2012年4月 6日 (金)

五行説メモ 丸太町橋の柳

Yamagi
2012.04.02 京都市中京区

 柳も花を咲かせる。これは丸太町橋のたもとの大柳で、いつもは目立たないけど今は遠くからでもよく分かる。透明感のある黄緑色の光線を放っているようだ。春を告げるのは桜とは限らないが、なかでも柳は春を呼ぶ呪物として平安京に植えられた。これは唐の都長安にならったものだが、柳が木+卯と書くことと関係があるのかも知れない。卯(う)とは東、つまり春の方角である。この大柳も都を飾った柳並木の子孫なのかも知れない。遠い平安京を夢見るごとく今、満開である。

Yanagi2

|

陰陽五行説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五行説メモ 丸太町橋の柳: