2012年8月18日 (土)

空の研究 120817

Sora1208172
2012.07.17/17:57、京都府向日市

 地震雲はこんなやつだろうか。わたしは見たことが無いので分からない。ちょうど断層の有馬高槻構造線の上に出ている。風はなくほとんど動かない。夕方5時ごろから大阪方面に巨大な積乱雲が発生し、その下でバチバチと稲妻が見えた。遠くて音はあまり聞こえなかったが、それを眺めているときこいつが浮かんでいることに気がついた。地震雲は自然現象としては確認されておらず地震との関連も不明と聞く。しかし断層活動が放電現象を起こすことは知られているから、それが雲を呼んでもおかしくないとわたしは思う。もし続けて同じ現象が起こるようなら関連をうたがって良いだろう。まあ、わたしも空はたいがい見ているけど、それらしいのって見たことないけどね。

|

京都の朝空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空の研究 120817: