2012年2月 9日 (木)

上狛の風景 旧橋の桜

木津川アート2011出展作品 18/18
Sakura
2011.11.06/ケナフ紙(ハガキサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都府木津川市

 旧泉大橋のたもとに古い桜が残っている。高校が川向うだったから学生たちは自転車でこの橋を渡ったろう。桜の木はそんな彼らの姿をずっと見守ってきたわけだ。今はもう橋はなく、ここを高校生たちが走り抜けることもない。それでもこいつは春になれば精一杯の花を咲かせるわけだ。泉大橋は何度も流されてその度に架け直されてきた。橋の無い時期も長く、そのあいだは渡船で対応したらしい。今は無き旧橋は、橋脚をコンクリート製とした近代的なもので、これでもう流されることも無かろうと地元の人たちは喜んだに違いない。その喜びの気持ちがこの桜には籠もっているように見える。渡り初めの日の歓声が聞こえるようではないか。風景とはそういうものだ。

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/53939569

この記事へのトラックバック一覧です: 上狛の風景 旧橋の桜: