2012年2月17日 (金)

建築探偵の写真帳 西光寺

Saikouji01
2011.04.26 京都市下京区西之町

 JR京都駅のすぐ東側で、東海道本線と新幹線に挟まれるように建っている。手もとの「コンクリート造の寺院建築」(横山秀哉著、彰国社1977)には大林組の設計施工で昭和4年(1929年)竣工とある。写真下のように軽やかな渦巻きで雲形を表現している。2本の梁のあいだのカイゼル髭のようなカエル股がお分かりだろうか。これも軽やかに仕上がっている。

 昭和4年と言えば大阪で復元大阪城が着工しており、コンクリートによる伝統的なデザインが自在に操れるようになっていた。細かい部分は石膏やコンクリートを型に流し込んで作り、それらを建物にはめ込む作り方をしているらしい。コンクリート寺院はおもしろい。

Saikouji02_2

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/54005438

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 西光寺: