2012年1月18日 (水)

オリオン座

Seiza120117
2012.01.17午後9時

 空気が澄んでいる。手持ちのデジカメで写してフォトショップで感度を上げたら写っていた。デジカメすごい。

 オリオンの左肩が冬の三角のひとつベテルギウス。太陽系よりも大きいという途方もない赤色巨星だ。その赤い色が平家の赤い旗を連想させることから源氏星と呼ばれる。

 オリオンの右上におうし座が見える。中心はアルデバラン。これは連星で、たしか「銀河鉄道の夜」に出てきた。さすがにここでは銀河は見えない。この星はビールのような透明な麦色をしている。星は望遠鏡で見てもどれも同じに見えるが、この星の麦色は望遠鏡で見ても美しい。その右上に昴(すばる、プレヤデス星団)が見える。これは写真で見るよりもっとはっきりと真珠のネックレスのように見えた。

 久しぶりに星を見た気がする。デジカメだと案外簡単に撮れるのかも知れない。もっときれいに撮ってみたい。

|

京都の朝空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリオン座: