外の円形建築は日干しレンガであることが多いわけで、木造円形は技術的に難しい。どうなっているかというと、円形の壁から4本の梁が突き出て井桁に組まれている(写真中)。その上に束を立てて円錐形の屋根下地を支えている(写真右)。なんとアクロバチックな構造だろう。茅葺き屋根のトップはサトウキビの絞り汁を溜めるカメを伏せて納めている。おもしろい。


1007 1008 1009_2

 厚さ15センチほどの土壁は柱の外側に立っている(写真左)。柱をつなぐ貫(ぬき)は少したわめて柱に差し込んでいる。すごいな。柱は束石の上に立ち(写真右)、柱の上で短い材をつなぎ合わせている。伝統的な手法を上手に応用してていねいに仕上げられている。


1010_2 1011_2

 窓がほとんど無いのは牛をよく働かせるためかも知れない。絞り機の両側でふたりで作業する。匂いがこもってしまうのかもしれない。絞り機の脇の地面にカメが埋められていた。

 わたしは18世紀フランスの建築家ルドゥーを思い出した。幾何学的に計画された彼の未来都市計画は中心に工場がある。生産施設と労働者住宅の適切な配置が生産性を向上させ人々の生活を向上させるわけだ。この考え方は現在の都市計画の用途地域制度に引き継がれている。生産施設と幾何学的な建築はクエーカー教徒の農場にもあった。考え方は同じだ。この絞り小屋には蘭学者の平賀源内が関わっていたことが分かっている。わたしはイギリスの植民地経営向けの書籍からこの円形絞り小屋を引用したのではないかと思う。

 実際に本の通り絞りに小屋を円形にすることは無いわけで、後には作りやすい四角いものも出てきた。そこまでして円にこだわる理由はふたつあると思う。ひとつは外国並みの生産施設を得たという誇り、もうひとつは円が天を示すことから「天沢履(てんたくり)」にことよせて縁起をかついだこと。サトウキビの甘い絞り汁を喜びを表す沢に見立てたのだろう。わたしはこの美しい円形小屋に製糖にかける意気込みと未来への夢とさぬき特有の失われたまじないとを感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 旧京都堀川仏光寺郵便局

01
2012.09.12、京都市中京区

 うかつにも今まで気がつかなかった。白い釉薬タイル貼りの清楚な木造洋館だ。2階窓を横長の連窓とし建具もヨコ桟とするなど水平性を強調したモダニズムだ。2階は住宅部分なのだろう。窓の腰が低いので和室だと思う。窓手すりがそのまま残っているのは珍しい。普通、外部の金属部分は錆びて残らないものだ。律儀に手すりも水平を強調している。けっこう気合いが入っているわけだ。

 近代化遺産リストでは1935年竣工。郵便局は隣りの新ビルに引っ越していてここは空き屋になっている。なにかにお使いになる予定はないのかな。


02 03 04

 看板は白大理石の彫り込み文字のようだ。ガラスが無くなっているが、庇の埋め込み照明もモダンだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209171 Gohan1209172
自宅「レタス、焼きめし」

 スイートチリソースの裏技
 建築家のオクワダさんがスイートチリソースと醤油を混合するとうまいとツイッターしていた。まねしてみようと思うのだがスイートチリソースをわたしは知らない。スイートチリソースはライフで売っていますか?


Gohan1209173 Gohan1209174 Gohan1209175
自宅「サラダ、カツオたたき、味噌煮込みうどん」


<2012.09.17(月)>
朝体重78.00kg、3日平均77.8kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、みそしる2杯120
昼 レタスサラダ60、やきめし320、みそしる60
夕 チーズケーキ120 
晩 サラダ60、カツオたたき120、かぼちゃ煮付け60、味噌煮込みうごん600、発泡酒2本196、清酒189 [2,205kcal]
酒 発泡酒「金のオフ」(700ml×4%)清酒「月」(180ml×15%)=55.0ml
歩 測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の研究 120917虹

Sora120917niji
2012.09.17、京都府向日市

 虹が出ていた。雨は降っていないが京都盆地の低空を雨雲が流れていく。雲の輪郭がくずれてタテに線が入ったように見える部分がある。そんなところは雨が降っているのだと思う。そのタテ線の部分に虹が出ていた(写真左端)。眺めているとその外側にもうひとつの虹が現れた(写真右端)。内側を主虹(しゅこう)、外側を副虹(ふくこう)と言うそうだ。副虹は色の順番が逆なのがよく見える。きれいだな。ふたつ並ぶと得した気分だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120918
2012.09.18/6:17、京都府向日市

 雨が止んだので散歩してきた。濡れた土の匂いがする。地上は生暖かくて風もない。コオロギがたくさん鳴いている。コサギやカラスたちが持ち場に向かって上空を通過していく。騒いでいるのはセキレイか。今朝はいつもより遅いせいか虫やら鳥やらにぎやかだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

さぬきメモ(09)引田天満宮3、かめびし屋、旧引田郵便局

0901 0902
2012.07.23、引田(ひけた)八幡宮

 拝殿左右の雨水受けがおもしろかった。鉄製の桶で昭和4年奉納のもので、3匹のカエルが支えている。こういうタイプは初めて見た。関西だと力士になるのが普通だが、さぬきでは他でもカエルを見たから地域的な特色なのかも知れない。

 わたしはカエルと「帰る」の掛け言葉だと思う。無事に帰るという意味でカエルのお守りは熊野社のものが有名だ。ひょっとすると熊野修験道と関連があったのかも知れない。明治以降修験道は弾圧され、そのせいで分からなくなったことが多い。それまで誰でも分かったはずのまじないも意味が通じなくなって久しい。わたしたちはこの後も失われたまじないを至るところで見ることになる。


0903 0904 0905
かめびし屋

 今も醤油をお造りになっていて、わたしたちもモロミを買い求めた。コクのある自然な味わいだ。今となっては地醤油屋というだけで珍しいが、麹から発酵させているのはもっと珍しい。普通は米麹を製品を買ってきて使うことが多い。自然なあじわいは昔ながらの製法でしか生まれないものなのだろう。

 多少説明しておくと、戦後の食糧難の時代に多くの地醤油屋は政策的に合併させられて設備の近代化が進められた。大量生産に対応させるためである。その結果キッコーマンのようなナショナルブランドが誕生した。味は落ちるが一定の品質を備えた安い醤油が全国で手に入るようになった。

 高度成長初期のこの農業政策は地域の食文化を大きく変えた。地元の醤油が無くなったのと同時に、それまで醤油になじみのなかった九州南部のようなところにも醤油が行き渡る。ギョウザやラーメン、カレーが国民食になるのもこの時期で、食文化の再構築は広範かつ多岐にわたった。わたしはそのこと自体にも興味がある。

 さて、この政策はひとり醤油だけではなく、清酒や牛乳などあらゆる農産品に及んだ。この時期に廃業した醸造業は無数にあったわけだ。かめびし屋さんが今もこうして昔ながらの醤油づくりをなさっているのは、その政策に抗したからに違いない。戦後復興、食料増産と近代化のかけ声に背を向けてひとり自分の道を行くのは並大抵のことではなかったろうと想像する。昔のものが残っているのは偶然ではなく、残そうとした人がいたからなのだ。


0906
かめびし屋醤油藏

 かめびし屋はなぜか赤い。これも失われたまじないに見える。通常、赤にはふたつの意味がある。ひとつは五行説の「火」の意味だ。火は土気を育て金気を生む。稲荷神に赤い鳥居を供えるのがこの意味だ。商売繁盛を稲荷に願うのは、ひとえにこの理屈のせいで土気の神に火気を供えて金気が増えることを期待するわけだ。

 もうひとつの意味は九星図の「七赤金星の沢(たく)」の赤だ。沢は天に仕える巫女を意味する。かめびし屋のカメが六角形を意味するのならば九星図の「六白金星の天」となる。これはエビス天と赤い鯛がセットになっているの同じ形で、天と沢が揃えば易経の「天沢履(てんたくり)」という最高の形を作る。

 わたしは、この場合五行説と九星図の両方の意味があるのではないかと思う。 いずれにしても今となっては易経を知るものも少なく、失われたまじないと言って差し支えなかろう。


0907 0908
旧引田郵便局(1932年竣工)

 引田には3つの旧家があった。ひとつは最初に紹介した井筒屋敷の佐野家、もうひとつはかめびし屋の岡田家、そしてこの郵便局を建てた日下(くさか)家だ。なかなかおもしろい建物で、一見古風な感じがするがよく見れば1920年台の分離派建築だ。東京の松末組が設計施とあるがこの建設会社をわたしは知らない。木筋コンクリートというのも意味が分からない。木骨コンクリートの間違いでは無かろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣りたぬき 須磨海釣り公園

01

 前回3尾と振るわなかったので今回こそと意気込んできたのだが結局実は5尾だった。釣果は少なかったが、ササダイやイサキなど五目釣りは本来的に好きなので楽しかった。釣る場所を変えたり他の釣り人を観察したりしたので次回につなげるヒントを得たのも良かった。台風が接近中で雲が多く風があったので過ごしやすかった。


02 03

 展望食堂も安くて良いが、潮風に吹かれてカップラーメンを喰うのが気持ち良い。ビールは300円と釣り公園価格なので買っていったほうが安い。4~5時間の入園時間中に2本ほど開けることが多い。


< 釣り記録 >
8/11 小潮 引き潮9時、10時に入って11時すぎまでに小アジ30尾
8/26 小潮 引き潮9時、10時に入って11時すぎまでに小アジ30尾
9/02 大潮 引き潮7時半、9時に入ったが3尾
9/16 大潮 引き潮6時半、10時に入ったが5尾

 これまで4回の釣行の結果から大潮より小潮が良いことが分かる。それと引き潮後2時間までがよく喰うことも分かった。場所は第1釣り台が良いと思う(参照)。


04 05

 体長20センチほどの大きな草フグを釣り上げた。まわりの釣り人たちも驚いていた。こいつは釣り上げられるなりギッギッギッと鳴いて威嚇し、針をはずそうとするとガチガチガチと歯を鳴らした。噛みつかれたら危なかった。

 釣果はイサキ小3尾、ササダイ小1尾、ウマヅラハギ小1尾。いずれも普通はリリースする稚魚だが大事に持ち帰りフライにしておいしくいただいた。


Gohan1209163_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209161 Gohan1209162 Gohan1209163
海釣り公園「カップラーメン」自宅「タマネギ丸焼き、カボチャ煮付け、魚フライ」

 初音
 梅田新食道街の立ち飲み屋「初音」に始めて入った。「初音ミク」の連想から前から入ってみたかったのだがいつも混でいる。きのうはまだ時間が早かったせいかすんなり入れた。カウンターだけの小さな店で短波の競馬中継が流れている。このガード下の飲食店街は場外馬券売り場帰りのお客が多いのだ。ビールはジョッキではなくグラスなので2杯は飲まないと飲んだ気にならない。串カツはうまかったし2本で300円と安いがタレは無い。いろいろ工夫をしているようだ。マスターとなじみの客とのやりとりが居酒屋らしくて聞いていて居心地が良い。また行くよ。


<2012.09.16(日)>
朝体重77.95kg、3日平均77.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 ごはん235、お煮染め120
昼 カップラーメンカレー420、ビール245
夕 串カツ(タマネギ2本、レンコン、シシトウ)240、ビール175 
晩 タマネギ丸焼き半分40、カボチャ煮付け80、魚フライ小3尾180、ごはん小180、清酒189 [2,104kcal]
酒 ビール(1,200ml×5%)清酒「月」(180ml×15%)=87.0ml
歩 8,915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120917_2
2012.09.17/6:03、京都府向日市

 台風が近づいている。よく晴れていてく空の青が深い。この後風が強くなったが、写真の時はほとんど風は無かった。北東方向にむくむくとした積雲の壁が見える。比良山地から福井県にかけての山地だろう。最近よく会うシベリアンハスキーが賢く座って日の出を見ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209151 Gohan1209152 Gohan1209153
自宅「大根おろし、味噌煮込み豆腐、うどんすき」

 石田てっぺいラーメン
 石田ラーメンは麺が博多風の細麺でうまかった。スープも白湯風だったから博多ラーメンなのかも知れない。スープが甘めなのは中華だしのせいだろうか。わたしには少し脂っぽいけど、スープは飲み干したね。


Gohan1209141 Gohan1209142
石田てっぺい(摂南大前)「石田ラーメン」あまの(梅田)「味噌煮込みうどん」


<2012.09.15(土)>
朝体重77.50kg、3日平均77.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 カレースープ2杯600
昼 チシャサラダ60
間 アップルケーキ120
晩 大根おろし40、かぼちゃ煮物80、味噌煮込み豆腐300、うどんすき400、清酒378 [1,978kcal]
酒 清酒「月」(360ml×15%)=54.0ml
歩 測定せず

<2012.09.14(金)>
朝体重77.35kg、3日平均77.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、豆乳130、中華スープ60、おにしめ小皿120
昼 ラーメン600
晩 味噌煮込みうどん600、ビール175、清酒105 [1,960kcal]
酒 ビール(500×5%)+清酒「月」(100ml×15%)=40.0ml
歩 10,418

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120916
2012.09.16/5:46、京都府向日市

 生暖かい空気がよどんでいる。低層の雲は西へ流れているが地表は風が無い。名神高速の車の音が雲に反射するように籠もって聞こえる。京都盆地上空は比較的晴れているが、ときおり小雨がサッと降る。東の方角、たぶん鈴鹿山脈上空と思われるが、巨大な積乱雲の壁がナイアガラの滝のように沸き立っている。台風16号が近づいているので天気はくずれていくのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209131 Gohan1209132 Gohan1209133
麺屋七福神「七福神ラーメン」自宅「チシャサラダ、タマネギ丸焼き」

 麺屋七福神、堀川御池店
 鶏とカツオのダシが自慢らしい。コクのあるスープで後味がさっぱりとしている。わたしのように最後まで飲み干しても大丈夫だ。たしかにカツオ風味が濃い。わたしは香川県で食べた讃岐うどんを思い出したが、それならもっと塩辛かったはずだ。京都のラーメンはどこも中華ダシの甘さが際立つように思う。わたしはそんなラーメンも好きだけどね。


<2012.09.13(木)>
朝体重77.20kg、3日平均77.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カレールー100、豆乳130、中華スープ60
間 ファミチキ200
昼 ラーメン600、アイスクリーム200
夕 竹輪80、ビール368
晩 チシャサラダ40、焼きナス20、キノコ酢和え20、タマネギ丸焼き1個80、清酒189 [2,257kcal]
酒 ビール(1,050×5%)+清酒「月」(180ml×15%)=79.5ml
歩 12,524

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120914
2012.09.14/5:43、京都府向日市

 湿気がすごい。水底にいるようだ。空は晴れていて高層にある多少の巻雲が朝焼けに染まっている。たんぼの虫の声がまったくしない。いなくなってしまったのだろうか。コオロギは次第に増えてきて今は大合唱になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209121
喜楽飯店「鶏レバー野菜炒め定食」

 喜楽飯店
 何十年ぶりに入ってみた。昔のままなのがすごい。けっこう薄味で驚いた。後から来たひとが中華丼を注文していたが、たしかに中華丼はうまかろう。それは次回ということで。


Gohan1209122 Gohan1209123 Gohan1209124
自宅「チシャサラダ、ジャガイモとベーコン炒め、そうめん」

<2012.09.12(水)>
朝体重77.95kg、3日平均77.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カレールー100、豆乳130、中華スープ60
間 おかずパン200
昼 鶏レバーと野菜炒め450、ごはん235、中華60、漬物5、キャベツ千切り5
夕 つくね120、ビール123
晩 焼きナス60、チシャ60、ジャガイモとベーコン炒め120、そうめん120、清酒189 [1,937kcal]
酒 ビール(350×5%)+清酒「月」(180ml×15%)=40.0ml
歩 14,914

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120913
2012.09.13/5:15、京都府向日市

 まだ夜明け前だ。白露を過ぎたあたりから朝は涼しくなった。東の空に開けの明星と名残の月とが浮かんでいる。京都盆地上空に雲はない。きょうも暑くなるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209111
藤芳「日替わりそば定食」

 北白川の藤芳
 家族でやってるソバ屋でテレビに出たこともあるらしい。京都造形大近くの疎水際だ。ホール係のばあさんがなにくれと世話を焼いてくれる。ソバもうどんも手打ちなのが自慢。ソバは白くて柔らかい京風の麺だ。さすが手打ちだけあってソバの香りが良い。控えめな甘辛いダシがソバの風味を活かしていた。


Gohan1209112 Gohan1209113 Gohan1209114
自宅「茹でキャベツ、冷や奴あんかけ、ローストビーフ」

<2012.09.11(火)>
朝体重77.00kg、3日平均77.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カレールー100、豆乳130、中華スープ60
昼 かけそば400、ごはん235、ニシンの昆布巻き80、漬物10、刻みネギ3、きんぴら小鉢60
晩 茹でキャベツ60、冷や奴あんかけ120、ローストビーフ200、ビール175、清酒105 [1,808kcal]
酒 ビール(500×5%)+清酒「月」(100ml×15%)=40.0ml
歩 5,788

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120912
2012.09.12/5:56、京都府向日市

 京都盆地上空は快晴である。北方に写真のような層雲があるほかは周辺も快晴だ。処暑以降、蜘蛛が増えてきた。まだ小さいが美しい蜘蛛の巣が朝日に虹色に輝いている。毎年思うが蜘蛛の巣ってとてもきれいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209101 Gohan1209102 Gohan1209103
ラ・ガジェガ(京阪三条)「トルティージャ(スペイン風オムレツ)、アナゴのパエリア、ケーキセット」

 スペイン家庭料理ラ・ガジェガ
 三条京阪の駅上にある。始めて入ったが1500円のランチでおなかいっぱいになった。けっこう本格的でおいしい料理店だ。パエリアが焼きあがるまで30分かかるのでランチには敬遠されるのか空いていた。おかげでゆっくり食事ができた。もう少し内装を家庭的にすればもっとよくなると思う。スペイン風タイルの目地が大き過ぎるとかはもうどうしようも無いけれど、大きな窓にカーテンが見当たらず、テーブルクロスも無いのはさみしすぎると誰も思わないのだろうか。


Gohan1209104 Gohan1209105
自宅「ゴーヤ炒め、賀茂ナス田楽みそ」

<2012.09.10(月)>
朝体重77.85kg、3日平均77.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カレールー100、豆乳130、ごはん小180
昼 トルティージャ80、トマトサラダ60、いわしの酢漬け60、穴子とイワシのパエリア600、ケーキ80、米のプリン80
晩 シイタケとコンニャクの吸い物2杯120、キュウリともろみ味噌60、ゴーヤ炒め120、賀茂ナスの田楽味噌240、ビール175、清酒315 [2,470kcal]
酒 ビール(500×5%)+清酒「月桂冠ひやおろし」(600ml×15%)=45.0ml
歩 9,678

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120911
2012.09.11/6:17、京都府向日市

 稲の実るスピードは田ごとに違うが、ほぼ全部が色づいてきた。稲穂が枯れ色に変わってきたが、まだ実は小さい。はて?これから大きくなっていくのか?もう枯れ始めているのに? よく分からないのでしばらく観察してみる。空は晴れているが散歩から帰ったとたんに小雨が降り始めた。雷雨とかではなく秋雨である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

中央としての大阪の喪失

10mitani
2012.07.13、三谷製糖(香川県東かがわ市)

 おそらくだが、今後地方の自立は大きなテーマになるだろうし、すでになっているのかも知れない。わたしも中央集権よりも地方のゆるやかな連合というものに関心がある。ただし地方独自の文化の再興がひとり地方だけの努力でなしとげられると思うのは早計ではないか。そんなことを考えたのでメモしておく。

 例をあげるのが分かりやすかろう。指折りの塩田地帯だった瀬戸内海沿岸地域は、江戸時代前期こそ莫大な富をもたらしたが後期には破綻していた。江戸時代初期の集中的な生産施設への投資は結果的に生産過剰と塩価暴落とを招いていたのだ。都市経済学者ジェーン・ジェイコブスのいう生産地型経済の没落はここでも繰り返されている。

 一方、江戸時代の後半、瀬戸内海沿岸の各地にさまざまな特産物が誕生した。たとえば讃岐の和三盆などは成功した事例の筆頭で砂糖シェアの7割を占めたとも言う。讃岐東部のこの地域も屈指の塩業地帯だったから、塩価の暴落による巨額の負債にあえいでいたことだろう。それをサトウキビの栽培と製糖とが救ったわけだ。栄華は再びよみがえり、文学建築工芸など当時の地域文化は今でも貴重な歴史資産となっている。

 同様の地域特産は続々と生まれた。たとえば丸亀の団扇、阿波の藍、小豆島の醤油など現在特産と呼ばれるものの多くはこの時期に生まれた。たとえばソロバンのコマとか畳のイ草とか、西日本各地に誕生したこまごまとした特産物は江戸時代後半に一挙に生まれている。これは偶然ではないと思う。早い話、団扇やソロバンや柚子や梅干しやソウメンは誰が買ったのかということだ。はっきり言ってそれは大阪が買ったのである。

 使っても使い切れないほどの大阪の富が、団扇や醤油や和三盆を買ったわけだ。製塩は集中的だったがゆえに自分の首を絞めたことを反省し、地方は他地域とかぶらないよう慎重に特産物開発を行った。集中的かつ選択的であることが成功の前提であったのだ。怪物のような大阪の経済力と一体化することによってのみプロジェクトは成功できた。それは少し想像力を働かせてみれば200年経った今でもすぐに分かることではないか。

 今、地域産物のブランド化の上で「大阪」的な買い手は商社やデパートが想定されている。しかし、そうした組織は「使っても使い切れない富」とは無縁になってしまった。江戸時代後半の地域経済の状況が地域再生のためのモデルになるのは当然だとしても、果たして大阪の代替をどこに求めるのかという視点に欠けるならばブランド化による地域振興は絵に描いた餅だ。というより経済都市の状況が江戸時代後半とは違い過ぎているので、単に大阪を東京に読み替えてすむ話では無いだろう。

 ではどうすれば良いのか。わたしはもう少し江戸時代後半の東アジア全体の経済的状況を知りたい。東讃岐の和三盆は琉球や九州の黒糖の代替として市場に参入した。九州はともかく琉球からの輸入は当時はご禁制なのだ。本来的に市場に無いはずの砂糖が蔓延してわけだ。和三盆の成功は対大阪だけの問題ではなく、東アジア全体の経済状況のなかで読み解かれるべきものだろう。江戸時代後半の砂糖の需給関係がどうなっていたのか。そんな地味な研究が進んでこそ地域再生のシナリオも描けるのではないか。そんなことを考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209091 Gohan1209092 Gohan1209093
自宅「チシャサラダ、ゴーヤ炒め、パエリア」

 1食抜くとダイエットになると言うので盛大に否定しておいた。一時的に体重が減るが、中長期的には影響がない。体重は一定になるよう体内の水分によって調整されている。1キロ程度の減量はすぐさまに調整されてしまう。しかも食事サイクルの乱れは腸の働きと通便とにダメージを与えるので逆効果だ。規則正しい食事をしながら決められた摂取カロリーを守れば、体内の体重中維持機構が自動調節しながら自然に体重は下がっていく。問題なのは決められた摂取カロリーが相当低いことだ。わたしの場合は1600キロカロリー程度だろう。


<2012.09.09(日)>
朝体重77.50kg、3日平均77.8kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カレールー100、豆乳130
昼 チシャサラダ60、とろろ3杯昆布180、蛸とキュウリの酢の物80、ゴーヤ炒め120、パエリア360
晩 タマネギ丸焼き半分120、唐揚げ2個160、アイスクリーム200、サイコロステーキ120、サラダ80、ナン風お好み焼き60、ビール315 [1,975kcal]
酒 ビール(900×5%)=45.0ml
歩 7,754

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120910
2012.09.10/6:27、京都府向日市

 たんぼでたくさん虫が鳴いている。なんだろうあれは。京都はよく晴れているが、さきほど雨がひとしきり降った。京都盆地北方に垂れ込めた雨雲が時折こちらまで流れてくるらしい。それにしても何だろうかあの虫は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209081 Gohan1209082 Gohan1209083
自宅「もろきゅう、トマト」「焼きナス、トマト」「小芋コンニャク田楽」

 このところカレーシリアルにしている。粉状のカレールーを温めた豆乳で溶いて玄米フレークを山盛り入れる。少し胸焼けするところが気に入っている。今朝少しものたりなかったので、カレールーをお湯で溶いて飲んでみたところ胃にもたれて気分が悪い。みんなも気をつけろよ。


Gohan1209084 Gohan1209085 Gohan1209086
自宅「酢蛸」「ゴーヤ炒め」「シャケごはん」


<2012.09.08(土)>
朝体重78.45kg、3日平均77.7kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カレールー100、豆乳130、ゆでキャベツ40
昼 もろきゅう40、チシャ40、トマト80、フランスパン240、玉子ペースト120
晩 ミニトマト40、焼きナス40、小芋とコンニャクの田楽80、酢蛸ときゅうり60、ゴーヤ炒め180、シャケとマイタケの炊き込みごはん2杯470、オレンジ60、ビール245、清酒189 [2,184kcal]
酒 ビール(700×5%)+清酒「月」(180ml×15%)=50.0ml
歩 2,884

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120909
2012.09.09/5:53、京都府向日市

 京都盆地上空はよく晴れている。西の丹波高原の方向にも雨雲は見えない。東の果て、鈴鹿山脈上にはあいかわらず巨大な積乱雲の壁ができている。稲穂はいよいよ黄色く乾き、干した米の匂いをさせている。そして朝露がいっぱいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

柳橋中央市場(名古屋市)

01_2 02_2
2012.09.01/7:30、名古屋市中村区名駅4丁目

 名古屋駅の東、歩いて5分のところにこんな大きな市場があるとは知らなかった。朝の7時半だが活気に満ちていておもしろい。魚屋が多いようで、板前さんとおぼしき男たちが慣れた手つきで魚を裏返して品定めをしている。道の両側に店が並ぶが、ふたつの大きなビルがあって、その中にも市場は続いている。沖縄の国際通りにある牧志公設市場とよく似ている。こういう活気こそ作ろうと思っても作り出せないもので、都市のなかではとても貴重な宝なのだ。いったいどういう仕組みでこの市場が動いているのか興味深い。


03_2 04_2 05_2

 これは中央水産ビル。1階は写真右のように市場で、上階は駐車場と住居になっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 名古屋の堀川

Nagoyahori
2012.09.01/7:03、名古屋市

 水面が鏡のようでとても美しかった。堀川は堀というぐらいだから名古屋城の外堀なのだろう。歩いてみると名古屋駅に向けて地面が下がっていくので堀川の水面が高いことが分かる。名古屋はまだ歩いたことが無いので全体像がつかめていないが、堀川をたどっていけばいろいろ分かるのではないか。これは錦橋から南を望んだところで向こうに納屋橋が見えている。このあたりは水面と岸との落差が小さい。江戸時代の河岸の風景が残っているわけだ。橋の上で風に吹かれてぼんやり眺めていたら、カワセミが一羽橋をくぐって飛んでいった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 戦後ビル編 大名古屋ビルヂング

01 02 03
2012.08.31

 こみちさんが話題にしていた大名古屋ビル(参照)へわたしも行ってみた。思いの外おもしろかったので紹介しておこう。三菱地所設計、大成建設施工で1962-65年の3期に分けて完成した。伊勢湾台風の復興再開発の目玉で、店舗事務所複合の本格的なビルとして建設された。現在建て替えのためにテナントの退出中で、1階で9月23日まで写真展を開催中だ(参照)。図面も展示してた。

 ラインの美しさなかなのものだ。角をほとんど丸くして、横長の窓を途切れなくまわしている。裏側のほうが曲線が美しい(写真上中右)。


04

 驚いたのは1階のエレベータホールだ。白黒の大理石をふんだんに使っている。普通はタテに開いて貼り付けるのだが、ここのような横開きはあまり見ない。そのおかげで水平線が強調されて、軽やかな印象に仕上がっている。ヨコ方向の強調は外観と同じだね。


05 06 07

 大理石壁は階段室にも及んでおり、それはもう不思議な雰囲気を作り出している。階段室のコーナーも丸くして、丸く削った大理石を貼り込むという芸当をなんなくクリアしている。作った職人もえらいが、全体を管理した現場代理人もえらいな。復興への意気込みが伝わる。


08 09

 エレベータドアのまわりは天井までのモザイク絵で、ホールの大理石が白黒なのとよく響きあっている。作家のことをよく知らないのだが、矢橋六郎という人の作品だそうだ。力強くて気持ちのよい壁画だ。香川県庁舎でも思ったが、50-60年代にはこういう作家が普通にいたのがすごい。


10 11 12

 写真上左は吹き抜けに取り付けられた電気時計。こういうさりげなさもこの時代の特徴だね。ゆかは人造石の現場研ぎ出し、いわゆるテラゾーというやつだ。色モルタルで床のラインを作っている。黒と赤のあいだは目地棒の巾を広くしている。こんな使い方もあるんだな。勉強になった。


13 14 15

 サッシュはステンレスだと思うが、それは竣工当時のままだと思う。ガラスが少し青いのは熱線吸収ガラスだろうが、それも元のままではないか。だとしたら初期のものなので珍しいと思う。問題なのは外壁パネルで、どう見てもやりかえたとは思えなかった。それぐらいよくなじんでいる。ところが写真展を見ると、元は白いタイルだったのだ。うそー!と思ってよく見たところ、屋上のペントハウスが元のままだった(写真上中右)。タイルのほうが陰影があっていいな。

 急な名古屋出張があったのでついでに寄っただけだけど、良いものを見せてもらった。大名古屋ビルヂングありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デラックス丼

Delaxdon_2
2012.09.05、篠田屋(三条京阪北)

 以前ぷにょさんが紹介していて目をつけていた篠田屋に入ってみた(参照)。店内も昔のままでいい感じだ。メニューも昔風なものが良いが、創作メニューもいくつかある。そのうちのひとつがこのデラックス丼。何が出て来るのかと待っているとこいつが出てきた(写真上)。ようするに、鍋焼きうどんの具をごはんに載せたもの。エビ天、肉、ネギ、玉子、ほくほくしたした具材にたっぷりつゆがかけられてうまかった。


Sinodaya

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都から見える積乱雲

Sora120907sekiran
2012.09.08/5:46、京都府向日市

 鈴鹿山脈
 京都盆地からあちこちに積乱雲が立つのが見える。あれはいったいどのあたりなんだろうと想いをはせる。最近は東の地平線に壁のように積乱雲が並びたつ。今朝も写真上のようにわき上がっていた。方角的に考えて鈴鹿山脈だろうと思っていた。先日名古屋出張のおりに確かめたところまさしくその通りだった。名古屋から見ると西に見える(写真下)。雲海に満月が吸い込まれていくところだった。


Sora120901nagoya
2012.09.01/5:04、名古屋市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan120907
京大和(新都ホテル)「弁当」

 飲み過ぎたので地下鉄駅のベンチに座って1時間寝ていた。1時間たてば血中のアルコール濃度が25%ほど下がるので相当楽になる。というより、なんでそんなに飲むのか、ということなんだが、実はたくさんの人とワイワイ飲むのが苦手なのだ。手持ちぶさたからつい飲み過ぎてしまう。
だからアルコール分の比較的少ないビールだけにしておくのが良い。消極的暴飲法である。


<2012.09.07(金)>
朝体重77.40kg、3日平均77.2kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カレールー100、豆乳130、チキンクリスプ376
昼 ちらし寿司240、巻き寿司小4個200、握り寿司3個180、きのこ酢の物30、小芋とカボチャの煮物60、煮豆40、焼きナス30、みそしる60
晩 鯛の刺身80、エビ練り物のフライ180、ミニステーキ120、シャケのカルパッチョ120、ケーキ200、ビール350 [2,636kcal]
酒 ビール(1,000×5%)=50.0ml
歩 7,539

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120907
2012.09.08/5:45、京都府向日市

 雲は多いが晴れ間ものぞく。湿気は多いが涼しい朝だ。西山連山の上にもガスはない。遠く東の地平線に巨大な積乱雲が立ち上がっていた。あれは鈴鹿山脈のあたりだ。あの下はさぞかし雷雨がきつかろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

清水坂メモ

Kiyomizaka120905
2012.09.05、清水坂

 知恩院から清水坂にかけて歩いて見えてきたことをメモしておく。京都の都市の起源にかかわることがらだ。

 もともと東山のこのあたりは葬送儀礼と子安(結婚出産)の聖地だったのだろう。先祖霊が山へ帰るという信仰に基づく。それを巫女が支配していた。そんなに昔のことではない。古墳時代、秦氏がいたと言われているころのことだ。それが仏教によって男性化するのが天武朝のころ、つまり役行者のころだ。以来、東山は仏教各宗派の聖地となった。聖地の上書きが行われたのである。

 そこは各種の芸能者の居場所でもあった。巫女の系譜を引く舞妓や遊女たちが中核だ。ほかにも当道座のような琵琶法師たちの本拠ともなるし、平家のような武芸者もいた。わたしは武家は公家と対なのではなく、舞妓に近い都市民だと考えている。神仏を祀るものたちこそ芸能者である。そこから連想してわたしは後白河法皇は都市の劇場化を考えていたと思っている。

 京都は鴨川をはさんでふたつの都市があった。それは栗本信一郎が「光の都市、闇の都市」で指摘した通りだと思う。つまり陰陽それぞれの都があるということだ。本来王権は光、つまり鴨川西岸にあるはずなのだが、上皇になるとどこに行ってもよいという前例ができて以降、東岸に王権が移る。最初は白川上皇で仕上げは後白河法皇だ。

 後白河は祇園の遊女の出入りするサロンで育った。その芸能は今様(いまよう)と呼ばれた。ようするにコンテンポラリーアーツという意味だ。クラシックに当たる和歌や雅楽に対抗する今様を使って朝廷儀礼を改革したのが後白河だった。彼自身、若いころから今様の歌い手として有名だったが、それは知識人が眉をひそめる行いだったに違いない。単にげせんの芸能だというばかりでなく東山周辺の聖地には「闇」としての刻印が打たれていたからだろう。

 わたしは法然がこの東山へ活動の拠点を移したのも、後白河の路線と同じように見える。彼は歌うような六時礼賛によって仏法の再構築をした。その芸能風の布教形式は東山という場所の特性だったわけだ。

 あと女性の位置だね。東山の後白河院の家政を支えたのが建春門院だったように、政府や都市の経済を切り盛りするのは女性の役目だった。よく言われるのは布を織るのが女性の役目だったからだというのがあるが、そればかりではなかろう。わたしは聖地が女性の領域だったことが根本にあると思う。織物も銭も供物として巫女が扱うものだったのではないか。

 都市の起源は空也上人の10世紀中頃で良いと思う。町衆の誕生がそのころだからだ。人工運河の堀川が埋没した後、それに変わったのが鴨川だったのだろう。染めなどの工芸が大量の水を必要とすることも関係している。川と市場、都市民と芸能者、武家と巫女と念仏はいずれも密接に関わり合って平安時代後期の京都のようすを教えてくれる。その総仕上げをしたのが後白河ではなかったか。そんなことを考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209061 Gohan1209062 Gohan1209063
王将「ジンギスカン」自宅「ミニトマト、きのこの米酢和え、里芋とコンニャクの田楽」

 つい王将へ寄ってしまった。安いのと元々好きなのでふらっとね。阪急大宮駅上がったところの王将は創業の地だそうで、店も活気があるし料理もうまい。ギョウザはがまんした。


<2012.09.06(木)>
朝体重77.10kg、3日平均77.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カレールー100、豆乳130、ごはん小180
昼 ジンギスカン550、ごはん235、中華60
夕 おかき120
晩 ミニトマト60、キノコ米酢和え40、里芋とコンニャクの120、ゆで玉子半分40、キュウリ醤油漬け40、ギョウザスープ2杯240、ビール123、清酒189 [2,397kcal]
酒 ビール(350×5%)+清酒(180×15%)=44.5ml
歩 7,347

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120907
2012.09.07/5:53、京都府向日市

 快晴である。すずやかな微風がそよぐ。湿気は多くて京都盆地を取り囲む山並みは青くかすんでいる。秋の霞は何というのだろう。旧暦ではまだ8月だ。8月は水の三合の生だから水気が多いのか? 実り始めている稲穂にも朝露がいっぱいだ。きょうは白露(はくろ)というらしい。二十四節季の処暑と秋分の中間点だ。やはり水が関係しているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

観光都市

Kiyomizu120905
2012.09.05、清水寺門前

 知恩院から八坂神社、八坂の塔、清水寺と京都を代表する観光地を歩いてきて感じたことをメモしておく。とくに清水阪あたりは半分が中高生の修学旅行で、残りの半分がアジアからの外国人が占めている。着物を着ている女性のほとんどが外国人なのには驚いた。外国人も修学旅行生もそれなりに楽しそうにしている。なにが楽しいのだろうか。というのが今回の謎である。

 京都観光の形式は江戸時代後半にできあがったのだと思う。それ以前からの巡礼的なものがベースだが、決定的に違うのは絵図のようなガイドブックの登場したことだ。観光地の説話、つまりいわく因縁やこれこれをすると何々に御利益があるというふうな文学的なものがガイドブックを通して整備された。そのほとんどは史実や歴史的記述とは無縁のある種の「やらせ」的なものだったろう。そのことは観光客も百も承知で、いわばお化け屋敷に本当のお化けがいないことを承知の上で楽しむのと同じだったはずだ。観光はきわめてメディアの問題なのだ。

 ところが、その説話の多くが廃仏毀釈と修験道弾圧のなかで説話の多くが失われてしまった。たとえば、写真の清水寺門前には子安の塔が建っていたが、それは今は舞台の向かい側に移されてしまった。清水坂というか松原通りを歩くとよく分かるが、この坂は八坂の塔>子安の塔>清水寺の塔と視覚的に塔をめがけて進むように設計されている。その坂の構造そのものを変更させるために子安の塔は移されたのだろう。説話が風景と結びついているからに違いない。塔を移すことで修験道抜きの観光地を再構成したわけだ。

 たとえば三年坂と清水坂の角にある経書堂(きょうかくどう)は小石に経の人文字を書いて納める場所だったが、もう行われていない。施設だけが残って中身が失われているわけだ。清水坂全体が江戸時代には濃厚な神仏混交つまり修験道の聖地であった。その中核となるものが全て失われてもなお「観光」だけが生き残っているのはなぜか。

 なんとなくだがテレビが説話を代替しているように思うがよく分からない。とくに外国人はどんなメディアを通して京都らしさを捉えているのだろうか。文学的に構成された京都らしさはいわばヴァーチャルな都市像だ。「らしさ」はテーマパークのテーマのようなもので、観光客はその「ヴァーチャル」な都市に自分を没入させて楽しむわけだ。日常の自分とは別のキャラとしてヴァーチャル都市のなかに観光客は立ち現れると言ってもよい。いったい誰がどこでこの世界の設定を書いているのだろうか。とりあえず謎ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209051 Gohan1209052 Gohan1209053
篠田屋「デラックス丼」自宅「茶碗蒸し、自家製ギョウザ」

 ちょっと下がっているのではないか。理由はふたつ。ひとつは分かち食べによる摂取カロリーの減少、もうひとつはラノベを読んでいるので食後すぐに寝なくなったこと。いわゆるヲタクやせだね。今読んでいるのは「万能鑑定士Q」シリーズ。松岡圭祐おもしろいね。


<2012.09.05(水)>
朝体重77.20kg、3日平均78.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カレールー100、豆乳130、ファミチキ250
昼 デラックス丼650
晩 キノコとチシャの米酢サラダ60、とろろ昆布のお吸い物60、茶碗蒸し63、ギョウザ小10個400,
発泡酒123、ビール123 [2,129kcal]
酒 発泡酒(350×5%)+ビール(350×5%)=35.0ml
歩 17,711

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120906
2012.09.06/7:42、京都府向日市

 夜の間に雨が降っていたようだ。湿気を含んだ生暖かい空気がよどんでいる。雲は中層と高層に薄い層雲がある。西山連山の向こう側はガスが立ちこめている。あのあたりは雨がまだ降っているのだろう。コオロギが群れ鳴いている。こういうのを「すだく」というのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年9月 5日 (水)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209041 Gohan1209042 Gohan1209043
自宅「タマネギトマトオリーブオイル蒸し、がんもどき、シャケごはん」

 どうやら最初に野菜を食べたほうがカロリー摂取が抑制されるらしい。かみさんがテレビで見たらしい。というわけで最近自宅の食卓はコース化している。多少食べる時間が延びるために満腹感がある。コース料理ダイエットとでもいうべきか。


Gohan1209044 Gohan1209045 Gohan1209046
自宅「トマト、カツオたたき、ソーセージ入り野菜スープ」

<2012.09.04(火)>
朝体重測定せず、3日平均79.0kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カレールー100、豆乳130
昼 タマネギトマトのオリーブオイル蒸し40、キュウリ酢漬け20、茹でナスビ20、がんもどきと野菜の煮物120、みそしる2杯120、シャケごはん240、紅ショウガ5
晩 トマト80、カツオたたき240、ソーセージ2本120、野菜スープ2杯160 焼酎522 [2,087kcal]
酒 黒糖焼酎「里の曙」(360×25%)=90.0ml
歩 6,797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120905
2012.09.05/7:15、京都府向日市

 ガスが出ていて京都盆地周辺の山並みはかすんでいるが、高層にわずかな層雲があるばかりでよく晴れている。西の空に月が浮かんでいる。涼しい朝だ。稲がいよいよ実り始めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

たぬきのダイエット日記

Gohan1209031 Gohan1209032 Gohan1209033
白水「唐揚げ甘酢定食」自宅「がんもどき、オリーブオイル蒸し」

 白水
 京大農学部の東にある中華料理天「白泉」へ30年ぶりに入った。昔のままだった。すごいな。日替わり定食うまし。


Gohan120901 Gohan1209021 Gohan1209022
津奈希「味噌煮込みうどん」須磨海釣り公園「カレー」自宅「アジフライ」


<2012.09.03(月)>
朝体重79.25kg、3日平均78.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カレールー100、豆乳130
昼 ごはん235、スープ60、唐揚げ甘酢360
晩 煮ナスビ60、がんもどきと玉子の煮もの240、タマネギとトマトのオリーブオイル蒸し180、ビール123 [1,658kcal]
酒 ビール(350×5%)=17.5ml
歩 10,704

<2012.09.02(日)>
朝体重78.70kg、3日平均78.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 サンドイッチ200、カレーライス500
昼 カレーヌードル400
晩 チシャサラダ60、アジとヒイラギのフライ220、トマト80、冷や奴180 [1,640kcal]
酒 なし
歩 測定せず

<2012.09.01(土)>
朝体重測定せず、3日平均78.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 おにぎり200、カップ麺600
昼 味噌煮込みうどん600、
晩 焼き鳥4本240、ビール210、清酒420 [2,270kcal]
酒 ビール(600×5%)+清酒(400ml×15%)=70.0ml
歩 16,367

<2012.08.31(金)>
朝体重78.45kg、3日平均78.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル170、カレールー100、豆乳130、おにぎり200
昼 サンドイッチ200、おにぎり200
晩 おにぎり200、串カツ2本160、手羽先4本320、きしめんパスタ半皿300、モツ煮込み小皿120、ビール420、清酒189、牛丼550 [3,259kcal]
酒 ビール(1200×5%)+清酒(180ml×15%)=57.0ml
歩 17,159

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120904
2012.09.04/5:27、京都府向日市

 霧が出ている。湿気の多い空気が肺に入るのが分かる。まだ日は昇っていない。コオロギがたくさん鳴いている。涼しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年9月 3日 (月)

京都の朝空

Sora120903
2012.09.03/5:34、京都府向日市

 涼しい。よく晴れていて空気も乾燥している。風はない。コオロギが鳴いておらず水路の水音だけが聞こえる静かな朝だ。最近よく見かける「のらくろ」みたいな犬とすれ違った。こっちをチラ見しているのは怖いのだろう。さて今月は新本企画の取材を始める。よい9月になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »