2012年1月 2日 (月)

上狛の風景 古民家

木津川アート2011出展作品 10/18
Kominka 2011.11.03/ワトソン紙(はがきサイズ)、4Bホルダー、透明水彩/京都府木津川市上狛

 茅葺きにトタンをかぶせた古民家が残っていた。かつては木津川を行く船の上からこうした屋根の並んだ風景が見えたことだろう。この民家は大きくはないが高い屋根のシルエットと土壁のテクスチャーがよく似合っていて美しい。ていねいに手入れなさって暮らしているようすがうかがえた。

 この一角は円成寺と木津川の土手とのあいだにある。土手ができたことで宅地化された部分だろう。阿野邸も同じ部分にある。阿野邸同様この古民家も明治時代のものなのだろう。屋根の向こう側に土手を描き込んでおいた。土手の上に木津川アートをめぐる人たちも描いておいた。

|

水彩スケッチ」カテゴリの記事

コメント

わたしも上狛を歩いたのは初めてでした。木津川から淀川流域は良い町が残ってますね。ことしもよろしくお願いします。

投稿: つきたぬ | 2012年1月 3日 (火) 12時52分

 旧年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。
 いつの間にかブログになってますね。
 木津は仕事場でもあったのですが、JR駅周辺しか行ったことがありません。
 また、機会があればと思います。
 ではでは。

投稿: さきたか | 2012年1月 2日 (月) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210270/53632452

この記事へのトラックバック一覧です: 上狛の風景 古民家: