2012年3月 4日 (日)

京都の朝空

Sora120304
2012.03.04

 まだ日は出ていない。上層に薄く絹雲がかかっている。日曜の朝なので静かだ。気温はそれほど低くなく氷も張っていない。風も吹いておらず、もう手袋もいらないな。ヒバリが領有鳴きをしているのが春らしい。声の聞こえる範囲が彼の領域なのだろう。信州の法善寺の鐘の聞こえる範囲で杏が実るという話を思い出した。

|

京都の朝空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の朝空: