2012年2月 4日 (土)

五行説メモ 立春

 節分の夜が明けてきょうは立春だ。これは二十四節季(にじゅうしせっき)のひとつで冬至と春分のちょうど真ん中に当たる。季節は春分と秋分で分かれていると思うひとが多いが、古代中国の考え方では立春と立秋で分ける。立春が1年のはじまりなのだ。

 立春の九星図で言えば艮(ごん、うしとら)に当たる。
Cocolog_oekaki_2012_02_04_10_40

 九星図には土気が3つあるが、それは東北から南西にかけて一直線に並んでいる。つまり艮ー中央ー坤のラインだ。これは季節を陰陽で分けるラインだと思う。だから陰陽どちらでもない中性中立の土気になる。このライン上ではすべてのものが等価中立になりバランスがとれるというわけだ。

 立春を呼ぶ行事として節分があるなら、立秋を呼ぶ行事として七夕があるのだと思う。ああ、ここにも7が出て来るのか。これは七赤金星の7なんだろうな。暦には幾重にも意味が重ね合わされている。

|

陰陽五行説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五行説メモ 立春: