2012年7月12日 (木)

建築探偵の写真帳 戦後ビル編 中央電気倶楽部2号館

Tyuoudenkiclub
2011.06.14、大阪市北区

 中央電気倶楽部の増築って誰かと思ったら双星社竹腰建築事務所だった(1965年竣工。大林組施工)。窓と壁の比率が行き届いていて美しい。旧館とデザインを変えているが、そのことがむしろ旧館の良さを活かしている。さすがである。

 竹腰健造は大阪を代表する建築家のひとりだ。住友営繕部で長谷部鋭吉とともに大阪ロマネスクというスタイルを作った。戦後も数多くの名作を残している。もっと調べてみたい。

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/55177271

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 戦後ビル編 中央電気倶楽部2号館: