2012年2月18日 (土)

建築探偵の写真帳 JR高倉通り跨線橋

Takakurakosenkyou
2011.04.26 京都駅の東側

 通称「高橋」という。読みはタカハシとにごらない。この橋のたもとにラーメン屋が2件あってどちらも有名だ。深夜営業していたので学生時分はよく食べに行った。いきなり話が逸れた。この陸橋は薄いアーチ橋で、なかなかかっこいい。リベット留めなのも力強い感じを出している。JRに乗って東側から京都駅に到着するときには、こいつが門がわりになってくれる。

 こいつがいつできたのか確かめていないが、手もとの「京都市電物語」(京都新聞社1978)によれば七条河原町から塩小路高倉までの市電開通が昭和4年(1929)だ。ここは元々チンチン電車とJRとが立体交差しておらず大きな事故があったそうだ。その後これができたわけだが、先日ご紹介したコンクリート寺院の西光寺がこの橋の南詰めで、やはり昭和4年だったから架橋となんらかの関係があるのかも知れない。

Takakurakosenkyou02

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/54013260

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 JR高倉通り跨線橋: