2012年7月11日 (水)

建築探偵の写真帳 藤田美術館

Hujita1
2011.06.09、大阪市東西線大阪城北詰

 初期コンクリートの建物が残っていることで有名だ。よく分からないのだがリストに収蔵庫とあるので下の写真の奥にあるやつがそれだと思う。写真上は展示ホールだがこれもよい建物だ。ドリア式のつけ柱がけっこうしっかりしている。その上の三角形のペディメントが単純なのは改修のせいではなかろうか。内部のリノリューム敷きの床が残っているのもすごい。大正7年くらいの作品に見える。日比は大正10年(1921)没だからこれも日比ではないかと勝手に思っている。


Hujita2

 日比忠彦は武田の同級生だが京都帝大土木学科に赴任し田辺朔朗のもとで第2疎水計画に携わるなどした。京都帝大の建築学科を準備したのも日比だった。京都を代表する建築家のひとりである。

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/55170103

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 藤田美術館: