2012年1月 6日 (金)

京都の朝空

Sora120116
2012.12.06

 工場や高速道路などのいろんな音が聞こえてくる。正月休みも開けたというわけか。霜が降りている。微風。空は上層に絹雲が広がり下層には薄い雲が漂っている。ところどころ青空ものぞく。写真のようにもろもろと見えるのは、下層の雲が上層の明るい雲に黒い影を作っているからだ。東方は絹雲のせいで日の出は見えない。しかし京都の北や西にいつも見えていた厚い雪雲は無い。比叡山も愛宕山もきょうは見える。京都盆地周辺はきょうは良い天気になるもよう。気温は下がるかも。

|

京都の朝空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の朝空: