2012年5月25日 (金)

建築探偵の写真帳 堀川第一橋

01 03 05
2011.05.16 京都市上京区

 京都市内で現役の石橋は珍しい。しかもアーチ橋となると関西全体でも珍しいと思う。路面も石畳のままなのも珍しい。橋の下も石のままだし、ようするにほとんど無傷で残っていることになる。メンテナンスもよく行われていて、美しい石橋である。これと同型のものが下流にもうひとつあるが、そっちは両側に拡幅されているので残念ながら橋の下しか見えない。

02 04 06

 欄干をよく見ると浅く線彫りされている。どこか中国風の感じがする。欄干にもたれれば、風に揺れる柳が水面に映るようすが見えたことだろう。やはり中国的だな。

 アーチの両側に何かが取り付いていた跡がある。照明跡かも知れない。橋上を照らすならポール型だが、水路を照らすならランタン型だ。どちらもいい感じだね。

07 08 09

 橋の南側に路面電車の橋脚が残っている。レンガと石を組み合わせたていねいな仕事ぶりだ。コンクリートの細いアーチ橋は水路だろう。昭和5年くらいに見えるが、これもおもしろい。レンガ壁の水面に接したところの小さなアーチが花形になっていて美しい。

10


|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/54793871

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 堀川第一橋: