« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207301 Gohan1207302
自宅「ナスの素揚げ、そうめん」「ささみの紫蘇巻き、ビシソワーズ」

 そうめんって何気にカロリー高いな。1把で178キロカロリーだから小ライスと同じだ。わたしは3把は食べるので534キロカロリー。牛丼並と同じである。牛丼おいしいよね。うな丼でも可(<言ってる意味がわかりません)。


<2012.07.30(月)>
朝体重79.45kg、3日平均79.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、中華スープ25
昼 そうめん3把534、ナスとシシトウの素揚げ80、キノコのマリネ小鉢60
晩 ささみの紫蘇巻き120、にんじんグラッセ40、ビシソワーズ80、モヤシのカレー風味炒め60、根菜の醤油漬け80、発泡酒196、清酒189 [1,794kcal]
酒 発泡酒(700ml×4%)+清酒「金陵」(180ml×15%)=55.0ml
歩 測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120731
2012.07.31/7:41、京都府向日市

 よく晴れている。陽ざしが痛い。よく乾燥していて西山連山がはっきり見える。いつもの朝霧が見えないのは散歩の時間が遅いせいだろうか。たんぼがいい具合に緑色に盛り上がり、空の青とよく合っている。そういえば緑も青も木気だったな。セミが盛大に鳴いていてたいへんよろしい。おはよう。


Sora1207312


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

ワークワークファンタジア(28)

 鼓の音がやむと巫女は糸の切れた操り人形のように倒れた。誰よりも早く女官が走り寄り巫女を抱き起こした。その場に居合わせたものの内で正気だったのは女官と将軍だけだったかも知れない。戦場の経験のあるものだけが正気を保ったということか。

 将軍は鼓の少年を見た。少年も尋常ではなかった。放心して焦点の合わない目を宙にただよわせている。将軍は少年の背中を平手で叩いた。つい力が入り過ぎたのは将軍も動揺していたからだろう。少年は吹き飛ばされて突っ伏した。

 少年を引き起こしながら将軍は尋ねた。

「おまえは龍を見たのか?」
「。。。へ?」

 女官に抱きかかえられて巫女が石盤jから下りてきた。青ざめて震えながら何かを歌っている。それはワークワークに伝わる古い子守歌だった。歌は次第にはっきりと聞こえ、居合わせたものたちは放心状態から次々と我に返っていった。歌い終わると巫女は女官の腕の中でくったりと寝てしまった。

 地上のトモ族の王子たちは東晋軍を制圧したあと城内を捜索していた。いくつもある穀倉は武器庫に使われているかと思われたがそうではなかった。驚くことにそこにはさまざまな財宝が納められていた。ツングース地方の毛皮、燕国製の絹織物、西方製のペルシャグラスまであった。ワークワークたちにその値打ちは分からなかったが、東晋軍が伽耶の鉄を私物化して自由に売りさばいていたことは分かった。

 彼らは宝物よりも東晋軍の残党を見つけることに集中していた。そのとき地鳴りが聞こえ、地面が小刻みに揺れ始めた。

「いかん! 倉から出ろ!」

 ワークワークたちが飛び出したのと龍の現れたのが同時だった。いつのまにか周囲は霧に包まれ硫黄の匂いが充満していた。巨大な龍がずるずると崖裏の穴から出てきた。突風と雷鳴のなかで胴体がうねり、それに触れた建物のいくつかが倒壊した。彼らは地面にはいつくばって龍の過ぎるのを待つしかなかった。

 それはどのくらいの時間だったのだろうか。気がつくとあたりはウソのように静まりかえっていた。崖まわりの建物は吹き飛ばされて跡形もない。地下へ下りる穴も埋まっているようだ。あわててワークワークたちは地下への入り口を必死に掘り始めた。しばらくして穴が通じ中から女官に抱えられた巫女が出てきた。ワークワークたちは巫女を見つけて狂気した。

 まぶしい日の光に目覚めて巫女はひとりごとのようにつぶやいた。

「龍とはなんとも生臭いものだな。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207291 Gohan1207292
自宅「エノキのマリネ、ジャガイモと枝豆のサラダ」「冷や奴、アジみりん干し」

 旅先で買ってきた清酒「金陵」を今夜は飲もうと思う。飲みながら小説でも書こう。その後アニメ「氷菓」を見よう。楽しみすぐる。早く夕方になりなさい。


<2012.07.29(日)>
朝体重79.80kg、3日平均79.3kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 みそしる2杯120、玉子80
昼 エノキのマリネ60、ジャガイモと枝豆の80、ガスパッチョ60、パンとオリーブオイル180
間 ガスパッチョ60
晩 冷や奴120、アジみりん干し150、賀茂ナス田楽120、納豆1パック100、玉子80、発泡酒392、ウイスキー232 [1,834kcal]
酒 発泡酒(1.400ml×4%)+ウイスキー「オールド」(100ml×40%)=96.0ml
歩 測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の研究 120729

Sora120729yuyake
2012.07.29/19:15、京都府向日市

 ツイッターでみんなが夕焼けをアップしていたのでわたしも外へ出てみた。空全体が赤く光っている。高層に幕のように広がるおぼろ雲の下面を夕陽が下から照らしているのだろう。下層の雲が影になっていて、よりいっそうまがまがしさを演出している。不思議なことに、このあと涼しくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120730
2012.07.30/6:18、京都府向日市

 あいかわらず湿度が高い。朝霧が出ていて線路向こうのタバコ工場もかすんでいる。セミがわんさか鳴いていてたいへんよろしい。手押し車で散歩のばあさんが、セミうるさいねと笑っていた。そもそもセミはサナギでも無いのに脱皮する。そういえばバルタン星人も脱皮したよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

ワークワークファンタジア(27)

 盤上の中央に巫女が立った。ひれを1本持っているが長いのでだらしなく垂れている。巫女は天を見上げた。何を見ているのかじっと天を見上げて、そして脱力して頭を垂れた。魂の抜けた傀儡のようだ。

 少年はあぐらのなかへ鼓を置き耳を澄ましている。盤上の巫女を見ているわけではない。目をつむってじっと何かを聴いているようだった。そのうち身体がリズムを刻みだし鼓の上で手がふわふわと動き出した。

 盤のまわりに座ったものどもは何が始まるのかと目を見開いていた。地中深い静寂の中で灯心を焦がすかすかな音がときおり聞こえるだけだ。この祭場が使われるのは弁韓が滅んでから数十年ぶりだろう。

 身体をゆすっていた少年の手が最初の音を打った。それはとてもはっきりとした力強い音だった。竪穴の筒のような空間を鼓のいさぎよい音が一気に貫くと、巫女はスイッチが入ったように一瞬動いた。

 音はすぐには続かなかった。少年には何かが聞こえているのだろう。身体を揺らしながら手は鼓の上をさまよっているが、しばらくおいて第2打が鳴った。巫女は鼓に操られるようにまた動いた。

 鼓は次第に続くようになり巫女はステップを踏み始めた。くるくる回る旋舞だった。最初は鼓と呼吸が合わずぎこちなかったが、それもすぐになじんだ。両手を広げて天をあおぎくるくると舞う。

 巫女はひとところで舞うわけではない。八方へ場所を変えながら舞い続ける。それは同じ経路を繰り返している。途中でとんとんとんと対角線に動くところがあった。将軍はその動きが易経の洛書後天図であることに気づいた。

 後天図は今では九星図として知られている。3×3の9つのます目に数字を入れたもので、どの列の3つの数字を足しても15になる。いわゆる魔方陣だ。対角線に動くのは南東の4、中央の5、北西の6だ。

 鼓は次第に早くなる。宙を舞うひれが円を描く。盤上に描かれた回転する後天図は石盤の上下に続く灯火の螺旋と重ね合わされていく。将軍たちにも聞こえないはずの楽が聞こえ始めた。

 ふっと灯火がゆらいだ。穴の底から風が吹き上がった。つづいて彼らは大きな幻を見た。盤面の底から巨大な龍が現れ昇天しはじめた。まわりのものたちは吹き飛ばされないようにはいつくばった。それは光る白龍で胴体は石盤の大きさと同じくらい大きかった。

 石盤から出て来るときにウロコがからからと鳴った。周囲に強い硫黄の匂いが充満した。それはホノグラムのようなものではなく確かな実体を持つように見えた。最後に尾っぽがずるずると引き出された。尾の先がふらふらと円弧を描きながら上昇するとき龍は鳴いた。細くもの悲しい鳴き声は楽の音と一致していた。龍は見えなくなり楽も遠ざかる。鼓の音が名残のように鳴っているのだけが聞こえた。

 居合わせたものたちは少年がまだうつむいたまま一心に鼓を打っていることに気づいた。はっとして将軍は盤上を見た。さきほどまで龍に覆われていた盤上で巫女は変わらず舞っていた。鼓は次第にゆるやかになり止まった。巫女もほぼ同時に舞い終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水彩スケッチ 琴平駅

120725kotohiraekli
2012.07.25、はがきスケッチ(ワトソン紙、4Bホルダー、透明水彩)、香川県琴平町

 なんとかわいらしい駅だろう。朝ご飯前に描いてやった。待合にあった古写真を見ると、元は玄関ポーチの方杖(ほうづえ、斜めの支え材)がゆるやかなカーブを描く金属製の透かし金物だったらしい。わたしは今のほうもセセッションらしくて良いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水彩スケッチ 塩倉

120724siogura_2
2012.07.24、はがきスケッチ(ワトソン紙、4Bホルダー、透明水彩)、香川県三豊市仁尾

 4棟ほど塩倉が並び長さは100メートルにも及ぶ。右側の町家は店で、その奥に2階建ての母屋が残る。仁尾(にお)はかつての一大塩田地帯の中心地だった。さらに瀬戸内海航路の重要港湾のひとつでもある。今もなお江戸時代以来の町並みを見せる町の中心にこいつはある。暑い真夏の昼下がり、かげろうの立つような街頭で描いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水彩スケッチ サトウキビの締め小屋

120723simekoya
2012.07.23、はがきスケッチ(ワトソン紙、4Bホルダー、透明水彩)、香川県高松市四国村

 こいつを見たときには本当にびっくりした。恥ずかしながら日本にも円形古民家があるということを知らなかった。土壁と藁葺きの素朴な取り合わせがとても美しい。日暮れ時でだんだん暗くなる。蚊にいっぱいくわれながら一生懸命描いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケッチ教室 木をモクモク描く

120728hirakata
2012.07.28、はがきスケッチ(ワトソン紙、4Bホルダー、透明水彩)、大阪府枚方宿

 暑いのでさっさと終わらせようということで樹木をテーマにした。ちょうど影になるところを探しておいたのでそこでまず1枚描く。描くところを生徒さんに見てもらいながら鈴木喜一が「未完成を意識する」と最近言っていたことを紹介する(参照)。いつやめても大丈夫なように意識してスケッチするということ。上のスケッチで色もつけて10分。通常20分だから未完成を意識したほうが早くなるな。


120728hirakata2

 生徒さんが描いているあいだにもう1枚描いてみた。タテ使いもおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬきメモ(03) 三谷製糖2

10mitani_2
2012.07.23、香川県東かがわ市

 三谷製糖は古い建物を大切にお使いになっている。その店の間でお茶をいただいた。和三盆の干菓子に松葉が添えられていた。なんという心遣いか。このときわたしはまだ気づいていなかったが、この旅の2つのテーマが動き始めていたのだ。ひとつはここがかつて砂糖の国であったということ。もうひとつは砂糖で得た富の生み出した文化が今も受け継がれているということ。


07mitani 11mitani_2 12mitani
(左)土蔵造りの店と製糖場(中)絞り場(右)サトウキビ畑

 製糖場の裏へまわると青々としたサトウキビ畑が広がっていた。ここではまだサトウキビを栽培しているのだ。そして江戸時代とあまり変わらない方法でそれを絞っている。まあびっくりしたね。そんなことは普通はできないと思う。多くの製糖場が高度成長の時代に無くなっていったろう。でもここでは江戸時代と同じように客人に出す干菓子に松葉を添えてくれる。この製糖場が守っているのは和三盆という製品だけではなく、干菓子を使う文化そのものなのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬきメモ(02) 三谷製糖

03mitani
2012.07.23 香川県東かがわ市

 次に出会ったのがこのサトウキビ絞り機だった。牛をつないでぐるぐる歩かせると中心の3つの歯車が動く仕掛けになっている。歯車の下に石臼があり、そのすき間にサトウキビをさし込んで絞るのである。よくできている。絞られた甘い汁は石臼下の垂れ口からカメに集められた。このカメは垂れ口下の地面に埋められていたらしい。

04mitani 05mitani 06mitani_2
(左)石臼(中)汁の垂れ口(右)汁を溜めるカメ

 三谷製糖は江戸時代の中期、このさぬきの国で製糖が始まった頃からの製糖場だ。高松藩は蘭学者平賀源内に命じて製糖法を調査させた。それまで砂糖と言えば琉球や九州産の黒砂糖だった。

 平賀の調べた製糖法も黒糖だったろうが、その後地元の製糖家の発明によって白糖の精製に成功した。これが和三盆で瞬く間に全国に流通するようになる。大阪出荷の6割をさぬき産が占めたという。大阪へ出すということは全国流通に載せるということだから全国シェアの6割がここで作られたということだ。そんなこと全然知らなかった。


08mitani 09mitani
(左)牛の鞍(右)花活けになった石臼

 絞り機の部品があちこちにある。牛の鞍やサトウキビ入れの籠が照明器具になっていたり、石臼に竹をさして花活けにしたりしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬきメモ(01) レンガの煙突

01entotu1
2012.07.23、徳島県鳴門市瀬戸町明神

 今回の旅で最初に出会ったのがこのレンガの煙突だ。鳴門市内の国道11号線を西へ向かっていたらいきなり現れたので車を止めた。草が生いしげり近寄れず何の工場なのか手がかりはつかめない。八角形の立派な煙突なのでレンガ工場のような強力な火力を使うものだと思う。多少破損しているが修理可能だ。いったいおまえはだれですか?


02entotu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきの思うつぼ アニメ近況

 2012年夏期は「氷菓」第2クール以外は全滅した。結局京アニだけなのかよ。「氷菓」のバックロールを見ていると、ほぼ国内で作っていることが分かる。ジブリなみだな。新しい制作体制を試みるなかで、うまい具合にアニメータが育っているということだろうか。「氷菓」おもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきの思うつぼ 千反田える

Eru2 千反田える「氷菓」

 動きが「けいおん!」の秋山澪そっくりだ。京アニは性格ごとに動きを変えているらしい。確かに仕草は演技の基本だからな。歩き方ひとつで性格が分かってしまう。自分はいったいどんな歩き方をしているんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207281 Gohan1207282
一力食堂「カレーそば」フジタホテルビアガーデン「キリン生」

 ちぐはぐな日常
 「あした来て下さい」というメールに行くと返事したが、「あした」というのが「きょう」であることに気づかずすっぽかしてしまった。きのうからこんなのばっかり。脳内が夏休みなのだと思う。すまんがもうわたしに仕事をさせるのはあきらめてほしい。


<2012.07.28(土)>
朝体重79.25kg、3日平均79.1kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、中華スープ25、パスタ180
昼 カレーそば550
晩 枝豆160、焼き鳥3本180、焼きそば400、カレー小皿400、ビール420 [2,645kcal]
酒 ビール(1.200ml×5%)=60.0ml
歩 21,438

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120729
2012.07.29/6:31、京都府向日市

 気温はまだ上がっていないが湿気がすごくて水のなかにいるようだ。霧で周囲の山並みがかすんでいる。上層のわずかなスジ雲と中層の薄く広がった層雲が生まれたばかりの日に照らされて美しい。6時半になったとたんアブラゼミが鳴き出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

たぬきのダイエット日記

Gohan120726 Gohan1207271 Gohan1207272
ごはん屋「煮魚定食」風景「焼き魚定食」自宅「イカ焼き、ガスパッチョ」

 天然
 打ち合わせ時間ぎりぎりで焦っていたために下りる駅をひとつ間違えた。そのために遅刻してあわててへ会場に駆けつけたら誰もいない。あれ?と思ったら打ち合わせ日を1ヶ月間違っていた。

かみさん マンガに出てきそうなドジッコだね


<2012.07.27(金)>
朝体重78.95kg、3日平均78.7kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、中華スープ25
昼 ごはん235、みそしる60、漬物5、イカ煮物小鉢80、冷や奴80、サバ塩焼き200、玉子焼き2きれ80
晩 イカオイル焼き120、サイコロステーキ100、焼きおにぎり小2個300、うどん小鉢180、ガスパッチョ2皿160、長いもモロミ添え40、発泡酒98、清酒105 [2,198kcal]
酒 発泡酒「金のオフ」(350ml×4%)+清酒(100ml×15%)=29.0ml
歩 12,979

<2012.07.26(木)>
朝体重79.15、3日平均78.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、中華スープ25、チーズパン180
昼 ごはん235、みそしる60、冷や奴80、サバ味噌煮200、漬物5
晩 刺身120、豚角煮小皿120、サラダ60、エノキバター焼き40、枝豆60、ビール420、焼酎73 [2,008 kcal]
酒 ビール(1200ml×5%)+焼酎(50ml×25%)=72.5ml
歩 10,253

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空 

Sora120728
2012.07.28/6:35、京都府向日市

 薄い霧のため周囲の山並みはかすんでいる。上空は快晴だ。西の中層の空にわずかな雲が浮かぶばかり(写真上)。気温はまだ上がっていない。早朝からセミが盛大に鳴いている。夏休みらしくてたいへんよろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207251 Gohan1207252 Gohan1207253
寿旅館「朝食」谷川製麺所「かけ玉うどん大」さかえ「かけ大、天ぷら」

 香川県へ旅行へいった。毎日さぬきうどんを食べて大きくなって帰ってきた。さぬきうどんには「かけ」「ぶっかけ(温)」「ぶかっけ(冷)」「釜揚げ」「生醤油」などの種類があることを知った。細かく分ければもっとあるかも知れない。さぬきうどんおいしいね。


Gohan1207241 Gohan1207242 Gohan1207243
ドーミーイン高松「うどん、ミンチカツ」長兵衛「中華そば大」寿旅館「創作会席料理」


<2012.07.25(水)>
朝体重測定せす、3日平均78.8kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 ごはん小3膳540、みそしる60、玉子焼き2切れ100、冷や奴120、漬物5、ちくわ梅肉漬物添え80、さつまいも煮60、果物60
昼 玉子入りかけうどん大600
晩 かけうどん小400、天ぷら2個160、たこ焼き200、おかき200、清酒189 [2,774kcal]
酒 清酒(180ml×15%)=27.0ml
歩 11,706

<2012.07.24(火)>
朝体重測定せず、3日平均78.8kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 かけうどん450、ミンチカツ200、温泉玉子94
昼 中華そば大550
晩 うどん小鉢200、野菜天ぷら300、サーモンのカルパッチョ80、漬物10、桃のスープ60、ゆで鶏肉のニンニクソース80、アジ刺身60。はまち焼き魚100、果物40、ビール175、清酒189  [2,588kcal]
酒 ビール(500ml×5%)+清酒「金陵」(180ml×15%)=28.0ml
歩 11,768

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora1207262

 稲の穂がたくさんの朝露をつけていた。こんなの初めて見た。しゃがんで眺めればまるで緑色の銀河に浮かぶ星々のよう。おもしろい。


Sora1207261
2012.06.26/5:59、京都府向日市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

建築探偵の写真帳 円形民家(香川県の絞め小屋)

Siborikoya1

2012.07.23、四国村(四国村)

 恥ずかしながら今まで円形の古民家が日本にあることを知らなかった。かたちがおもしろいし、土壁とわらぶきの取り合わせがとてもきれいだ。

 これはサトウキビの絞り小屋で「絞め小屋」という。写真下右のように中央に絞り機を据え、牛を使ってぐるぐる回す。歯車の下に回転石臼が3個あり、その間にサトウキビを差し込んで絞る。絞り汁は下部の木の台で受けて土間に埋め込んだカメに導かれる。江戸時代後期に開発されたものだという。

Siborikoya2 Siborikoya3 Siborikoya4

 平賀源内が最初に手掛けたという。わたしはヨーロッパの文献通りに作ったから円形なのではないかと思う。木造で円形は難しいし、この場合円形でなければならない理由はない。実際四角い絞め小屋もある。それでも断然円形のほうがおもしろいし美しい。製糖という新しい産業へのあこがれがこの風変りな形に籠められているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207233_3Gohan1207232_3Gohan1207231

郷「うどん、あゆ塩焼き」あらし「あじ刺身定食」

 車で徳島から高松へ入った。昼は徳島で活け魚料理屋、夜は高松の庄屋屋敷で懐石料理をいただいた。うまし。

 

< 2012年7月23日朝の体重測定せず >

朝 おにぎ小り4個400、おかき4枚240

昼 あじ刺身220、ごはん235、みそしる60、漬物10、冷奴小鉢60

夜 突出し40、刺身120、茶わん蒸し80、野菜とあゆ南蛮漬けの蒸し物80、あゆ塩焼き180、うどん400、ジュレ60、ビール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207221 Gohan1207223 Gohan1207222
自宅「そうめん、だしまき」「ゴーヤチャンプルー、陶板焼き」

 ガリガリ君は赤城乳業という会社が作ってるんだね。埼玉県の深谷(ふかや)市というところにある。創業1931年、乳業というぐらいだから最初は牛乳を作っていたのかな。と思ったらウイッキは最初からアイスクリームメーカーだとしている。ミルクを使うなら乳業でいいんだけどね。1960年創業だから当初は給食事業と関係があったんじゃないかとも思う。


<2012.07.21(土)>
朝体重78.60kg、3日平均78.8kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 グリーンカレー220、チキンライス小皿180、中華スープ25
昼 そうめん3把534、だし巻き玉子3切200
晩 ゴーヤチャンプルー400、陶板焼き200、発泡酒196、ガリガリ君70 [2,025kcal]
酒 発泡酒「金のオフ」(700ml×4%)=28.0ml
歩 測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120723
2012.07.23/5:36、京都府向日市

 雲の切れ目が出ていた。切れ目のところで雲がさかんに動いている。切れ目よりも手前の雲が少し低いように見える。風が強くて切れ目はどんどん近づいてきた。5分後には真上に来たが切れ目は無くなっていた。安定した現象ではないのだろう。なぜこうなるのかは分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

建築探偵の写真帳 笑うこま犬 御霊神社

Komagoryou1
2011.06.15、大阪市中央区御霊神社

 ブロンズ製は古いものが少ないので、これまでよく見ていなかった。暑い日だった。境内で水筒の水を飲んだときにこいつと目があった。そのとき笑ってることに気づいた。

 ブロンズ製の笑うこま犬は珍しいと思って説明板を読んだら江戸時代のものだった。元和年間(1615-1624)というからものすごく古い。戦時中に供出されそうになったが、あまりに古いので差し置かれ、それ以来倉庫で眠っていたが1971年に総代みんなでお金を集めて再設置したそうだ。よかったね。


Komagoryou2 Komagoryou3
元和年間(1615-1624)藤原正次の作品と説明板にある。

 笑っていないほうもおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 清水猛商店

Simizu1
2011.06.15、大阪市中央区

 ちょうど木村さんが紹介していた(参照)。うまく説明してくださっているので付け加えることもないが、設計の小川がわたしの学校の大先輩ということで多少見どころなど。

 まず庇が残っていること自体が珍しい。庇は傷みやすいので取り替えられていることが多い。残っていると言えば他には大江ビルくらいか。この庇は横一文字の庇に小アーチを設けて変化をつけている。その控えめな扱いが全体の印象を上品に仕上げている。


Simizu2 Simizu3

 ワイヤーは角棒をねじっている。1ヶ所当たり4本に分けたのもねじって陰影を付けたのもワイヤーが悪目立ちしないようにするためだ。ワイヤーが野太いと庇が重たく見えてしまう。この庇はけっこう大きいが、こうしたデザインのために重さを感じさせない。

 板金仕事もよくできている。小アーチ両端の渦巻き模様は打ち出している。小アーチ内に納まる円形部は打ちだしたものをロウ付けしている。一見地味だが細部の作り込みがすごい。この時代の大阪の板金職はすごい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 小西家住宅

Konisi1
2011.06.15、大阪市中央区道修町

 わたしにはアーカンサスの葉に見える。もちろん洋風モチーフだ。1903年の左官職は洋風モチーフを自在に操れたというわけだ。2階の袖壁に付いている。ハサミで切って貼り付けたように見えるがそうでなく、これはコテ絵だろう。よくできている。


Konisi2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207211 Gohan1207213 Gohan1207212
自宅「なすパスタ」「小鯛の唐揚げ」

 愛用の小さなグラスに「利久(りきゅう)」とある。検索したところ戦前に開発された合成酒らしい。戦時中の代用食品なのかも知れない。「利久」はリキュールのしゃれだろう。合成酒ってそんな前からあったんだね。


<2012.07.21(土)>
朝体重78.85kg、3日平均79.1kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、中華スープ25、チキンライス小皿180
昼 ナスパスタ500、トマトサラダ60
晩 小鯛の唐揚げ160、野菜の天ぷら80、ビール175、ウイスキー449 [1,959kcal]
酒 ビール(500ml×5%)+ウイスキー「オールド」(180ml×43%)=102.4ml
歩 5,383

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora1207221
2012.07.22/6:05、京都府向日市

 西山連山は朝霧にかすむが京都盆地の上空をよく晴れている。高層にたなびく絹雲が朝日を受けて輝いていた。風はない。JRの土手にクズの花が咲いていた。


Sora1207222


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

建築探偵の写真帳 こて絵

Kotee1
2011.06.14、大阪天満宮、川崎東照宮神輿蔵

 扉の上に見事な龍のコテ絵がある。彩色せず真っ白なままなのも迫力がある。多少傷んでいるので作り方が分かった。芯に鉄を使っている。木を使っているのは見たことがあるが鉄は初めて見た。針金を駆使して木ではできない細かい細工をしている。よくできている。


Kotee2 Kotee3 Kotee4

 明治の移築とあるから、そのときの作品なのかも知れない。


Kotee5 Kotee6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 コンクリート寺院編 智源寺

Tigenji
2011.06.14、大阪市北区天神橋筋、扇町交差点から南へ

 最近改修なさったようできれいになっている。元は打ち放ちだったかも知れないが、元設計の良さを活かした良い改修だ。天神橋筋や谷町筋など大阪万博のころに拡幅された道路沿いにはコンクリート寺院が多いが、なかでもこれはよくできている。

 1階をピロティとし階ごとの分節を明確にしてケーキボックスのような軽やかさと端正さを実現している。左右にバルコニーをうがち2階に透けたコンクリートブロックを巡らせていることも軽く見せることに役立っている。北側に三角形の出窓を設けて単調さを破り、塔屋の壁を薄く見せて圧迫感を消しているあたり、相当の手練れの作品であることは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 銀橋

Ginbasi1
2011.06.14、大阪市北区

 銀橋と愛称されるのは武田が開発されたばかりの銀色さび止め塗料を試したからだ。武田は日進月歩の科学の力を信じていた。

 桜宮大橋は都市門にふさわしい。この見事な鉄骨デザインは武田の考えを構造家が実現したものだ。部材の接合部を曲線で仕上げていることが、この橋を美しくししているが(写真上)。これは構造的な要求と意匠的なそれとを同時に満たしている。


Ginbasi2

 それまでの橋梁デザインは、構造家の設計に建築家が装飾を取り付けることで成り立っていた。そうではなく、構造そのもののもつダイナミックな美しさを顕しにすべきだと武田は主張し、その実験を大阪都市計画橋梁で試みた。その成果がこれだ。

 この橋に銀色塗料を使ったのも、そのほうが構造体の美しさが引き立つと考えたからだろう。いつ見ても美しい橋だ。そのほかの考察は放置中の旧連載を参照されたし。

 銀の橋の謎(1) 自分でも何を書いたか忘れている。後で読んでみるし。


Ginbasi3 Ginbasi4
 
 横に新橋を架けながら、旧橋が見えるようにした(写真右)安藤忠雄もえらいと思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 鞍馬口の洋館2

Kuramagutiyoukan03
2012.07.18、京都市北区

 前回ご紹介した民芸住宅(参照)の流れである。大きな三角屋根だから洋館のシルエットなのだが、どことなく和風なのがおもしろい。白い妻壁を飾るS字カーブの桁とその上の駒形の空気抜きが和風に見せるのだろう。ちょっとしたことで印象を操作しているわけだ。


Kuramagutiyoukan04

 上下2段の屋根の頂点を左右にずらし単調さを避けるやり方がただものではない。昭和7年くらいに見えるが戦後のものかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan120720
なか政「さんま開き定食」

 ここ3日ほど78キロ台を維持している。原因はふたつ。昼寝をせず夜ちゃんと寝ていること、水分を毎日2リットルほど採っていること。家にいると水分2リットルは難しいな。家でも水筒を使うか。


<2012.07.20(金)>
朝体重78.85kg、3日平均79.1kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、ごはん小180、トマトシチュー80
昼 さんま開き289、ごはん235、漬物5、お吸い物80、焼き麩と野菜の煮付け80、ポテトサラダ80
晩 焼き鳥160、ツナタイカレー缶詰240、らっきょう酢漬け40、ビール263 [2,062kcal]
酒 ビール(750ml×5%)=37.5ml
歩 16,054

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120721
2012.07.21/6:06、京都府向日市

 湿気が多く風はない。周辺の山々はガスに包まれている。京都盆地の下層は薄いガスがよどんでおり、上層のおぼろ雲も薄い。白銀の雲に青空が透けるように見える。セミはいない。鳥もいない。静かな土曜日に朝である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年7月20日 (金)

建築探偵の写真帳 鞍馬口駐車場

Kuramaguti1
2012.07.18、京都市北区

 すっかり忘れていたが昔のまま残っていた。鉄骨の美しいガレージである。正面は鉄骨下地に石膏ボードを張りタイルを貼っている。3ヶ所ある入り口の上部は矢羽根貼りになっていておもしろい。タイルは下のようなバリ土タイル(参照)で、いい具合に鉄錆びが出ている。


Kuramaguti2 Kuramaguti3 Kuramaguti4


 なんとなく公設市場だろうと思っていたが違うらしい。元から市営バスの車庫だったのではないかと今は思っている。交通局の記念誌を見れば分かるはずだが手もとにない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 鉾まわし

Hokomawasi
2012.07.17。京都市中京区

 阪急河原町で下りて地上に出たら鉾(ほこ)まわしをしていた。急いでいたのだが、引き込まれるように見学していた。まわっているのは鶏鉾だ。交差点の中央に鉾を置き、引き綱の向きを直角に変えて引っ張る。車輪の下には竹を敷き、さかんに水を撒いていた。


Hokomawasi2

 通常は2名の音頭取りがこのときばかりは4名になる。両端の2名は車輪の上に載っているのがお分かりだろうか。準備が整うと祇園囃子がアップテンポになる。姿勢を落とした音頭取りの4枚の扇子がパラパラパラと水平に波打ちながら右側へスゥーと移動して一瞬とどまった後、パッとタテになって左側へ押し込むと、それにつられて巨大な鉾がズズズッと動く。おもしろいな。まるで魔法だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 裏寺通り

Uradera
2012.07.18、京都市中京区

 四条通りから裏寺通りへ入ると河原町オーパの避難階段が正面に見える。路地裏から見上げるとさほど大きくもないオーパが巨大に見えるからおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207191
京都造形大学生食堂「うな丼」

 うな丼は土用の入りに合わせたサービス品である。たしか国産と書いてあった。一切れを3分割して載せてある。300円なので割安感がある。毎日食べたい。おいしいよねうな丼。


Gohan1207192 Gohan1207193 Gohan1207194
百(大丸裏)「焼き鳥」自宅「ローストビーフ」「蒸し春巻き」


<2012.07.19(木)>
朝体重78.90kg、3日平均79.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、中華スープ25
昼 うな丼500、みそしる60、ゆで玉子半分入りサラダ160
夕 焼き鳥2本160、枝豆小皿40、柿ピー小皿40、ビール315
晩 ローストビーフ6枚150、ゆでもやし20、蒸し春巻き2本120 [1,920kcal]
酒 ビール(900ml×5%)=45.0ml
歩 13,251

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120720
2012.07.20/7:45、京都府向日市

 湿気がものすごい。蒸し風呂一歩手前といったところ。歩いていたらパラパラパラと乾いた音が鳴り始めた。なんだろうと思ったらビニールハウスに雨が当たる音だった。音の間隔が次第に短くなりビニールハウス全体がザーと大きな音を立てだしたので、あわてて帰った。通り雨だったようでもう止んでいる。セミは鳴いていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

モクサンマチヤ ケイソウ土塗り3日目

1207161
2012.07.16、搬入されるビルウッドの特注家具

 ワークショップの準備をしていたら家具が到着した。橋本であつらえたトチの木のテーブルだ。上はまだできあがっていないので、ひとまず1階の奥へ運び込んだ。さすがに重いぞ。


1207162 1207163 1207164
(左)壁塗り(中)まみこお姉さんの工作コーナー(右)こどもと語らうカタヤマ大工

 さっそく壁塗りワークショップを開始。やはり興味しんしんな子供たちだったが、小さい子が多かったせいか1時間ほどで工作コーナーへ移動し、後は大人たちが仕上げてくれた。自然素材に詳しいかたもいてびっくり。


1207165
仕上げをするサタケさん

 夏場なのでぐんぐん乾いていく。乾くと色が変わるのでできあがりが楽しみだ。結局ケイソウ土は1平米ほど足りなかった。ワークショップでこどもらも入れるとどうしても厚塗りになるようだ。そこはまた今度継ぎ足し塗りをするということでワークショップを終了。


1207166 1207167 1207168
(左)鉄板で腕を振るう施主(中)こどもたち(右)特製焼きそば

 正午を過ぎると気温は高いが、1階は風が通って気持ちがいい。焼きそばとお好み焼きとおにぎりとビールで打ち上げ。その後こどもらは前の道で「だるまさん転んだ」に熱中していた。わたしは抜栓して昼寝。楽しかったよ、ありがとう。


1207169
抜栓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207181 Gohan1207182
風景「焼き魚定食」自宅「冷やし汁かけごはん」

血液型
施主    わたしはA型です。細かいことが気になる。
情熱大工 慎重で間違いの少ないタイプですね。実はわたしもA型なんですよ。で、エンマンジさんは何型ですか?
たぬき  A型
一同   ええっ!?


Gohan1207161 Gohan1207162 Gohan1207171
現場「やきそば」自宅「生春巻き」かぐら食堂「さんま定食」


<2012.07.18(水)>
朝体重79.55kg、3日平均80.0kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、中華スープ25
昼 さば塩焼き200、ごはん235、みそしる60、大根おろし20、だし巻き2切れ80、冷や奴半丁80、漬物10
夕 焼き鳥2本160、枝豆80、どぼ漬け40、ビール105、清酒189
晩 冷やし汁かけごはん300 [1,914kcal]
酒 ビール(300ml×5%)+清酒「黄桜」(180ml×15%)=42.0ml
歩 測定せず

<2012.07.17(火)>
朝体重80.15kg、3日平均80.0kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、きのこごはん180、野菜スープ60
昼 サンマ塩焼き289、ごはん235、みそしる60、ハムエッグ214、キャベツ20、漬物5
晩 刺身120、はも落とし80、さば味噌煮120、串カツ4本220、ビール420 [2,353kcal]
酒 ビール(1,200ml×5%)=60.0ml
歩 9,927

<2012.07.16(月)>
朝体重79.95kg、3日平均79.8kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、中華スープ25
昼 焼きそば小皿220、お好み焼き小皿180
晩 生春巻き1本80、きのこごはん235、野菜スープ2杯120、ナスビ揚げだし60、豆とキュウリの和え物60、おにしめ60、ビール368 [1,738kcal]
酒 ビール(1,050ml×5%)=52.5ml
歩 3,822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora1207191
2012.07.19/7:31、京都府向日市

 朝鮮半島を台風が縦断している。その影響だろう、不穏な空模様だ。上層と下層それぞれに積雲が多いが天頂は晴れている。雨にはならないだろう。セミは鳴いているがまだ数が少ない。きょう土用の入り。暦は夏から秋へと回転する。ウナギ喰いたし。


Sora1207192 Sora1207193

 かみさんの育てている白蓮が盛りだ。白蓮と言っても花弁の先が赤い。茶碗バスの倍ほどの大きさがあり、白桃のようにほっこりと柔らかそうに咲く。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年7月18日 (水)

京都の朝空

Sora120718
2012.07.18/4:46、京都府向日市

 まだ日が昇っていない。空はよく晴れている。京都は祇園祭で梅雨が明けるというが、きのうの山鉾巡行に合わせtあように梅雨が明けた。東の空に明るい星がふたつ見えた。下が金星で上が木星らしい。人類は自在に宇宙をかけめぐると考えられていたけれど、金星や木星さえ有人飛行はかなわなかった。なぜだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年7月16日 (月)

モクサンマチヤ ケイソウ土塗り2日目

1207151

 ケイソウ土塗り2日目はワークショップ方式なので親子がたくさんやってきた。子供らもけっこうみんな真剣に塗っていたね。やはり土を触るのは子供たちには良いのだろう。壁の上のほうは親たちが塗ってくれた。親も子も黙々と取り組んでいた。


1207152 1207153 1207154
(左)子供たち(中)全体(右)こどもの人気者タウチ棟梁の指導

 午前中1時間半、午後3時間ほどで8割方完成した。みんなありがとう。


1207155 1207156
まみこ姉さんの工作コーナー

 壁塗りに飽きた子供たちのための工作コーナーをフジカワさんが開いてくれた。写真たてにケイソウ土を塗っておはじきをはめ込む。これも子供らに大人気だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207151 Gohan1207152 Gohan1207153
現場弁当「もやしカレー炒め、お煮染め」「トマトバジルサラダ」「豆とキュウリ和えそば」

 万歩計が壊れた。ヨドバシカメラへ買いに行きたい。電池が無いだけかも知れない。でもヨドバシで何か買いたい。行くだけでもいい。日本橋でも可。


<2012.07.15(日)>
朝体重79.90kg、3日平均79.7kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、中華スープ25
昼 おにぎり3個600、モヤシカレー炒め20、ソーセージ80、おにしめ80、ゆで玉子半分40、ビール368
晩 トマトバジル80、ざるそば300、つゆ60、豆とキュウリの和え物60、発泡酒196 [2,239kcal]
酒 ビール(1,050ml×5%)+発泡酒(700ml×4%)=80.5ml
歩 8,329

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120716
2012.07.16/7:44、京都府向日市

 8時前なので日は高い。日に当たると肌が灼けるように熱い。でも空気は乾いて透明だ。まだ気温は上がっていない。高層にまばらに絹雲が流れ、中層を積雲くずれが北へ飛んでいく。風が強いらしい。遠くでアブラゼミが鳴いている。ツバメが30羽ほど電線でおしゃべりしながら休んでいた。おはよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

五行説メモ ヤタガラス

12
2012.07.13、京都市下京区、月鉾

 月鉾のはっぴはカー助が染め抜かれていてとてもかわいい。いいなぁカー助。さてヤタガラスがなぜ3本足なのか私流に解説しておく。

 よくある説明は天人地の3になぞらえたというもの。これは正しいけれど説明不足だろう。陰陽五行説では1は混沌、2は天地分割、3は天人地の誕生で(人間)世界の始まりを示す。

 奇数の最初は1だが、陰陽五行説で1は奇数でも偶数でもない。1はカオスな宇宙、2が陰数の最初、3は陽数の最初となる。五行説は世界は数字でできていると考える。だから数字の3には天人地である以前に、数字そのものに世界の始まりの意味がある。

 太陽は最大の陽気だから最初の陽数3が当てられたのだろう。それで太陽のシンボルであるヤタガラスも3の属性を負った。だから3は目でも羽でもなんでも良かったはずだ。なぜ足になったのかは分からない。

 カラスが太陽と結びつくのは黒いのは太陽で焦げたと考えたからだろう。黒点もカラスに見えるというのもその通りだと思う。分からないのは足だけである。なにか太陽関連の現象で足が3本になるものがあるような気がする。たとえば彗星とか。とりあえず考え中ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207141 Gohan1207142
現場弁当「おにしめ」自宅「冷や奴、揚げナス」

 腹まわり男性85センチ以上で内臓脂肪型肥満の疑いと判定される。わたしは現在96センチで内蔵型肥満だからそのとおりだな。


<2012.07.14(土)>
朝体重79.45kg、3日平均79.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、中華スープ25
昼 おにぎり2個400、おにしめ180
晩 冷や奴180、揚げナス80、お煮染め120、発泡酒196 [1,511kcal]
酒 発泡酒(700ml×4%)=28.0ml
歩 6,367

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モクサンマチヤ ケイソウ土塗り1日目

1207141 1207142
2012.07.14(左)テーピングをする施主(右)建築たぬき

 珪藻土を自分たちで塗った。材料は珪藻土を最初に開発した日本ケイソウド建材「エコクイーン」のペーストタイプ(参照)。練った状態でビニル袋詰めにされていてスグに使えるのでありがたい。


1207143 1207144 1207145
(左)情熱大工(中)フジカワさん(右)スーパー薮

 3日工程の初日はまず練習ということで6畳ほどの小部屋を塗った。テーピングに30分、施工は4~5人で4時間ほど。おもしろいのは塗り始めるとみんな寡黙になること。やだひたすらに塗り続ける。楽しい。


1207146 1207147 1207148
(左)施主パパ(中)そのほか(右)できあがり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120715
20122.07.15/5:14、京都府向日市

 きょうも5時台。市内は降っているそうだが、このあたりはもう上がっている。雲の切れ間も見える。写真は青いが光量不足のせいで実際はにぶい鉛色だ。遠くでアビラゼミが1匹鳴いている。雨でゆるんだ地面から出てきたのだろう。ようこそ乙訓(おとくに)へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

五行説メモ 月鉾の世界観

01_2 02_2
2012.07.14、京都市中京区

 月鉾の図像学的な説明をあまり聞いたことが無いので、私流の解説を少ししておこう。この鉾の主人公はこのウサギだと思う。写真右の追っかけが陽で左の振り向きが陰だ。追っかけが口を開いているのも陽気のしるしだ。

 このものたちは冥界の使いだろう。易経で言えば二黒土星の地、つまり大地の女神イザナミかオオクニヌシの眷属(けんぞく)だ。わたしはこいつらをオオクニヌシを祀る出雲大社の八足門でも見た。オオクニヌシが助けたのが白ウサギだったのは偶然ではなく、オオクニヌシが大地の王でウサギがその眷属だからだろう。

 ちなみに大地とウサギの関係は不思議の国のアリスと同じだ。大地に開けた穴を出入りする動物だから、地底の国と行き来するイメージがついたのだろう。


03 04

 ウサギの下に馬と亀がいる。馬は河図(かと)を背負って黄河から現れた龍馬で亀は洛書(らくしょ)を背負って洛水から現れた霊亀だ。河図洛書は世界の構成を示す数表で五行説はこの2枚の数表でできている。つまり聖なる馬と亀が世界の成り立ちを人間に教えたわけである。


07 08

 おもしろいのは、ウサギの跳ねる波の下が貝づくしになっていることだ。それはもう見事な飾り金物でいつまで見ても見飽きない。祇園祭の見どころのひとつが月鉾の貝づくしだと思う。これを見たときにわたしは月鉾の構成が分かった。


09 10

 ウサギの上にはカラスがいる。これも追っかけと振り向きの陰陽になっている。ウサギの陰の上にはカラスの陽が配され、ちゃんと上下でも陰陽になっている。よく見えないがカラスは3本足であるはずだ。なぜならウサギが陰でカラスが陽なら、カラスは太陽を示すヤタガラスでなければならないから。

 わたしにはカラスは夜を暗示しているように見える。つまりウサギの跳ねる海は夜の海なのだ。その上空高くに三日月が出る。それは夜明け前の下弦の月だ。月光に照らされた波間にウサギが遊び、その下で貝が眠る。

 ヤタガラスは先導者の意味もある。カラスが先導するものは月光だろう。月光に導かれて世界の構成を記した2枚の数表が海中から現れる。その瞬間を月鉾は示している。物語のクライマックスを月鉾はよ捉えている。


11

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120714
2012.07.14/5:38

 久しぶりに5時台の散歩だ。雲が晴れてきた。上層におぼろ雲が広がるが、低層の雨雲はもう
きれぎれだ。細長い雲があって地震雲かと思ったが普通の飛行機雲だった(下)。大層なスピードで東へ流れているから相当遠くで発生したものだろう。夜中も飛行機は飛んでいるのかね。


Sora1207142

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207131 Gohan1207132
自宅「そうめん」「ゴーヤチャンプルー」

 中華料理禁止になりました。


Gohan1207121 Gohan1207122
自宅「ビーフシチュ」チャーミングチャーハン「マーボー丼」


<2012.07.13(金)>
朝体重79.75kg、3日平均79.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 中華スープ25
昼 そうめん3把534
晩 ゴーヤチャンプルー320、ナスビ煮浸し20、ゆでもやし20、ビール123、清酒210、がりがり君70 [1,322kcal]
酒 ビール(350ml×5%)+清酒(200ml×15%)=47.5ml
歩 測定せず

<2012.07.12(木)>
朝体重79.40kg、3日平均79.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 ビーフシチュー360、ポタージュスープ70
昼 ビーフシチュー360、パン180、野菜サラダ80
晩 マーボー丼600、餃子360、ビール210、がりがり君70 [2,290kcal]
酒 ビール(600ml×5%)=30.0ml
歩 5,198

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

建築探偵の写真帳 戦後ビル編 中央電気倶楽部2号館

Tyuoudenkiclub
2011.06.14、大阪市北区

 中央電気倶楽部の増築って誰かと思ったら双星社竹腰建築事務所だった(1965年竣工。大林組施工)。窓と壁の比率が行き届いていて美しい。旧館とデザインを変えているが、そのことがむしろ旧館の良さを活かしている。さすがである。

 竹腰健造は大阪を代表する建築家のひとりだ。住友営繕部で長谷部鋭吉とともに大阪ロマネスクというスタイルを作った。戦後も数多くの名作を残している。もっと調べてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 旧大阪中央電報局モニュメント

Densin1
2011.06.14、大阪市北区

 山田守の電報局のモニュメントがある。見てのとおりのマチスの踊り子で、これは岩元禄の西陣電話局にも通じる。分離派はどれだけマチスが好きなんだよ。星は北斗七星だがなんでだろう。裏の説明板によれば1965年に移転したとある。建物は山田らしく放物線を多用したかっこいいものだった。


Densin2 Densin3

 モニュメントはオリジナルなのかどうか分からない。型をとって復元したものに見える。よく考えれば、そもそも建物の一部を保存したものかどうかも定かでない。裏に説明板があるが狭くて読みにくい。撮った写真を変形させて読みやすくしたが、驚くことに建築家のことを書いていなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 出入橋

Deiribasi1
2011.06.14、大阪市北区

 石畳が残っているのが珍しい。しかもとてもきれいだ。だから残してくれという気持ちを籠めてガイドマップに入れておいた。もとは手すり上に照明塔が立っていたようでその跡がある。当時の小型橋梁のプロトタイプ(典型)だけど、なかなか美しい橋だ。

 川は埋められている。橋の脇に水道管のようなものを架けていた跡があり、これがあるために橋は解体をまぬがれたそうだ。この橋は鉄橋でプレートに「昭和拾年、(株)横河橋梁製作所、大阪工場製作」とあった。


Deiribasi2 Deiribasi3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207111 Gohan1207112 Gohan1207113
自宅「高菜チャーハン、三度豆天ぷら」「シャケごはん」「ビーフシチュー」

 特定保険指導
 建康保険組合から特定保険指導のお誘いがあった。丁重にお断りたが、これは健康診断の受診者から選ばれるもので、わたしが選ばれたのは2回目だ。前回はまじめに指導を受けたが今いちかみ合わなかった。

 理由はふたつあった。訪問指導は「生活改善の動機付け」が目的なのだが、わたしは動機だけはたくさん持っていたこと。もうひとつは、けっこう決めつけで押しつけがましいことだった。自分のことなのだから反発してもしようがないと分かっていてもどうにもがまんできなかった。

 わたしの健康診断結果は典型的なメタボで特定保険指導の対象としてふさわしい。ところがどうにも分からない謎がひとつだけある。高脂血症で高尿酸血症であるにもかかわらず中風の症状が無いことだ。

 それを尋ねても保健婦は答えられなかった。かえって指導に反発していると受け取られたようで(それはそのとおりなのだが)、明日にでも症状が出るぞとおどして帰っていった。それからわたしは保険指導は受けないことにしている。

 今回わたしは腹回りこそメタボ基準を大幅に超えているものの、高脂血症が改善されたためメタボ症候群ではない。それでも電話がかかるということは、結果を見ずに「腹回り」だけで選んでいることがよく分かる。それじゃあメタボ症候群をやめて腹まわり症候群にすればいいじゃないか。血液検査などせずに腹回りだけをはかればいいじゃないか。

 きょうの腹回り 95.0cm


<2012.07.11(水)>
朝体重79.60kg、3日平均79.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 カップラーメン364、カニかま74、ポタージュスープ70
昼 高菜チャーハン300、三度豆80、チンゲンサイのクリーム煮120、オイルサーディンのチーズ焼き160
晩 シャケごはん2膳500、がんもどき80、みそしる3杯180、ビーフシチュー240、清酒252、発泡酒98 [2,518kcal]
酒 清酒「天引」(240ml×15%)+発泡酒「金のオフ」(350ml×4%)=17.5ml
歩 測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

建築探偵の写真帳 藤田美術館

Hujita1
2011.06.09、大阪市東西線大阪城北詰

 初期コンクリートの建物が残っていることで有名だ。よく分からないのだがリストに収蔵庫とあるので下の写真の奥にあるやつがそれだと思う。写真上は展示ホールだがこれもよい建物だ。ドリア式のつけ柱がけっこうしっかりしている。その上の三角形のペディメントが単純なのは改修のせいではなかろうか。内部のリノリューム敷きの床が残っているのもすごい。大正7年くらいの作品に見える。日比は大正10年(1921)没だからこれも日比ではないかと勝手に思っている。


Hujita2

 日比忠彦は武田の同級生だが京都帝大土木学科に赴任し田辺朔朗のもとで第2疎水計画に携わるなどした。京都帝大の建築学科を準備したのも日比だった。京都を代表する建築家のひとりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の研究 120710

Sora1207102
2012.07.10、京都市三条大橋

 もうこれは夏の空ではないのか。京都は祇園祭で梅雨が明けるという。山鉾巡行まで後1週間だから、本当に梅雨が明けたのかも知れない。日中気温が高いのにセミが鳴いていないのが不満だ。早く出てこいアブラゼミ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 俵屋

Tawaraya1_2
2012.07.10、京都市四条通り木屋町東入ル

 見事な近代和風だ。アーケードではっきり見えないのが惜しいが、粋な千鳥破風の下に元気のよい獅子がいる。獅子の上にも何かいるみたいだがよく見えない。ネット情報によれば俵屋さんは終戦直前の開業だそうだ。そのころの建築なのだろうか。京都で有名なハンドバック屋さんである。


Tawaraya2_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきの思うつぼ アニメ近況

 2012年夏期が始まった。「氷菓」第2クールは必見だ。学園推理ものだ。好きなキャラがいるわけではないが、推理がおもしろくて漫然と見ている。飛騨高山が舞台だが背景をよく描き込んでいるのも京アニらしいヲタク路線でよろしい。

 初回落ちは「アルカナ・ファミリア」「じょしらく」「貧乏神が!」など。とりあえず継続は「ココロコネクト」「TALITALI」「人類は衰退しました」など。今期も「氷菓」しか残らないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207101 Gohan1207102
珉珉三条大橋店「四川風麻婆豆腐定食」支度「豆腐ポタージュ、賀茂ナス田楽」

 昨晩室温30度に耐えきれずたぬき部屋を脱出したところ、いつまでも暑いので体温を測ったところ35.7℃と微熱があった。今朝起きて計ったら今度は35.2℃と冷え症だった。自律神経系統の乱れだろうか。

 ウイッキによれば脂肪は冷めると温まりにくいので女性に冷え症が多いと説く。ならば肥満も冷え症なのか。規則的でバランスの良い食事、適度な運動などで改善できる。ていうか肥満を解消せねばな。夕方水泳行くか。


<2012.07.10(火)>
朝体重79.65kg、3日平均79.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、ポタージュスープ70
昼 四川風麻婆豆腐600、ごはん235、中華スープ40、餃子360、漬物10、ビール123
晩 豆腐ポタージュ80、賀茂ナス田楽味噌80、三度豆天ぷら80、ささみの紫蘇はさみ揚げ80 [2,088kcal]
酒 ビール(350ml×5%)=17.5ml
歩 6,553

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120711
2012.07.11/6:23、京都府向日市

 よく晴れていて高層の絹雲が美しい。青空もよく澄んでいる。日に当たると暑いが風があり日陰は涼しい。たんぼ脇の水路を流れる水の音が心地よい。梅雨はもう明けたのかも知れない。セミはまだ鳴かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

建築探偵の写真帳 大阪鉄道倉庫

Tetudousouko
2011.06.14、大阪市北区

 とてもきれいなモダンスタイルだ。バルコニーで水平を強調することで重量感を軽減している。バルコニー手すりがPC(プレキャスト)版なのもモダニズムの手法だ。この向かいの日通と踏切の日通トラックヤードも同系のモダニズで、この一角はおもしろい。1950-60年ころのものと思う。周辺で再開発が進んでいるのでもう無くなるかも知れない。ていうかまだあるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207091 Gohan1207092
仙太郎「ふと餅」支度「冷やしうどん、豚しゃぶ」

 京都寺町通りの有名な和菓子屋「仙太郎」のふと餅をかみさんが買ってきた。餅を丸めずに半分にたたんで間に粒あんをはさんでいる。餅に雑穀のようなものが練り込まれていて食感がいい。京都の人はみんな仙太郎好きだな。


<2012.07.09(月)>
朝体重79.55kg、3日平均79.6kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、ポタージュスープ70
昼 カレーライス550、炒り玉子94、ポタージュスープ70
晩 ひやしうどん240、豚しゃぶ220、わかめスープ3杯120、発泡酒196、ワイン158 [2,048kcal]
酒 発泡酒「金のオフ」(700ml×4%)+ワイン(150ml×15%)=50.5ml
歩 測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120710
2012.07.10/7:32

 京都盆地上空は高層にほうき雲がたなびくのみ。気温はまだ高くないが陽ざしが熱い。もうセミが鳴いてもよいころだ。今日から祇園祭の山鉾建てが始まる。金気の神さまの登場だ。いやっほー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

建築探偵の写真帳 御室駅

Omuroeki1
2011.05.31、京都市右京区、嵐電

 仁和寺門前なので和風になっている。元は桧皮葺だったかもしれない。今は安物のアスファルトシングル葺きでちょっとかわいだ。きれいに復元してやればものすごく良くなる駅舎だ。全体の形も美しいが、明快な軸組(柱と梁)の構成が気持ちいい。なかなかこうは作れない。わたしは仁和寺書院の復元を手掛けた亀岡末吉の作品ではないかと勝手に思っている。


Oruroeki2

 ちょっと説明すると、真ん中の玄関屋根とプラットフォームの長い屋根との組み合わせだ。プラットフォームの半分に駅務室がはめ込まれている。単純な平面だが軸組が自然で美しい。表の自販機の横に出札用の出窓がある。これがファサードのポイントとなっているあたりも心憎いデザインだ。今は立て看板でふさがれてよく見えないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 阪急四条地下道

Sijyoutikado1
2012.07.08、京都市下京区

 おかしいでしょ。貼り間違っている。わたしが興味あるのは、どういう状況で間違うのかということ。このころは1枚づつ手で貼るので間違いの起こるはずがない。厳しい作業環境のなかで何かに気を取られたときに間違うのだろうか。

親方 おい捨吉!
捨吉 へい!(と顔を上げたときに間違う)


Sijyoutikado2

 烏丸駅から河原町駅までの地下通路は1963年に竣工している。当初地下街にする計画だったが、地元商店街の反対で立ち消えに。計画変更されたまま通路として機能している。けっこう便利なので利用者は多い。貼り間違いはおそらく数十ヶ所ある。ほとんどが上のパターンだが、中にはこんなのもある。すごい。


Sijyoutikado3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 藤井大丸

Huiidaimaru2
2012.07.08、京都市下京区

 通りかかったところバーゲンをしていた。かみさんに帽子を買おうと寄った。デパートへ入ることなんてほろんどないし、フジイダイマルは初めてかも知れない。館内探査したところ北西階段にモザイクタイル発見。楕円形の窓もある。そうか、ここって古かったんだ。よく残してくれていたものだ。


Huiidaimaru1

 ウイッキによれば昭和10年に増築したとある。4階までが古いらしい。ひょっとしてファサードのパネルをはがせば古い壁が残っているのではないか。普通は改修して新しくするけど、わたしは改修して古くしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora1208091
2012.07.09/7:24、京都府向日市

 月が出ている。むかしの人は月の模様を何と見たのだろう。ウサギに見えないこともないが、それは土中に棲む陰気のけもので有ることからの連想だろう。ヨーロッパではカニだという。意味も分からないしカニにも見えない。むしろエビだろう。エビフライ食べたい。


Sora1207092
月令19.5(9日正午)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207081 Gohan1207082
てうれ「カレーラーメン」支度「そぼろ高菜ごはん、キャベツ丸蒸し」

 ぎっくり腰も治ったので水泳を再開せねばならん。明日からな。明日になったらプール行くから。本当なんだからね。


<2012.07.08(日)>
朝体重79.35kg、3日平均79.5kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、ポタージュスープ70
昼 カレーラーメン600、焼き鳥2本160、枝豆80、ビール210
晩 そぼろ高菜ごはん320、キャベツ丸蒸し80、チシャサラダ60、発泡酒294 [2,204kcal]
酒 ビール(600ml×5%)+発泡酒「金のオフ」(1,050ml×4%)=72.0ml
歩 10,336

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

京都の朝空

Sora1207081
2012.07.08/7:22、京都府向日市

 きのうは昼から晴れ間も見えたが、きょうは朝から曇っている。気温は高くもなく低くもない。日曜の朝なので静かだ。鳥たちが活発に動いているのでハヤブサはいないらしい。かみさんの白蓮が今年初めて咲いた。おめでとう。とてもきれいだ。


Sora1207082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207071 Gohan1207072 Gohan1207073
京珉「ポパイ定食」たつみ「串かつ」自宅「パエリア、タマネギとトマトのオリーブオイル焼き」

 接骨院の帰りに大宮三条下ルで京珉という中華店を見つけた。なかなかうまい。つけっぱなしのテレビで吉本新喜劇をやっていたのもいい感じだった。また行くよ。


<2012.07.07(土)>
朝体重79.80kg、3日平均79.4kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、鶏肝しぐれ煮80、ポタージュスープ70
昼 ほうれん草の玉子炒りつけ240、ごはん235、中華スープ60、漬物10、串カツ300、ビール105
晩 チシャサラダ60、パエリア320、タマネギとトマトのオリーブオイル焼き120、発泡酒588 [2,518kcal]
酒 ビール(300ml×5%)+発泡酒「金のオフ」(2,100ml×4%)=99.0ml
歩 9,243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

建築探偵の写真帳 阪急地下線路入り口

Saiintonnel1_2
2011.05.31、京都市中京区西院

 トンネルの入り口にいるわワシだ。タカかも知れない。前にも紹介したけど昨年撮った写真が出てきたので再掲する。ブロンズ製だ。よくできているのはワシがちょっと斜めを見ているところ。鳥はものを片目で見るクセがある。鳥たちに「はい、こっちを見て」と言うといっせいに横を見るわけだ。このブロンズ像はそんな鳥の習性をよく捉えている。


Saiintonnel2 Saiintonnel3

 興味深いのは左右に立つ照明塔だ。大判のテラコッタでできていて、とてもきれいなアールデコだ。このてっぺんに照明があったのだろう。元はどんなのか知らないけれど自由にデザインコンペしてもおもしろいと思う。たとえばこんなの。


Saiintonnel4_2 Saiintonnel5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 白梅町駅

Hakubaityo
2011.05.31、京都市北区

 軽快なモダンスタイルだ。内部の鉄骨も美しい。サイドは大きなスチールサッシュとレンガで仕上げ、ファサードはパネルの模様貼りとコンクリートブロックでまとめている。プロポーションの厳しさを感じさせるデザインだ。看板類を無くして外壁塗装をかければもっと見栄えのする駅舎である。これは大倉三郎ではないかと私は勝手に思っている。修復設計させてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 民芸住宅

Funaoka01
2011.05.31、京都市北区船岡山

 丘の上の住宅というだけでジブリの映画に使えそうだが、それがこれほどの民芸住宅だと話の筋まで変わってくる。ほんとによくできている。急勾配の屋根が洋館のシルエットになっているのがおもしろい。こうやって見ると民芸住宅は和風の洋館だというのがよく分かるね。


Funaoka02

 ちなみに「民芸住宅」という言葉は今考えたものだから他で言っても通じないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五行説メモ たなばたメモ

 今年の七夕は8月24日、京都ではこのころ地蔵盆を行う。立秋が8月7日なので七夕は秋の行事だ。きょうは新暦の7月7日だが、考えていることをメモしておきたい。

 なぜタナバタと読むのか
 タナバタは棚機だと思う。大型織機である高機のことだ。七夕伝説の織り姫はこれで機を織る。七夕の由来は知らないがタナバタと読む以上、織り姫の祭であることは想像がつく。

 水辺の織り姫
 川辺の織り姫のイメージはほかにもある。有名な羽衣伝説もそうだし鶴の恩返しもそうだ。いずれも水辺の織り姫が神秘的な織物を織る話だ。もともと織物には神聖な供物としてのイメージがあったのだろう。それが後の貨幣に受け継がれていく。それは元々織物が金気だったからではないか。

 織り姫には天神に仕える巫女のイメージがある。易経で言うところの「天沢履(てんたくり)」だ。八卦の沢は七赤金星にあたる。七夕の七はここから来ているのだろう。沢には天神に仕える小女の意味がある。それが織り姫になったのだろう。

 なぜ水辺の巫女が機を織るのか。これはおもしろい謎だ。わたしの推理では織物は絹でないといけない。蚕(かいこ)は天の虫と書くのだから絹は天のたまものと考えられていたのだろう。だから絹織物は天への供物としてふさわしい。だからこそコメと同様の現物貨幣となり得た。

 河原神と市場
 金気の織り姫が織るのだから織物も金気だと思う。これは多分塩もそうで、現物貨幣は金気が多い。なぜか。わたしは河原に開かれた市場と関係があると思う。おそらく市とは河原神への供物の払い下げなのだろう。その払い下げ物が現物貨幣となった。もともと七夕は市場の祭つまり都市祭礼として始まったのだと思う。

 精霊流し
 よく分からないのは、なぜ笹を川へ流すのかということ。七夕は精霊流しの行事と結びついているのだろうか。天と先祖霊とがイコールになっているのだろう。そもそも笹は何を表しているのか。このあたりは考え中ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207061 Gohan1207062
自宅「そうめん」「ゴーヤチャンプルー」

キャラメル味のアイス
たぬき  アイス食べたい!アイス!(夜に)
かみさん だめよ。
たぬき  やっぱりキャラメルメリアートか!
かみさん キャラメルマキアートでしょ


<2012.07.06(金)>
朝体重79.40kg、3日平均79.2kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、ポタージュスープ70
昼 そうめん3把534、チシャサラダ60、コンニャク40
晩 ゴーヤチャンプルー280、チシャサラダ60、焼きナス40、鶏肝しぐれ煮40、あさりのみそしる3杯180、発泡酒196 [1,830kcal]
酒 発泡酒「金のオフ」(700ml×4%)=28.0ml
歩 1,747

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120707
2012.07.07/7:11、京都府向日市

 夜通し雷雨だった。今はあがっている。あたりいっぱいに霧が流れて雲のなかにいるようだ。セキレイのこどもがピイピイ言いながら歩いていた。こいつら雷雨も関係なしだな。おはよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年7月 6日 (金)

建築探偵の写真帳 北区の洋館

Youkankitaku
2011.05.31。京都市北区小山

 これは知らなかった。京都で建築探偵を始めて30年、なぜ気がつかなかったのだろう。こんな洋館が今も残っているのかとわたしは久々にびっくりした。これだから建築探偵はやめられない。昭和5年くらいの洋館だが、1910年台のステューディオ誌に掲載されていそうな田園住宅だ。

 特徴はいくつかある。まず屋根の勾配が大きい。きっちりとした屋根裏部屋がとれるだろう。ふたつめは軒の出が深い。勾配が大きいとき軒を深く出すと軒先が窓の上にかぶってしまうものだが、これはそうなっていない。うまいな。3つめは階高が高い。天井高さが3メートルくらいあるのではないか。同志社のアーモスト館並みだね。

 たっぱが高くて全体的にでかいわけだが、それを感じさせないデザイン力は相当なものだ。窓建具がそのまま残っているのもうれしい。赤い壁がよく似合っているが元からなのだろうか。大切にお使いになっているのがよく分かる。それもすばらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 東華菜館の塔はなぜ右にあるのか

Toukasaikan1_2
2012.07.05

 建物が町のどこからどんな風に見えるのか最近はほとんど考えない。しかし近代建築はたいてい都市計画道路に面して建てられることから、見え方へのこだわりはもっとどん欲だった。ヴォーリズは塔をうまく使う建築家だが、それに気づいたのはこの東華菜館だった。


Toukasaikan2_2

 前にも紹介したことがあるが、この塔は都市計画道路である四条通りではなく、江戸時代以来の花街・先斗町通りからの見え方で決められている。歌舞練場から先斗町通りを歩くと、途中からこの塔が見え始める。この通りは弓なりに曲がっているので、だんだん正面に見えるのだ。ほんと良くできている。こういう塔をわたしも作ってみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 京都商工会議所

Syoukoukaigisyo1
2012.07.05、京都市中京区

 中庭に面したホールでコーヒーを飲んでいた。吹き抜けの鹿角のような照明器具がおしゃれだ。壁は白いトラバーチン(虫食い大理石)、床は白い大理石。柔らかい光に包まれた優しいホールだ。建築家富家宏泰の作風は意外にも女性的なのかも知れない。


Syoukoukaigisyo2
床の十二支は最近の改造だと思う。

 ステンレスドアの押し板は釉薬陶板だし家具類は京指物だし、京都産業を意識した設計になっている。最近ファサードを金属板でふさぐ改修が行われた。デザインはうまいと思うが、もう少し歴史的価値への配慮があって良かったと思う。でも内部はまだそのままなので、できるだけ良さを活かして楽しく使ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

建築探偵の写真帳 武田五一の柱(京都商工会議所)

Syoukouhasira
2012.07.05、京都市中京区

 武田五一の設計した先代の商工会議所の柱が玄関ホールに保存されている。白い大理石の円柱で、柱頭が菊の花弁のような不思議な形になっているのが武田らしい。どういういきさつで残ったのか知らないが、現建物を設計した建築家富家宏泰が残してくれたのではないか。館内特別室には暖炉も残されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築たぬき たぬき部屋に換気扇をつけた

01
2012.07.05

 部屋にパソコンや照明の廃熱が籠もって暑いので換気扇を付けた。まず部屋と廊下の壁にノコギリで穴を開けた(上)。廃熱を廊下へ捨てようという魂胆だ。廊下の廃熱がまた部屋へ逆流するのではないかという当然の疑問はひとまず忘れてくれ。


02 03

 取り付けたのは直径150ミリのパイプファンだ。パイプファンは枠付け換気扇より取り付けが楽で音も小さい。24時間換気にも対応しているので長時間運転でも安心だ。4時間くらいで設置を完了した。運転してみるといい感じに動いている。さて効果はいかに。


04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モクサンマチヤ 打ち合わせはつづく

1207041 1207042
2012.07.04

 照明器具が決まったことを受けて、インテリアコーディネータのスーパー薮さんと電気工バタさんとの最終打ち合わせ(左)。その後、情熱大工奥田氏とスーパー薮とでガス栓位置の確認(右)。わたしは見てるだけだったね。おなか減ったね。


1207043

 左官さんが坪庭の下地塗りを始めていた。みるみるうちに塗りあがっていく。早いな。外壁は情熱大工の提案でモルタル壁保護のためにアクリルリシンで吹きつけ塗装する。リシンとは砂のことで、アクリルリシンとは砂の入ったアクリル系塗料のこと。スーパー薮と情熱大工の3人で外壁色の確認もした。決めること多いな。


Gohan1207041

 打ち合わせ後、近所の美登里食堂へ行った。カツ丼うまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120706
2012.07.06/6:40、京都府向日市

 今朝も京都盆地は雲の底だ。雨があがったばかりのようで地面がびしょびしょだ。湿気を含んだ生暖かい空気がねっとりと肌にまとわりついてくる。鳥影は薄い。きのうハヤブサのつがいを見かけたから、鳥たちも隠れているのだろう。おはよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207051 Gohan1207052
珉珉「週替わり定食」自宅「あじのみりん干し」
 
 珉珉三条大橋店てほんと写真がきれいに撮れるな。明るくて机も白からだろう。うまそうだろう。うまいぞ。


<2012.07.05(木)>
朝体重78.95kg、3日平均79.0kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、みそしる2杯120
昼 エビチリたまごとじ320、ごはん235、中華スープ40、餃子360、アンニン豆腐40、ビール123
晩 あじみりん干し120、ごはん235、みそしる3杯180、コンニャクとニンジンの田楽味噌80、発泡酒98 [1,991kcal]
酒 ビール(350ml×5%)+発泡酒「金のオフ」(350ml×4%)=31.5ml
歩 7,988

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

建築探偵の写真帳 京大農学部旧演習林事務所

Kyuodainougakubu01_2
2011.05.24、京都市左京区

 みんな大好き大倉三郎の作品。わたしの考える特徴は3つ。ひとつめは国産木材使用のためのモデルハウスだということ。農学部校舎は木造であることが基本であった。大倉が各地に建てた京大農学部演習林校舎を並べてみればよく分かる。

 ふたつめ。伝統木構造の再構築を考えていること。玄関両脇の柱は金輪でたばねている(写真下)。小材で大断面を作る実験だ。ドイツ新興木構造の流れにあるが、大仏殿にも同じ技法が使われている。この建物の設計当時、武田たちが大仏殿修理に関わっていることからヒントを得たのだろう。おもしろい。


Kyuodainougakubu02 Kyuodainougakubu03
1931年竣工、大倉三郎、関原猛夫設計

 3つめは広い廻廊で建物をつなぐ計画。軒を深く出して陽ざしをコントロールする。夕方涼しくなれば読書や思索のためのテラスになる。高温多湿な日本の風土に対応させるための環境工学的な措置が目的なのだろうが、それだけではなかろう。廻廊を設けることで、建物の内部と外部を視覚的に流動化させるおもしろさに大倉は興味があったのではないか。廻廊は武田グループ共有にデザインモチーフだが、彼ほどうまく使いこなすものはなかった。わたしもこんな風に廻廊を作ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築探偵の写真帳 戦後ビル編 外市ビル

Tonoitibild
2012.06.28、京都市下京区

 カーテンウォールですっきりとまとめている。2階と3階にバルコニーを作ったのは祇園祭の観覧席なのだろう。山鉾町の呉服店としての自負がうかがえるが、そのバルコニーのおかげでカーテンウォールに陰影ができておもしろくなった。1972年藤木工務店設計施工(HPより)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120705
2012.07.05/5:52、京都府向日市

 京都盆地全体が雲のなかに沈んでいる。湿気がすごくてモワッとする。身体にまとわりつくような大気だ。西山連山を霧が大量に流れるのが見える。自庭でかみさんが育てている茶碗バスが咲いていた。ことし初めてだ。しかもふたつも咲いた。おめでとう。


Sora1207052
自宅の茶碗バス開花今年ひとつめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207041 Gohan1207042
美登里食堂(京都市太秦)「カツ丼」自宅「パエリア」

たぬき部屋
たぬき  部屋が暑いよ。
かみさん 部屋にこもってネットばかり見てるからよ。
たぬき  あついよう。
かみさん ほんと、ヲタクそのまんまね。
たぬき  あーつーいー。


<2012.07.04(水)>
朝体重79.15kg、3日平均79.0kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、ポタージュスープ70
昼 カツ丼922、みそしる60、漬物5
晩 パエリア500、ビシソワーズ80、ゆでもやし2皿40、発泡酒490 [2,497kcal]
酒 発泡酒「金のオフ」(1,750ml×4%)=70.0ml
歩 6,184

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

たぬきの思うつぼ けいおん!

Hirasawayui
2012.07.03、秋山澪と平沢唯「けいおん!」

 大ヒットした作品だが、わたしは今でも「かきふらい」という作者は存在しないのではないかと思っている。アニメ化されると連載が止まるのが常なのに、このマンガは何事もないように続いた。連載終了後、予定されていたように続編が始まり、あろうことか続編は2本立てになっていた。そんなことひとりでできるかね。最初から京アニのアニメ化を前提にキャラをデザインし、脚本と作画を複数で分担する「さざえさん」方式で制作されたのではなかったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120704
2012.07.04/6:19、京都府向日市

 きのうはよく降ったが今日は晴れた。京都盆地の山際に濃いガスが出ている。南東の信楽(しがらき)高原は雲の中で稜線も見えない。南西の遠くにとても大きな積乱雲が見える。あれは四国あたりの上空か。携帯アンテナ塔からハヤブサが飛び立った。あっという間に遠ざかって、遠くのほうで旋回している。あいつはほんとに早いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207031 Gohan1207032
自宅「おかずパン、ズッキーニとミニトマトのオリーブオイル焼き」「タマネギ丸焼き、チシャサラダ、餃子スープ」

 昨年からずっと忙しかったが、今月は久しぶりにゆったりしている。昼寝してマンガ読んで抜栓してアニメを見ている。ああ、忙しいときと同じか(ダメ人間)。


<2012.07.03(火)>
朝体重78.90kg、3日平均79.1kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 シリアル200、豆乳130、ポタージュスープ70
昼 おかずパン240、ズッキーニとミニトマトのオリーブオイル焼き180、フライドポテト180、焼き賀茂ナス田楽120
晩 タマネギ丸焼き2個半200、チシャサラダ60、餃子スープ240、発泡酒392 [2,012kcal]
酒 発泡酒「金のオフ」(1,400ml×4%)=56.0ml
歩 2,993

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

モクサンマチヤ 作家さんの照明器具入りました

1207011 1207012
2012.07.01 

 スーパー薮さんが作家さんの照明器具をプレゼントした。まあなんとかわいい照明なのだろう。長野県の家具作家・アンビシャスラボの法島さん(参照)の作品だ。玄関と食堂かどっちに吊るのがいいか試してみた。やっぱり食堂が良いだろうとお施主さん、情熱大工奥田さん、わたしの意見が一致した。存在感のある器具だからモクサンマチヤの顔になってくれるだろう。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モクサンマチヤ ダイニングテーブル天板探し

1206301 1206302 1206303
2012.06.30、和歌山県橋本市「ビルウッド」

 橋本の材木屋さんに食卓の天板を探しに行った(参照)。ここはインテリアコーディネータのスーパー薮さんが懇意にしているところで、わたしの訪問は2回目だ。ここは製材所のようなところで工場前には板材の山がいくつも積んである。山の緑が雨のなかでよく映えていた。


1206304 1206305 1206306

 何枚か引き出してもらう内にトチの1枚に決めることができた。おもしろいのは施主さんらが自分で決められたこと。スーパー薮も最後に寸法チェックしただけでとくに誘導したわけではない。家づくりを始めて9ヶ月なので、木の見方も定まってきたということだろう。家づくりは住人づくりでもあるわけだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきのダイエット日記

Gohan1207021 Gohan1207022 Gohan1207023
自宅「おにぎり、賀茂ナス田楽、冷奴」「パスタ、ささみハーブ焼き、ズッキーニとジャガイモのオリーブオイル焼き」

 7月19日から土用の丑だ。ウナギおいしいよね。「かねよ」のきんし丼が食べたい。2階の座敷が良いから2階の開く夕方から行くのがいいよ。「かねよ」は漬物もうまいし。あとキモ吸い付けてください。


<2012.07.02(月)>
朝体重78.90kg、3日平均78.9kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 カレースープ180
昼 おにぎり1個200、冷奴120、賀茂なす田楽80、みそしる2杯120
晩 ささみハーブ焼き120、パスタ180、トマト80、三度豆炒め40、ズッキーニとジャガイモのオリーブオイル焼き240、焼酎522 [1,882kcal]
酒 麦焼酎「ピュアブルー」(360ml×25%)=90.0ml
歩 測定せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

たぬきのダイエット日記

Gohan120630_2 Gohan1207011 Gohan1207012
クロエコレット(橋本市)「コレットランチ」自宅「海鮮炒め」「自家製パスタ」

 ぎっくり腰は治ったが、まだプールへ行く気がしない。来週くらいから再開するか。


<2012.07.01(日)>
朝体重79.40kg、3日平均79.3kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 みそしる2杯120、ソーセージ3本180、ジャガリコ200
昼 海鮮炒め240、水餃子3個入りスープ280
晩 自家製パスタ500、キャベツスープ2杯120、焼酎522 [2,162kcal]
酒 麦焼酎「ピュアブルー」(360ml×25%)=90.0ml
歩 5,632

<2012.06.30(土)>
朝体重78.45kg、3日平均79.7kg(2003.4.28/82.4kg、標準体重66.6kg)
朝 ミネソトローネスープ2杯200、ごはん235、ポタージュスープ70、コロッケ180
昼 五穀米2膳470、エビフライ2本124、ミンチカツ180、サラダ60、みそしる60、とろろ60
晩 水餃子3個入りラーメン680、清酒473 [2,792kcal]
酒 清酒「月」(450ml×15%)=67.5ml
歩 2,205

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の朝空

Sora120702
2012.07.02/6:02、京都府向日市

 よく晴れている。下層には中規模の層雲、上層には飛行機雲がほうき雲に変化したものがあるだけで空の青が濃い。あの青いところは宇宙なんだ。梅雨の晴れ間に宇宙が見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »