2012年1月30日 (月)

京都の朝空

Sora1201301
2012.01.30

 夜明けが早くなっている。今朝は6時58分で数日前より2分早まった。風はなくそれほど寒くはない。丹波高原の分厚い雪雲が西山連山の縁からあふれだそうとしているが、京都盆地の上空は晴れている。地面にへばりつくような雪雲はまるで天地が分離するときの世界に見える。重いものは下がり軽いものは上がって世界ができる。古事記も旧約聖書も世界のはじまりのイメージは同じだ。高高度に絹雲がたなびき朝日に輝いているのが美しい。

Sora1201302

|

京都の朝空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の朝空: