2012年3月28日 (水)

建築探偵の写真帳 戦後ビル編 京都フクトクビル

Hukutokubild
2012.03.27 京都市中京区

 コピー屋を出てふと見上げたら、こいつがいた。今まで何とも思っていなかったが、よく見るとけっこうおもしろい。ペタッとしたファサードは村野の作品に似たものがあったと思う。角の丸いアルミの窓上下にガラリを入れる構成だ。黒い外装材は元のままだと思う。その素材感が航空機や新幹線のような印象を生み出している。定礎を探すと1975年とあった。ネットによると大林組施工らしい。設計はどこだろうか。

Hukutokubild2
定礎は南側

Hukutokubild3
2012.04.07 角から見たほうがかっこいい

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/54328735

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 戦後ビル編 京都フクトクビル: