2012年1月27日 (金)

建築探偵の写真帳 鉄のなにか

Tetu01
2012.01.20 大阪市川口

 昭和橋の近くにこれがある。これは一体何なのか? 鋼矢板(こうやいた)が戦後のものに見えるので、そんなに古いものではない。1970年代と言ったところか。矢板の内側をコンクリートで固め、その上に4本のアンカーボルトで留められている。右側に蝶番が見えるので、上部のカギ型が回転するわけだ。よく分からないのは左側のハンドル状のもの。もしハンドルだとして、それを回すとどの部分が動くのか。やっぱり分からない。

Tetu02

|

建築探偵の写真帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/53831367

この記事へのトラックバック一覧です: 建築探偵の写真帳 鉄のなにか: