2012年1月26日 (木)

京都の朝空

Sora1201261
2012.01.26

 日の出前の東の空。厚い雲に覆われて日の出は見えない。しかし雲が高いため、その下や上に遠くの朝焼け雲が見える。これから晴れていくのではないか。霜は降りていなかったが、氷は張っていた。地表面の気温だけ零下になったということか。それとも空気が乾燥しているのだろうか。ヒートテックの上下を着込んでいるので暖かい。上空は風が吹いているようだが地表は微風だ。耳に当たる風が音をたてる。これは風が鳴っているのか耳が鳴っているのか。

Sora1201262

|

京都の朝空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都の朝空: