2012年2月20日 (月)

建築探偵の写真帳 京都博物館の石垣

Kyouhakuisigaki
2011.04.26 京都市東山区

 見事な石積みでいつも見とれてしまう。通常、石垣は水抜きのためにすき間を空けて積むのだが、これはピッタリと合っている。石を切り込んで積むので切り込み積みと呼ぶそうだ。ものすごく手の込んだ石垣である。見たところ上のレンガ塀と同時期に見えるがさてどうだろう。江戸時代のものと言われればそう見える。国立博物館は1895年の竣工で七条通りの拡幅が1911年だから、そのどちらかだろうか。

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/54025356

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 京都博物館の石垣: